介護に関わるすべての人を応援します

介護職を辞めたい? | 辞めたい理由やストレス原因、退職・転職等

就職・転職
「介護職を辞めたい・・・」そう思うのは皆さんだけではありません。辞めたい理由は様々ありますが、主な3つの理由、ストレスの原因を紹介し、退職する際のポイントや辞めた方がいい施設の特徴・転職する際の選び方などを解説します。
公開日
更新日

(1)介護職を辞めたい理由は様々

介護サービス事業所に勤めている方は、どんな時に介護職を辞めたいと考えるのでしょうか。介護職を辞めたいと考える時には、色々な理由・背景があると思います。

ストレスを感じている方やどうしても自分に合わないと思っているにも拘わらず無理をして仕事を続けることは、やがて心身、精神状態の悪化を招きますので、早めに介護職の離職を決断されることが望ましいです。

しかし介護職を辞めたい、辞めようかと悩んでいらっしゃる方には、それぞれ様々な理由があると考えます。

その中でも主な退職理由として挙げられるのが、以下の3つではないでしょうか。

  • 職場の人間関係
  • 職場の運営方法への不満
  • 給料が安い

この記事ではこの3つの理由について詳しく見ていきたいと思います。

(2)介護職を辞めたい主な理由① 職場の人間関係

介護職を辞めたい理由の一つとして、職場の人間関係が多く挙がります。

一般的に、介護サービス事業所においては、少ない人数でチームを組むことが多いため、職員同士の関係性は密になりますが、反面、閉鎖的な環境になります。

このように少人数の環境なので、介護職を含むスタッフ同士のコミュニケーションにおいて、些細なことから対立などが起きやすくなってしまうのです。

介護サービス事業は他職種が集まる職場なので、知識や経験の違い、資格による収入の格差から個々が対立することが多くなり、やがては、介護職を辞めたいと考える結果となります。

対処法

自分の行動・考えを見直す

何かあなたの努力で状況を変えることはできないか考えてみましょう。もしかしたらあなたにはまったく問題がないかもしれません。ですが、最も変えやすい自分の行動を変えようとしてみることは意味があります。今一度自分の現状を振り返ってみましょう。

信頼できる上司や同僚に相談する

信頼できる仕事仲間に相談してみることも1つの方法です。悩んでいることや困っていることは、話すことで気が楽になります。また相談してみたことによって、良いアドバイスがもらえることもあります。

(3)介護職を辞めたい主な理由② 職場の運営方法への不満

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1889668

介護職を辞めたい理由の二つめとしては、職場の運営への不満です。これにより離職を考える方が多くいらっしゃいます。

経営者の理念(考え方)、運営スタイルへの不満が主な理由になります。利用者等の意向に関係なく、売上を伸ばすことを強制されたり、利用者さんへの接し方等を指示されたりすることによりジレンマを覚え、上司や先輩に相談しても「事業所の方針だから」と片づけられてしまう。

それにより、モチベーションが下がり、介護職を辞めたいと考える方が少なからずいらっしゃいます。

対処法

転職する

思い切って転職することも1つの方法です。労働環境が悪い中でも、それを改善しようと努めることや多少耐えることなど、その環境で努力することも必要です。

ですが、そのような努力を行っても労働環境の劣悪さが改善されなければ、転職も1つの方法です。

新たな職場について詳しく調べ仕事を決めれば、新たな環境で良いスタートを切ることができます。なので、転職も1つの方法としてお勧めです。

また、介護業界で転職をすることに加えて、介護業界以外で転職をすることも選択肢としてあります。仕事だけでなく、思い切って業界も変えてみるということも考えてみてください。

(4)介護職を辞めたい主な理由③ 給料が安い

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1641624

介護職を辞めたい理由の三つめとしては、給与に関する悩みが挙げられます。

介護職は、全産業と比較しても給与が少ないことが国の統計等で明らかになっています。慢性的な人手不足や仕事量の多さ、休みが少ないことにより、一生懸命に働いているのに報われない、そんな雰囲気が全体的に強まってしまっている業界です。

国の施策により介護職員処遇改善加算等を実施、賃上げを行ったりして介護職の給料を上げようとしていますが、今一つ効果を実感できていない方が多いようです。

仕事量と収入のバランスが悪いことが、介護職を辞めたい理由になっています。

対処法

資格を取って、資格手当がつくようにする

資格手当がつく職場であれば手当対象となる資格を取得しましょう。資格には、介護福祉士やケアマネージャーなど多くの種類があります。

夜勤を増やす

夜勤をすると夜勤手当や深夜割増賃金がつきます。基本給が安くても夜勤回数を増やせばその分、給料は大幅にアップします。ただし夜勤を増やすことは疲労が考えられるので、その点には気を付けてください。

介護職の給料の現状や、低い原因、給与アップなどについて書かれた記事もあるので、併せてご覧ください。

(5)介護職で働き続けるメリット 

職場の人間関係の問題、低賃金や運営への不満等があるかもしれませんが、介護職で働き続けるメリットもあります。

働き続けた年数が自分のキャリアになる

働いた年数が自身のキャリアになり、周囲から認められるようになります。3年、5年、10年とキャリアを積むことにより責任のある仕事、やりがいのある仕事を任せてもらえるようにもなります。

そのためにも、どれだけ職場環境が劣悪でも、そのことだけを自身が転職する直接的理由にすることなく、あくまで「自分のキャリアのため」を考えたうえで決断することをおすすめします。

3年経過して介護福祉士の資格を取得しその後、介護支援専門員の資格を、といった具体に、介護職は年齢や学歴は関係なくキャリアアップが見込めます。

また、勤務年数を重ねることにより、主任や管理者等への役職へステップアップできることもあります。さらに、同法人内での異動はあると思いますが、転勤等がほとんどないこともメリットの一つです。

経験を積んだり、資格を取得したりすることで能力をつけることでより高い職位につけば、人間関係や職場の運営方法などの問題が軽減されたり、自分のしたい仕事に携わりやすくなったりすることも考えられます。

介護職で培った経験は、家族や自分自身の老後にも役立つ

介護で培った経験は、自分が働いているときだけでなく、家族の老後や自分自身の老後にも役立てることができます。

いざ何かあった時に、まずはどこに相談するか、これからどのように生活していくべきかなど介護職での経験値がやがては、自分自身や家族、身内に役立つときが訪れます。

(6)辞めたほうがいい介護施設の特徴

介護施設の中にも、「ここで働くのは辞めたほうがいい」といった施設があります。そのような施設の特徴3つを見ていきましょう。

労働基準法を守っていない

職を変えるか否かの判断材料としておすすめしたいものの1つ目は、労働基準法を守っていない職場があります。

まず、労働基準法の中でも休日の取得は絶対です。基準法の中、使用者は毎週少なくとも 1回の休日、または4週間を通じて、4日の休日を与えなければならないと規定されています。

一方勤務時間に関して、原則、1週40時間、1日8時間という制限もあります。よって、1日8時間の勤務の場合は、1週間に1度の休日では、週の動労時間、40時間を守っていないとなります。

人手不足等で月に休みが7日以下の事業所は、労働基準法を守っていないので働き続けることを考え直した方がいい職場となります。

残業時間に関する労働基準法の記事がありますのでので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

夜勤を宿直扱いにする

辞めたほうがいい介護施設の2つ目の特徴としては、「夜勤を宿直扱いにする」事業所です。宿直勤務とは、通常はほとんど労働する必要のない勤務を言います。これは見回りや非常時の対応等になります。

労働基準法での「宿直(しゅくちょく)」とは、

  • 法定労働時間外の勤務
  • 1日8時間、週40時間以外に業務を行わせることが可能
  • 労働基準法の時間外、休日、深夜の割り増し手当の規定にもあてはまらない

となっています。

実際は夜勤並みの仕事をしているのに、宿直扱いにしている事業所も多く存在します。休日の考え方で、夜勤明けは夜勤という業務をした労働日にあたるので休日とはできません。それに対して宿直明けは休日とカウントできるので、月換算にすると休日が相当な差が出てきますので、夜勤を宿直扱いにしているような事業所は働かない方がよいでしょう。

介護業界の夜勤の取り扱いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を併せてお読みください

給料が異常に低い

辞めたほうがいい介護施設の3つ目の特徴は、給料が異常に低いという点です。働いた時間に対して相応の給料が払われることは当たり前のことです。ですが、この当たり前のことを守らない企業が世の中にはあります。

残業代が出ない場合や、上層部が多くもらっている場合など良くないパターンは多くあるので、会社の給料の状況を調べるときは詳しく調べましょう。

介護業界の給料の平均はいくらなのかは、以下の記事から確認できます

(7)介護職を辞める際のポイント 

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/331971

いざ退職をするとなると、様々な作業が伴ってきます。スムーズな退職を行うため、また退職をした後の生活に困らないために、退職をする前に計画性をもって、準備をしておきましょう。具体的にどのような準備をしておけばよいのか、説明していきます。

仕事の引継ぎを行っておく

退職をする日程を決めそれに合わせて仕事の引き継ぎを計画的に行っておきましょう。

「辞めたい」と考え退職することを決めた際、介護職の場合は業界のコミュニティが狭いため、自分勝手な辞め方をしてしまう・責任感がない、などと噂がすぐに立ち、次の転職活動に影響していきます。

また、退職の意向を上司や管理者等に伝える場合は、納得してもらえるような理由を考えておきましょう。なお退職の意向は最低でも一か月前に伝えるようにしましょう。

組織体制に変革があったタイミングを狙う

組織体制に変化があれば、上司や同僚、業務内容などが変化します。この変化によって自分の職場環境が大きく変化します。新たな職場環境になったタイミングは、慣れ親しんだ職場環境で辞めるよりも、辞めやすい環境にあると思います。

ただし、今まで一緒に仕事に取り組んできた仲間が職場に全くいなくなったわけではないので、いずれにせよ辞めづらさは感じるかもしれません。それは、共に過ごした時間が長ければ長いほど感じることです。

ですが、新たな環境に身を置くにあたって、時には別れや思い切った決断も必要です。まず自分の中で大事にしたいことは何なのか、自分の中の優先順位を整理しましょう。そのうえで必要なことであれば、思い切った決断を下しましょう。

貯蓄を溜めておく

働かずとも、3ヶ月ほどは生活できるお金を貯金しておいたほうが良いです。在職しながら転職先を見つけることができれば問題ないですが、退職してから転職活動をスタートするという人もいると思います。また、退職後にスムーズに転職先が見つかればよいですが、中にはすぐに転職先が決まらない方もいらっしゃいます。

自己都合で退職した場合、雇用保険の失業給付が受けられるのは3ヶ月後なので、最長で3ヶ月間収入がない状態でも暮らしていけるようにお金を蓄えておくと安心です。3ヶ月分の生活費を目安に貯蓄が溜まっていれば、安心して転職活動に専念することができるでしょう。

失業後に雇用保険を受け取るための方法について、より詳しくはこちらの記事もぜひご参考ください!

ボーナスを受け取っておく

ボーナスは、今まで努力してきたことに対する評価です。もらってから辞めるのは後ろめたい、などと思う必要はありません。ボーナスを受け取ればまとまった金額を手に入れることができるので、辞めた後の生活において金銭的な不安なく辞めることができるでしょう。

ただし、ボーナス支給直後に退職してしまうと、ネガティブな印象を受ける人は少なくありません。その点に関して気になるのであれば、支給後1か月ほどしてから退職するのがおすすめです。

(8)介護業界で転職する場合のポイント

介護職を辞めたいと考える場合、同じ介護業界に転職する場合のポイントを2つ紹介します。

転職先の経営母体を考える

地域で様々な介護事業所を展開している医療法人もしくは社会福祉法人は比較的経営母体がしっかりしているといえます。営利法人(株式会社や有限会社)単独ではどうしても単体なので経営が安定せず、利益追求を求める傾向にあります。

医療法人や社会福祉法人は多展開しているため、経営が安定していることが多いので、利益と経営の収支バランスが取れていることころが多いです。

介護職員処遇改善加算を算定している事業所を考える

介護職員処遇改善加算は、基本的には介護職の給与が増えるように定められた制度です。この介護職員処遇改善を算定している事業所は64.9%います。しかし3割強の事業所が処遇改善加算を算定できず、一円たりとも支給できていない事業所もあります。

なので、介護職員処遇改善加算の届け出を行っておりその支給分を給料に反映している事業所で働くことをおすすめします。

また、転職する前には求人した事業所のホームページ等でサービス事業所の展開や法人の理念等を確認してから選択をするようにしましょう。

介護業界で転職する際に必要な知識をまとめた記事も、併せてお読みください。

(9)介護業界以外で転職する場合のポイント〈職種別〉

転職する場合、引き続き介護業界での転職する場合もありますが、介護業界以外への転職も選択肢としてあります。簡単にまとめたものがこの表です。

職種 特徴
営業職
  • コミュニケーション能力が生かせる
  • 相手が何を望んでいるのか、何を考えているのかを考えることが必要不可欠
  • 福祉用具の営業職であれば即戦力
接客業
  • コミュニケーション能力・体力を生かせる
  • 多様な業界がある
  • 業界の種類が多い分、専門的な知識を勉強する必要がある
看護師
  • 身の回りのお世話をしてきた介護職に対して、看護師は医療のお世話をする
  • 医療にかかわる分看護学校に行き、資格を取ることが必要
  • 介護士よりも待遇がいい

転職する際に、おすすめの職業やその職業の特徴について詳しく説明していきます。

営業職

営業の仕事であれば、介護職の時に必要であったコミュニケーション能力が役に立ちます。また、介護の時には相手が何を望んでいるのか、相手が何を考えているのかのように、相手のことを考えることが必要不可欠でした。

その相手について考えること、そのうえで自分がどう行動するか考えることは、営業職でも必要不可欠です。介護サービスの利用者と営業先の相手の人、介護職と営業職で相手にする人は異なりますが同じ能力が求められているのです。

特に福祉用具の営業職は即戦力です。介護職経験者ならば、福祉用具に触れる機会が多く、扱い方や特徴をよく把握しているはずです。現場で働いていた分だけ、実際の現場での需要はどういうものなのかを身近に分かっていることでしょう。これらの知識があれば、福祉用具の営業職を始めても、抵抗なく行うことができます。

また、同じ福祉業界でも、自分の業務内容が直接業績に反映されやすいのも営業職で働くメリットです。介護職未経験の人に比べ、転職に有利に働くことは言うまでもありません。

接客業

接客の仕事は、コミュニケーション能力や体力が求められます。これらは、介護職でも求められる能力であり、介護職を続けてきた人にとって鍛えられてきた能力です。介護職を続けてきた人にとって、接客業に必要な能力はある程度鍛えられています。必要なのは、働く業界の専門的な知識になります。

これは接客業で働く強みになります。接客業といっても、業界は様々です。飲食店やアパレル店員、サービス業界など、多くの業界があります。ぜひ、自分の興味のある業界を探してみてはいかがでしょうか。

看護師

基本的に介護職は利用者さんの身の回りのお世話を、看護師は患者さんに医療のお世話をすることとなります。看護師と介護職の違いは、医療行為ができるかどうかという点になります。そのため、看護学校に行き資格を取ることが必要となります。

資格を取ることが手間に思えるかもしれません。ですが、一般的に看護師のほうが、はるかに給料が高く、世間的イメージも看護師のほうが高く見られがちです。そのため、自分の仕事の幅を広げたいと思っている人、介護や医療に対しての向上心を持っている人に対しておすすめの職業になります。

(10)介護業界・介護業界以外に転職する際に利用できるサービス

転職を検討する際に、活用できるサービスの中に「転職エージェント」があります。

転職エージェントとは、ネットに求人が載っている転職サイトとは異なり、専任のキャリアアドバイザーが付いて、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

転職のプロがサポートしてくれるので、一人で求人サイトを見て応募するよりも、別職種に転職しやすくなっています。自分一人で活動するよりも、転職に成功できる確率は、確実に上がります。そして、料金は無料になっています。こちらの方法もぜひ検討してみてください。

(11)介護職を辞めたいと考えたときは、自身の”心身の健康”を優先しましょう 

介護業界は、人手不足もあり求人があふれている状況なため、離職しても次の仕事が見つけやすいといえます。

どの社会でも理不尽なこと、納得いかないことがあり性格により異なりはしますが皆それぞれストレス限界値があります。そのストレス限界値を超えてしまうと介護職を辞めたいと思うようになり、サービスの低下、また心身の疲労の低下を招きます。

より良い介護(仕事)をするためにも、納得して働ける職場を選びましょう。就職先はたくさんの選択肢があり、自分にとってどの職場が良いのかを判断することは難しいかもしれません。

その際に、おすすめするのがプロの転職エージェントが多数所属する「介護ワーク」です。

介護ワークは、一部上場企業であるウィルオブ・ワーク(旧セントメディア)が運営するサービスで、介護・医療に特化した独自求人を一万件以上保有しています。その中から、プロの転職エージェントがあなたにあった仕事を探してくれる他、面接対策や履歴書、職務経歴書のサポートなども行ってくれます。

一人で転職活動をすることに不安がある場合は、介護ワークに登録してサポートを受けてみるのがおすすめです。

介護ワークなら具体的な仕事内容や職場の雰囲気を教えてくれるだけでなく、転職エージェントしか知らない優良求人をご紹介。

↓↓まずは気軽にご相談ください↓↓


この記事が気に入ったら
いいねしよう!