介護に関わるすべての人を応援します

社会福祉士になるための一般養成施設とは | 通信もある?費用は?大学や短大との違いは?

資格
社会福祉士の資格を取得するルートの一つが一般養成施設で学ぶことです。一般養成施設と大学、短大の違いはどこにあるのでしょうか。また、かかる費用はどのくらいなのでしょうか。一般養成施設での資格取得の方法や学習の仕方、実習が免除になる条件についても詳しく解説します。
公開日
更新日

(1)社会福祉士の資格を取得するまでのルート

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1471377

社会福祉士(ソーシャルワーカー)は社会福祉専門職の国家資格です。社会福祉士になるには、年に一度行われる国家試験に合格する必要があります。

受験資格の取得方法には、12パターンがありますが、基本的に福祉系の大学・短大を卒業している必要があります。

一般大学・短大を卒業した場合は、一般養成施設(福祉系の専門学校)を卒業しなければ社会福祉士を受験することが出来ません。

通信課程での取得もできますが、スクーリングなどの課程が必要になります。


社会福祉士の受験資格

社会福祉士の受験資格がある方は、以下の通りです。

福祉系大学・短大で指定科目履修している場合

  • 福祉系大学などで4年間指定科目履修
  • 福祉系短大などで3年間指定科目履修+相談援助の実務経験1年
  • 福祉系短大などで2年間指定科目履修+相談援助の実務経験2年

福祉系大学・短大で基礎科目履修、または対象職種従事者の場合

  • 福祉系大学で4年で基礎科目履修+短期養成施設など(6ヶ月以上)
  • 福祉系短大などで3年間基礎科目履修+相談援助の実務経験1年+短期養成施設など(6ヶ月以上)
  • 福祉系短大などで2年間基礎科目履修+相談援助の実務経験2年+短期養成施設など(6ヶ月以上)
  • 社会福祉主事育成期間+相談援助の実務経験2年+短期養成施設など(6ヶ月以上)
  • 対象職種従事者の実務経験4年+短期養成施設など(6ヶ月以上)

対象職種従事者とは、児童福祉士司・身体障害者福祉司・審査指導員・知的障害者福祉司・老人福祉指導主事のことです。

一般大学・短大を卒業、もしくは相談援助の場合

  • 一般大学卒(4年)+一般養成施設など(1年以上)
  • 一般短大卒(3年)+相談援助の実務経験1年+一般養成施設など(1年以上)
  • 一般短大卒(2年)+相談援助の実務経験2年+一般養成施設など(1年以上)
  • 相談援助の実務経験4年+一般養成施設など(1年以上)

社会福祉士の仕事内容などを確認する際はこちらの記事をご覧ください。

社会福祉士の受験資格について確認する際はこちらの記事をご覧ください。

(2)社会福祉士の一般養成施設とは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/348157

社会福祉士の一般養成施設とは、いわゆる福祉系の専門学校のことです。福祉系の大学等で指定科目履修をしていない方が社会福祉士になるために、必要な専門知識を学ぶ場になっています。

一般養成施設には、夜間通学課程や通信課程など様々な形態があります。

社会福祉士は、今後ますます需要が高まる事が予想され、特別養護老人ホームや高齢者福祉施設だけでなく、医療機関や児童福祉施設にも活躍の場があり、国家資格としても大変有望です。

そのため、一般養成施設は、福祉系の大学等を出ていない一般の方が社会福祉士になるために、無くてはならない存在と言えるでしょう。

(3)社会福祉士一般養成施設の役割

介護福祉士一般養成施設は、社会福祉士として必要な専門知識を身につけると共に、倫理や技術を習得し、現場実習から地域との関わりや実務能力を学ぶ場となっています。

一般養成施設の役割は、福祉系の大学で指定科目履修をしていない人が、単に受験資格を得るための単位を取るだけの施設ではありません。

一般養成施設では、実務的な経験を積むことができるので、国家試験合格後は比較的スムーズに仕事に従事する事が可能になります。

また、社会福祉士は

  • 高齢者福祉介護施設
  • 障害者福祉施設
  • 福祉事業所
  • 児童相談所・学校

など、様々な活躍の場があり、幅広い仕事に従事できるので、給与のアップも見込むことが出来ます。

(4)社会福祉士一般養成施設のメリット

社会福祉士一般養成施設を利用する事のメリットは、以下のようなものが挙げられます。

短期間で取得できる

社会福祉士になるためには、福祉系の大学・短大で指定科目履修している場合でおよそ4年、福祉系大学・短大で基礎科目履修している場合でおよそ4年半で受験資格が与えられます。

一方、一般の大学・短大を卒業している方であれば、一般養成施設に入ることで1~3年程度で受験資格が与えられるので、比較的短期間で社会福祉士を目指すことが出来ます。

また、社会福祉士一般養成施設は、夜間や通信制があるので、すでに就業している方でも働きながら、勉強することができます。また、キャリアチェンジやキャリアアップを目指す方も、現状を維持したまま社会福祉士にチャレンジすることが可能です。

効率的に学習が出来る

社会福祉士一般養成施設は、いわゆる専門学校なので、社会福祉士の必要なカリキュラムを効率的に学ぶことができます。

また、必要な単位を取得すると共に、試験傾向を知ることができ、国家資格の試験を受験するときに役立ちます。

ただ、自学学習は欠かせないので、しっかりと勉強しなければならないことを忘れてはいけません。

(5)社会福祉士一般養成施設にかかる費用はどのくらい?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1882839

社会福祉士一般養成施設にかかる費用は、通信、昼間、夜間の3つでそれぞれ異なります。それぞれのおおよその費用は、

  • 昼間の一般養成施設:約100万円
  • 夜間の一般養成施設:40万円~60万円
  • 通信の一般養成施設:30~50万円

となっています。通信制が最も安価ですが、一般的に、通信よりも、対面での学習の方が習得率が高いので、自らの状況に合わせて適切なものを利用しましょう。

また、実習が必要な方とそうでない方で費用が異なる場合があるので、自分がどちらに該当するのか確認する必要があります。

(6)社会福祉士一般養成施設を修了するにはどのくらいの期間が必要?

社会福祉士一般養成施設は、通信、昼間、夜間のコースが用意されていますが、それぞれに修了する期間も異なります。

昼間・夜間などの通学制の場合、概ね1年で修了するところが多く、通信の場合は1年6ヵ月〜1年11ヵ月とやや長くなる傾向があるようです。

なお、通信制の社会福祉士一般養成施設の場合、レポート提出やスクーリング行いつつカリキュラムの修了を目指すので、自学学習が基本となっています。

(7)社会福祉士の一般養成施設における実習免除とは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1504436

社会福祉士の一般養成施設では、一定の条件を満たした場合、実習が免除されるようになっています。

実習免除となるケース

実習免除となるケースは、主に福祉関係の施設、もしくは事業所での相談援助業務を行っている方で、以下の様な方が対象となっています。

厚生労働省令で定められた指定施設・職種にて専任での辞令を受けた場合

専任の職員とは、当該施設で常勤で勤めており主にその職務に従事している方、もしくは当該施設と雇用関係があり、その職務時間が常勤者の3/4以上ある方のことです。

1年以上の相談援助業務実務経験がある場合

児童福祉施設や高齢者施設、障がい者施設等で相談援助の実務経験がある方は、実習が免除になる可能性があります。

なお、詳細は社会福祉振興・試験センターのホームページで確認してください。

参考:公益財団法人社会福祉振興・試験センター 社会福祉士国家試験

(8)全国にある社会福祉士一般養成施設の一覧

全国にある社会福祉士一般養成施設の一覧は以下の通りです。

施設一覧をスキップ

北海道・東北地方

北海道

養成施設名 施設の基本情報

札幌医学技術福祉歯科専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年10月)

所在地:札幌市中央区南5条西11丁目1289-5

TEL:011-513-2111

大原医療福祉専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:札幌市北区北6条西8丁目3-2

TEL:0120-524-008

星槎道都大学
社会福祉士一般養成課程(通信/1年9月)

所在地:北広島市中の沢149 

TEL:011-372-3111

岩手県

養成施設名

施設の基本情報
MCL盛岡医療福祉専門学校
社会福祉士通信教育コース(通信/1年7月)

所在地:盛岡市大沢川原3-5-18 

TEL:0120-514-124

宮城県

養成施設名 施設の基本情報
仙台医療福祉専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年9月)

所在地:仙台市青葉区中央4-7-20 

TEL:022-217-8884

福島県

養成施設名

施設の基本情報
国際医療看護福祉大学校
社会福祉士科通信課程(通信/1年6月)

所在地:郡山市方八町2丁目4-10 

TEL:0800-800-0891

関東地方

栃木県

養成施設名 施設の基本情報
マロニエ医療福祉専門学校
社会福祉士学科通信課程・一般養成課程(通信/1年6月)

所在地:栃木市今泉町2-6-22 

TEL:0282-28-0030

群馬県

養成施設名 施設の基本情報
群馬社会福祉専門学校
社会福祉士通信課程(通信/1年6月)

所在地:前橋市元総社町152

TEL:0120-135-294

専門学校高崎福祉医療カレッジ
社会福祉士科一般養成課程(通信/1年6月)

所在地:高崎市東町28-1

TEL:027-386-2323

埼玉県

養成施設名 施設の基本情報
埼玉福祉保育医療専門学校
社会福祉士養成科(夜間/1年)

所在地:さいたま市大宮区仲町3-88-2 

TEL:048-649-2331

千葉県

養成施設名 施設の基本情報

江戸川学園おおたかの森専門学校
社会福祉士養成学科通信課程(通信/1年6月)

所在地:流山市駒木474 

TEL:0120-538-505

東京都

養成施設名 施設の基本情報

アルファ医療福祉専門学校
社会福祉士通信科一般養成コース(通信/1年6月)

所在地:町田市森野2-15-13 

TEL:0120-168-294
   042-721-1026

NHK学園
社会福祉士養成課程一般養成科1年6月コース(通信/1年6月)

所在地:国立市富士見台2-36-2

TEL:042-572-3151

NHK学園
社会福祉士養成課程一般養成科1年コース(通信/1年)

所在地:国立市富士見台2-36-2

TEL:042-572-3151

東京福祉保育専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年10月)

所在地:豊島区東池袋4-23-4 

TEL:03-3987-5611

東京福祉専門学校
社会福祉士一般養成科昼間課程(昼間/1年)

所在地:江戸川区西葛西5-10-32

TEL:0120-21-2323

東京福祉専門学校社会福祉士一般養成通信課程(通信/1年9月)

所在地:江戸川区西葛西5-10-32

TEL:0120-21-2323

日本社会事業大学
通信教育科社会福祉士一般養成課程(通信/1年6月)

所在地:清瀬市竹丘3-1-30 

TEL:042-496-3000

日本知的障害者福祉協会
社会福祉士養成所通信課程(通信/1年6月)

所在地:港区浜松町2-7-19KDX浜松町ビル6階 

TEL:03-3438-0466

日本福祉教育専門学校
社会福祉士養成学科(昼間/1年)

所在地:新宿区高田馬場2-16-3

TEL:03-3205-1611

日本福祉教育専門学校
社会福祉士養成科(夜間/1年)

所在地:新宿区高田馬場2-16-3

TEL:0120-166-255

日本福祉教育専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:豊島区高田3-6-15

TEL:0120-166-263

品川区社会福祉協議会
社会福祉士養成コース(通信/1年6月)

所在地:品川区西品川1-28-3

TEL:03-5498-6368

大原医療秘書福祉保育専門学校
社会福祉学科(夜間/1年)

所在地:千代田区西神田2-4-11

TEL:03-3237-8711

大原医療秘書福祉保育専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:千代田区西神田2-4-11

TEL:03-3237-8711

首都医校
社会福祉学科(昼間/1年)

新宿区西新宿1-7-3

TEL:03-3346-3000

東京豊島IT医療福祉専門学校
社会福祉士通信コース(通信/1年7月)

所在地:豊島区南池袋2-8-9

TEL:0120-846-218

東京未来大学福祉保育専門学校
社会福祉士一般養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:足立区綾瀬2-30-6

TEL:0800-170-9025

神奈川県

養成施設名 施設の基本情報
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校
社会福祉専攻科(通信/1年6月)

所在地:茅ヶ崎市南湖一丁目6-11

TEL:0467-88-6725

YMCA健康福祉専門学校
社会福祉科通信制(通信/1年6月)

所在地:厚木市中町4-16-19 

TEL:046-223-1441

中部地方

新潟県

養成施設名 施設の基本情報
国際こども・福祉カレッジ
社会福祉学科(昼間/1年)

所在地:新潟市中央区古町通2-547

TEL:025-229-6555

日本こども福祉専門学校
社会福祉士一般通信学科(通信/1年6月)

所在地:新潟市中央区花園1-4-8 

TEL:0120-211-294

長野県

養成施設名 施設の基本情報
北アルプス福祉学院
社会福祉養成課程(通信/1年6月)

所在地:大町市常盤南松原4831-10

TEL:0120-651-575

愛知県

養成施設名 施設の基本情報
東海医療科学専門学校
社会福祉科通信課程(通信/1年6月)

所在地:名古屋市中村区名駅南2-7-2

TEL:0120-758-551

東海医療科学専門学校
社会福祉科昼間課程(昼間/1年)

所在地:名古屋市中村区名駅南2-7-2

TEL:0120-758-551

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年10月)

所在地:名古屋市中区丸の内2-6-4

TEL:0120-159-672

日本総合研究所
社会福祉士養成所通信課程(通信/1年6月)

所在地:名古屋市中村区則武本通1-38 

TEL:0800-888-5628

日本福祉大学中央福祉専門学校
社会福祉士科夜間課程(夜間/1年)

所在地:名古屋市中区千代田3-27-11

TEL:052-339-0200

日本福祉大学中央福祉専門学校
社会福祉士科通信課程(通信/1年6月)

所在地:名古屋市中区千代田3-27-11 

TEL:052-339-0200

名古屋医専
社会福祉学科(昼間/1年)

所在地:名古屋市中村区名駅4-27-1 

TEL:052-582-3000

近畿地方

滋賀県

養成施設名

施設の基本情報

滋賀県華頂社会福祉専門学校
社会福祉科一般養成通信課程(通信/2年)

所在地:大津市大萱6-4-10 

TEL:077-547-2848

京都府

養成施設名 施設の基本情報
京都医療福祉専門学校
社会福祉士科一般養成課程(通信/1年7月)

所在地:京都市伏見区竹田段川原町207 

TEL:075-644-1000

京都国際社会福祉センター
社会福祉士養成課程(夜間/2年)

所在地:京都市伏見区桃山町本多上野84

TEL:075-612-1506

京都医健専門学校
社会福祉科(夜間/1年)

所在地:京都市中京区三条通室町西入衣棚町51-2 

TEL:0120-448-808

大阪府

養成施設名 施設の基本情報
大阪保健福祉専門学校
社会福祉専攻科(夜間/1年)

所在地:大阪市淀川区宮原1-2-47

TEL:06-6396-2941/0120-128-294

南海福祉看護専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:高石市千代田6-12-53 

TEL:072-262-1094/0120-294-329

日本メディカル福祉専門学校
社会福祉士科(昼間/1年)

所在地:大阪市東淀川区大隅1-1-25

TEL:06-6329-6553

日本メディカル福祉専門学校社会福祉士科一般通信課程(通信/1年6月)

所在地:大阪市東淀川区大隅1-1-25

TEL:06-6329-6553

大阪国際福祉専門学校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:大阪市天王寺区夕陽丘町3-10

TEL:06-6771-4188

大原医療福祉製菓専門学校梅田校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:大阪市北区大融寺町2-14

TEL:06-6130-7430

兵庫県

養成施設名 施設の基本情報
豊岡短期大学
通信教育部社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:豊岡市戸牧160 

TEL:0796-22-6400

和歌山県

養成施設名 施設の基本情報
和歌山社会福祉専門学校
社会福祉科通信課程(通信/1年6月)

所在地:有田郡広川町下津木1105

TEL:0737-67-2270

中国・四国地方

岡山県

養成施設名 施設の基本情報
岡山医療福祉専門学校
社会福祉学科通信課程(通信/1年6月)

所在地:岡山市中区門田屋敷3-5-18

TEL:086-271-6001

広島県

養成施設名 施設の基本情報
専門学校西広島教育福祉学院
社会福祉士科(通信/1年6月)

所在地:広島市安佐南区大塚東3-6-1

TEL:082-848-8451

ヒューマンウェルフェア広島専門学校
社会福祉士通信学科(通信/1年6月)

所在地:広島市東区牛田新町3-15-38

TEL:0120-022-695

広島福祉専門学校
社会福祉士科昼間課程(昼間/1年)

所在地:安芸郡海田町大正町2-27

TEL:0120-654-139

広島福祉専門学校
社会福祉士科通信課程(通信/1年6月)

所在地:安芸郡海田町大正町2-27

TEL:0120-654-139

穴吹医療福祉専門学校
社会福祉学科通信課程(通信/1年6月)

所在地:福山市東町2-3-6 

TEL:0120-49-4646/084-931-3325

専門学校福祉リソースカレッジ
広島一般養成施設通信課程(通信/1年6月)

所在地:安芸郡府中町石井城1-10-15 

EL:082-288-8804

島根県

養成施設名 施設の基本情報
島根総合福祉専門学校
社会福祉士科通信課程(通信/1年6月)

所在地:安来市広瀬町広瀬753-15

TEL:0120-556-532

山口県

養成施設名 施設の基本情報
YIC看護福祉専門学校
社会福祉士通信課程(通信/1年6月)

所在地:防府市中央町1-8 

TEL:0835-26-1122/0120-500-294

香川県

養成施設名 施設の基本情報
専門学校穴吹パティシエ福祉カレッジ
社会福祉学科通信課程・一般養成課程(通信/1年6月)

所在地:高松市西の丸町14-10 

TEL:0120-46-3485/087-823-5566

愛媛県

養成施設名 施設の基本情報
四国中央医療福祉総合学院
社会福祉学科一般養成課程(通信/1年8月)

所在地:四国中央市中之庄町1684-10 

TEL:0896-24-1000

九州・沖縄地方

福岡県

養成施設名 施設の基本情報
麻生医療福祉専門学校福岡校
社会福祉士通信課程(通信/1年6月)

所在地:福岡市博多区博多駅南2-12-29

TEL:0120-371-007/092-415-2306

F・Cフチガミ医療福祉専門学校
社会福祉士養成科(昼間/1年)

所在地:福岡市中央区今泉1-4-18

TEL:092-737-3153/0120-449-419

F・Cフチガミ医療福祉専門学校
社会福祉士科通信課程(通信/1年6月)

所在地:福岡市中央区今泉1-4-18

TEL:092-737-3153/0120-449-419

専門学校共生館国際福祉医療カレッジ
社会福祉士通信学科(通信/1年6月)

所在地:久留米市天神町3-82-2 

TEL:0120-2942-56/0942-38-0200

大原保育医療福祉専門学校福岡校
社会福祉士養成通信課程(通信/1年6月)

所在地:福岡市博多区上川端町13-19

TEL:092-271-2942

佐賀県

養成施設名 施設の基本情報
九州医療専門学校
社会福祉士通信学科(通信/1年6月)

所在地:鳥栖市田代外町1526-1 

TEL:0942-83-3312/0120-83-2255

熊本県

養成施設名 施設の基本情報
熊本YMCA学院
社会福祉学科通信制(通信/1年6月)

所在地:熊本市中央区帯山2-1-11 

TEL:096-382-6661

大分県

養成施設名 施設の基本情報
智泉福祉製菓専門学校
社会福祉士学科(昼間/1年)

所在地:大分市荏隈1135 

TEL:097-549-4551

宮崎県

養成施設名 施設の基本情報
宮崎福祉医療カレッジ
社会福祉士学科昼間課程(昼間/1年)

所在地:宮崎市老松1-3-7 

TEL:0985-60-1440/0120-62-1510

宮崎福祉医療カレッジ
社会福祉士学科通信課程(通信/1年6月)

所在地:宮崎市老松1-3-7 

TEL:0985-60-1440/0120-62-1510

沖縄県

養成施設名 施設の基本情報
専門学校琉球リハビリテーション学院
社会福祉学科(夜間/1年)

所在地:国頭郡金武町字金武4348-2

TEL:098-983-2130/0120-490-515

ソーシャルワーク専門学校
社会福祉士一般養成課程(通信/1年6月)

所在地:中頭郡北中城村字屋宜原212-1

TEL:098-933-8788

専門学校沖縄統合医療学院
社会福祉学科夜間部(夜間/1年)

所在地:浦添市伊祖4-9-8

TEL:0120-873-104

(9)社会福祉士の一般養成施設に出願する際の注意点

社会福祉士の一般養成施設に出願する際の注意点には、以下のようなものがあります。

入学資格

一般養成施設の入学資格は、以下の方が対象になっています。

  • 一般大学卒(4年)の方
  • 一般短大卒(3年)+相談援助の実務経験が1年ある方
  • 一般短大卒(2年)+相談援助の実務経験が2年ある方
  • 相談援助の実務経験が4年ある方

海外の大学を卒業している場合はこの限りではありませんが、海外の大学を卒業後、日本で大学院を修了している場合は出願することが出来ます。

なお、一般養成施設の入学にあたっては、書類選考と小論文審査で選考されます。小論文は指定された課題を作成し、願書と共に提出します。

課題に関しては、該当施設の募集要項に記載されているので、入学希望の方は予め確認しておきましょう。

相談援助業務の実務経験

最終学歴によっては、一般養成施設の入学資格に相談援助業務の実務経験が必要になります。

相談援助業務とは、特別養護老人ホームの生活相談員や医療ソーシャルワーカー、医療相談員などが該当します。厚生労働省令において、職種、施設種別等が詳細に定められているので、入学に際しては予め確認する必要があります。

なお、介護福祉士やホームヘルパーなどのような介護職は、相談援助業務の実務経験に該当しませんので、注意が必要です。

また、入学前までに相談援助業務の実務経験年数が足りなくても、入学の前日までに年数を満たす見込みがあれば、出願することが可能になっています(ただし、入学後実務経験証明書を再度提出すること)。

いずれにしても、一般養成施設の入学を考えている場合には、該当施設に募集要項を取り寄せるなどして、相談援助業務の実務経験に関して確認するようにすると良いでしょう。

(10)社会福祉士の一般養成施設にはメリットもあれば注意点も

社会福祉士の国家試験を受験するためには、福祉系大学・短大を卒業していない場合、必ず一般養成施設に入学しなければなりません。

ただ、社会人になってからも夜間や通信で入学可能で、1~2年程度で取得するべき単位が得られるので、利用するメリットは大いにあると言えます。

しかしながら、一般養成施設の入学に際しては、最終学歴によって相談援助の実務経験が必要になるなどの出願時の注意点もあります。

ですから、一般養成施設を経て、社会福祉士を目指す場合、出願前に該当施設等に確認し、受験資格等をしっかりと確認してから受験すると良いでしょう。


介護士の7人に1人が選ぶ、転職相談サービス 「介護ワーク」

業界最大級の求人数のなかから、あなたに合ったお仕事を紹介します!

この記事が気に入ったら
いいねしよう!