介護に関わるすべての人を応援します

Uターン転職におすすめの医療・介護職 | 社会福祉主事なら公務員の道も

資格
昨今関心が高まっている地方への転職は、Iターン・Uターン・Jターンの3つの種類に分けられています。地方に転職する際におすすめの業界のひとつに「医療・福祉」業界があります。医療・福祉業界のお仕事と、その中でも、さらに安定性のある公務員を目指すことができる仕事である「社会福祉主事」という仕事についてご紹介します。
公開日
更新日

(1)地方で働くならIターン・Uターン・Jターン転職を知ろう

就職や転職を考えたときに、地元や地方で働くことを考える人もいるのではないでしょうか。
通勤ラッシュから解放されたい、生活満足度をUPさせたい、生活費を安く抑えたいなど地方で働くメリットは多岐にわたります。

都心から地方への就職をするパターンとしては、「Iターン」、「Uターン」、「Jターン」の3つが存在します。

まず初めにIターン・Uターン・Jターン転職についてご紹介します。

Iターン・・・「Iターン転職」は、都会に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くことを指します。

Uターン・・・「Uターン転職」とは、地方で生まれ育った後、都会で学校を卒業。そのまま都心で就職し、生まれ育った土地に別の仕事を求め、移住して転職することを言います。学校は地元で卒業し、就職に際して都会に出て、その後、地元へ移住し転職することも「Uターン転職」に含まれます。

Jターン・・・「Jターン転職」は、地方出身者が都会で就職し、その後生まれ育った故郷とは異なる地方で働くことを指します。

(出典:「地方に移住して働く! Uターン・Iターン・Jターン転職とは? | 仕事探し、転職・求人情報ならマイナビ転職」)

次にIターン・Uターン・Jターン転職をし地方で働くメリット・デメリットについてご紹介します。

Iターン・Uターン・Jターンのメリット

  • 普通の転職と違い”仕事”と”ライフスタイル”の両方を変えることが出来る
  • 生活満足度がUPする(出典:「電通が「全国Uターン移住実態調査」を実施 | dentsu 」)
  • 通勤ラッシュから解放される
  • 親の近くに住むことで安心できる、親の介護もできる
  • 生活費が安い
  • 地方自治体からの支援などを行う自治体も存在

Iターン・Uターン・Jターンのデメリット

  • 積んできたキャリアを手放す
  • 都会と比べ賃金が低い
  • お店や施設が少ない
  • モノや情報の量が都会と比べ少ない

昨今のコロナ禍で、テレワークなどでどこでも仕事ができる環境が整いつつあるので、賃金が少ないことやモノや情報の量が少ないことなどは解消されつつあるでしょう。

次にUターン転職に関する実態調査を基に、転職希望が多い業種について説明していきます。

(2)Uターン転職先で人気な業種ランキング

マイナビ転職「Uターン転職に関する実態調査」によると、
移住・Uターン転職先で人気な業種は、

  1. 製造・メーカー(44.0%)
  2. IT・通信・インターネット(34.8%)
  3. サービス・レジャー(28.6%)
  4. 医療・福祉(25.0%)
  5. 流通・小売・フード(22.2%)

移住・Uターン転職先で人気な職種は、

  1. 企画・経営・事務職(47.4%)
  2. サービス・販売職(27.6%)
  3. 営業職(25.4%)
  4. コンサルタント等の専門職(23.4%)
  5. エンジニア・プログラマー等のIT技術職(21.2%)

という結果となっています。

(出典:「地方に移住して働く! Uターン・Iターン・Jターン転職とは? | 仕事探し、転職・求人情報ならマイナビ転職」)

地方では、今までやってきた仕事の求人がない可能性も考えておく必要があります。
その中で、ランキング4位の「医療・福祉」のお仕事は、どの地方でも必要とされる業種ですので、転職先として検討するのにおすすめのお仕事といえるでしょう。

医療・福祉のお仕事に就くメリットは以下のようなものがあります。

  • 仕事が無くならない、超高齢化社会に向けての制度の改正などが行われている(将来性)
  • どこでも一律での仕事内容(安定性)
  • 未経験や無資格でも働ける、40代~50代からでも始められる(働きやすさ・ハードルの低さ)
  • テレワークでは得られない人と接する時間(人との関わり)

どこでも一律での仕事内容(安定性)や未経験・無資格でも働ける(働きやすさ)などを見ると、製造・メーカーやIT系と比べると異業種からでも転職しやすい仕事といえるでしょう。

次に、「医療・福祉」業種のお仕事を詳しく紹介していきます。

(3)おすすめの医療・福祉のお仕事

医療・福祉業界にも様々なお仕事があります。
ここでは、Uターン転職で検討しやすいお仕事について紹介します。

<医療分野>

看護師の仕事・・・主な仕事は、病院や診療所などで医師の診察や手術などを手助けして、病人やけが人などの体調の回復に努めることです。看護師の仕事は多岐にわたるので、勤務先や配属科によって具体的な仕事内容は様々です。

必須資格:看護師 
キャリアアップを目指せる資格:認定看護師、専門看護師

(出典:「看護師の仕事内容|大学・学部・資格情報|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報」)

<福祉分野>

介護職・・・介護職員の仕事は、特別養護老人ホームなどの高齢者施設や障害者支援施設で高齢者や重度の心身障害者などの身体介護や生活支援を行うことです。仕事の内容は、着替え、食事、入浴、洗髪、排せつなどの身体介護などの支援がメインです。

必須資格:特に無し(介護職員初任者研修「訪問介護員の場合必須」)
便利な資格:介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士

(出典:「介護職員の仕事内容|大学・学部・資格情報|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報」)

福祉事務職・・・介護事務の具体的な仕事内容は、主に請求事務をすることです。それに加えて、、電話対応、日々の事務内容、小口の管理、窓口業務など仕事内容は多岐に渡ります。

必須資格:特に無し 便利な資格:介護事務管理士

(出典:「介護事務に資格は必要? 仕事内容、給料や向いている人について解説!」)

社会福祉主事・・・社会福祉主事の仕事としては、障がい、病気、貧困、高齢などの理由によって社会生活の中で困っている人の相談業務があります。また、受けた相談の内容によっては医療機関やその他の施設などと連携し、相談をしている人の援助を行うこともあります。

必須資格:社会福祉主事任用資格 
キャリアアップを目指せる資格:社会福祉士

<医療・福祉業界の有効求人数および有効求人倍率>

(出典:「福祉分野の求人求職動向(令和2年4~6月職業紹介実績報告) | 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 中央福祉人材センター」)

以上、地方でも将来性や安定性を兼ね備えた医療・福祉分野の職をご紹介してきました。

今度はより安定的な福祉職での公務員を目指せる「社会福祉主事」について詳しくご紹介していきます。

(4)社会福祉主事任用資格の仕事内容

社会福祉主事任用の仕事としては、障がい、病気、貧困、高齢などの理由によって社会生活の中で困っている人の相談業務があります。また、受けた相談の内容によっては医療機関やその他の施設などと連携し、相談をしている人の援助を行うこともあります。

社会福祉主事が支援するのは、生活の中で不安や悩みがある人です。社会福祉主事の仕事では、困っている方の立場や状況を理解した上で、的確な助言をするための幅広い知識とコミュニケーション能力が必要とされます。なお、社会福祉主事はケースワーカーとも呼ばれています。

(5)社会福祉主事取得者が活躍する職場

例えば社会福祉主事任用資格を取ったら、どういった職場で働くのでしょうか?

社会福祉主事の職場については、これまでは地方公共団体の福祉事務所が主だったのですが、最近では民間企業が職場となることも多くなりました。

その場合には、社会福祉主事任用資格をもっている人を、生活相談員という職種名で募集しています。そして、民間企業が運営するデイサービス施設や特別養護老人ホームなどの老人福祉施設や身体障害者療護施設などの障害者施設が活躍の場になっています。

その他には、社会福祉協議会の福祉活動専門員としても必要な資格とされています。

次に社会福祉主事任用資格について説明していきます。

(6)社会福祉主事任用資格とは

社会福祉主事任用資格とは、福祉事務所で働く場合に求められる資格(任用資格)のことをいいます。なお、社会福祉施設職員等の資格に準用されます。

社会福祉主事任用資格はいわゆる試験を受験して得る資格ではなく「任用資格」です。そして、この社会福祉主事任用資格に関しては、国で定められた科目を履修することによって資格を得られます。

さらに公務員に採用された後に特定の業務に任用され、そのときに初めて社会福祉主事であるということができます。

(7)社会福祉主事任用資格の取得方法

社会福祉主事任用資格の取得については、試験などの受験によって資格を得るのとは異なり、大学や短大で所定の講義を履修する必要があります(社会福祉法第19条)。

この所定の講義については、厚生労働大臣が指定する科目のうち3つ以上の講義を履修することになります。この3つ以上の科目を履修して大学や短期大学を卒業しているのであれば、社会福祉主事任用資格を取得できます。

その他、社会福祉事業に従事している場合には、資格認定通信課程の修了、指定養成機関の修了、都道府県講習会の修了によっても社会福祉主事任用資格を得ることができます。

なお、社会福祉士や精神保健福祉士の資格をもっている場合、社会福祉主事任用資格があるとされます。

(8)社会福祉主事任用資格の取得方法① 大学で所定の科目を履修する

社会福祉主事任用資格は、厚生労働大臣が指定している科目のうち3科目以上を履修しておくことが必要になります。また、この履修については大学や短期大学を卒業した場合において認められており、科目の履修について専門学校での取得は認められていません。

複数の大学を卒業している場合、3科目以上指定科目の履修を1つの大学で済ませ、なおかつその大学を卒業していることが求められています。

ただし、他の大学で履修した科目の単位認定があったなどの場合には、社会福祉主事任用資格をもっていると認められる場合もあります。

平成12年から現在までの卒業者の指定科目は、社会福祉概論、社会保障論、社会福祉行政論、公的扶助論、身体障害者福祉論などとなっています。この中から3科目以上を履修することになります。

なお、指定科目の詳細については、下記の厚生労働省のHPから「社会福祉主事任用資格の取得方法」を確認してください。

(出典:厚生労働省『社会福祉主事任用資格の取得方法』)

(9)社会福祉主事任用資格の取得方法① 通信教育で資格取得を目指す

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1051832

通信教育で社会福祉主事任用資格の取得を目指す場合には、1年の期間が必要になります。この期間の間には数日間のスクーリング(集合研修)を受ける必要があります。

なお、社会福祉主事任用資格の取得のためのスクーリングの受講を含め、通信教育を受けるためには費用がかかります。

通信教育にかかる費用の例

①日本社会事業大学

入学金と授業料を合わせて13万円の学費になります。

(出典:「日本社会事業大学」)

②中央福祉学院

テキスト・教材費、集合研修料、添削指導料として89,000円が必要になります。(2020年現在)

(出典:「中央福祉学院」)

(10)社会福祉主事任用の年収・ワークライフバランス

社会福祉主事任用の年収は、全体として年収300~500万がボリュームゾーンになっています。公的機関と民間施設で働くメリットの違いを解説していきます。

公的機関:社会福祉主事として公務員で働く場合、安定した職と待遇で働ける。
民間施設:企業で働く場合、安定した給与と他の資格を取得することでキャリアアップを狙える。

次に、ワークライフバランスは公的機関で勤務するか民間施設で勤務するかで変わってきます。

公的機関:社会福祉主事として公務員で働く場合、日勤で土日祝日休みの求人が多い。
民間施設:企業に生活相談員として働く場合、シフト制の求人が多い。

ワークライフバランスは、公的機関の方が取りやすいといえるでしょう。
(出典:「社会福祉主事の仕事内容・なり方・給料・資格など | 職業情報サイト キャリアガーデン(Career Garden)」)

(11)社会福祉主事任用資格を取得して地元や地方の福祉の現場で働こう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2400363

大学の成績証明書及び卒業証明書で履修済科目を確認し、社会福祉主事の任用条件を満たしている場合、社会福祉主事任用資格を得られます。

また、通信教育でも社会福祉主事任用資格を得ることができます。社会福祉主事任用資格の仕事は、生活に困っている方々の多種多様な分野の相談に乗り、社会へ復帰するための支援を行うなど社会的意義のある仕事です。

昨今、都心で働く価値に疑問を持つ方が増えているというニュースがある通り、コロナによって働き方が大きく変化しました。こういったコロナ禍において、自分が活躍できる職・場所を見つけていくことは今後大切になっていくのではないでしょうか。

Iターン・Uターン・Jターン転職を考えている方は、将来性・安定性なども見据え、福祉職への転職も検討してみましょう。

(出典:「「都心で働く価値」に疑問、地方への「U・I・Jターン」加速条件がそろったか | ビジネス+IT」)

この記事が気に入ったら
いいねしよう!