介護に関わるすべての人を応援します

障害者の生活を支える相談支援専門員 | 受験資格/仕事内容/就職先での待遇

ワーク
障害者の方の支援を行う仕事には、相談支援専門員や生活支援員、特別支援学校の先生など、様々な種類があります。なかでも、相談支援専門員は、障害のある方のニーズを導き出してサービス利用計画書を作成したり、障害福祉サービス事業者との間に入りサービス利用の調整をしたりする、やりがいや需要のある職業です。
公開日
更新日

(1)障害者支援を行う仕事の種類にはなにがある?

勤務先別、障害者支援を行う場所とは

障害者の方の支援を行う仕事には、障害者の方が生活する施設での仕事や、市区町村などで働く公的な仕事、障害児の通う学校の教師などの仕事があります。

それぞれ業務内容は違いますが、障害者の方が生活をしていく上で必要な仕事です。働く場所によってどんな仕事があるかについて説明していきます。

障害者施設での仕事

障害のある方が生活する施設やデイサービスにて、身の回りのお世話をしたり、就職支援を行ったりします。

生活支援員

障害者の方が暮らす施設や、障害者の方が通うデイサービスなどの事業所にて、身の回りのサポートを行う仕事です。

介護の知識や技術、社会福祉の知識が必要となるほか、チームで協力して行うことが多い仕事ですので、コミュニケーション能力も求められます。

就労支援員・職業指導員

就労支援員、職業指導員は、就労を希望する方の状況や何ができるかを知った上で、仕事につくための支援を行います。社会人としてのビジネスマナーや履歴書の書き方、面接指導など、就業するまでのサポートが必要となります。

また、パソコン作業や木工、農園芸など、就労に必要な技術を指導することもあります。

障害者の方で就労を目指す方には、収入を得ることを目的に就労を行う方だけでなく、社会とのつながりを持ったり、自己実現を図ったりするために就労を行う方もいらっしゃいます。

単に就職することがゴールではなく、各個人の目的に沿って支援することが必要です。

市区町村での仕事

市区町村では、障害者の方に対して利用できる福祉サービスを提供したり、障害者手帳の交付を行ったりします。

相談支援専門員

「相談支援専門員」は障害がある方の生活に関する全般的な相談支援を行う仕事です。障害者本人や、その家族が適切なサービスを利用できるように、各家庭の状況を把握し、サービス事業所につなぐ仕事です。

社会福祉士

社会福祉士は、福祉に関する全般的な相談を請け負うことが仕事です。

シニア世代の方々・体にハンディがある方々・子どもたちなど、日々生活するにあたってなんらかの障害がある人の相談に応じ、社会福祉サービスをどう利用して問題を解消していくか、アドバイス・指導を行います。

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、精神障害をお持ちの方が訓練施設を紹介したり就労支援を行ったりするなど、社会復帰を目的とした支援を行なっています。精神障害を抱えている人に特化して生活支援を行なっているのが特徴です。

特別支援学校での仕事

特別支援学校とは、障害を持っている方が幼稚園・小学校~高等学校に準じた教育をうけることや、学習・生活上での困難を克服し自立できることを目的とする学校です。

先生として特別支援学校で働くことで、障害児のサポートを行うことができます。

(2)障害者を支援するための仕事とは

直接的な支援をするなら「生活支援員」

生活支援員とは、障害者施設などで障害者の方の日常生活上の支援を行います。身の回りの介助など、障害者の方と直接接することができるお仕事です。生活能力の向上に向けた支援なども行います。

生活のためのサービスを整える支援をするなら「相談支援専門員」

障害者の方が適切なサービスをおこなうことができるよう、本人やご家族の意見をきき、サービス提供機関に繋げます。直接、身体的な支援を行うことはありませんが、障害者の方が暮らしやすいような生活環境を整えることができます。

「生活支援員」と「相談支援専門員」の違いまとめ

生活支援員 相談支援専門員
勤務場所 障害者施設など 市区町村等が運営する相談窓口
仕事内容 日常生活の支援・介護

相談支援、

各サービス機関との調整

資格・経験 不要な場合が多い 実務経験および研修終了が必要

今回は、特に「相談支援専門員」について説明していきます。

(3)具体的な仕事内容とは

生活支援員の仕事内容

生活支援員は、障害者施設やデイサービスにて、障害を持った方の入浴や排せつ、食事の介護等の生活サポートを担います。

就労支援を行う事業所では、健康管理の指導なども行います。

一般的に想像される「介護職」と似たような業務内容ですが、ただお世話をするだけではなく、できるだけ自分で身の回りのことをできるようにする指導や、農耕や園芸、工芸など就職につながる作業の指導も仕事内容に含まれます。

相談支援専門員の仕事内容

相談支援専門員 立場

「相談支援専門員」とは、障害のある人や、その家族の生活に関する全般的な相談支援を行う仕事です。

障害者のサポートを行うためのサービスというのは、その種類や特徴、価格に関して様々な種類のものが存在します。そのため、障害者やその家族だけでサービスを利用しようとすると、必ずしも必要でないサービスを利用してしまう、逆に本当に必要なサービスに出会えないなど、需要と供給がマッチしないケースが出てきてしまいます。

障害を持つ人と家族が適切なサービスを受けられるよう、その方々の状況をしっかり把握し、傾聴を重ねたうえでサービス事業者へとつなぐ、そのような仕事が相談支援専門員なのです。

具体的には、障害を持つ方が日常生活を円滑に送ることが出来るように相談窓口となったり(=相談者とのコミュニケーション)、支援サービスとの調整(=サービス提供者とのコミュニケーション)を図ったりすることが仕事の内容になります。

以下、相談支援専門員の仕事を、「サービス利用する前」と「サービス利用をしているとき」に分類し、それぞれの仕事例を示します。

サービス利用支援

  • 本人や家族からの聞き取りをもとに障害福祉サービスの利用計画書案を作成
  • サービス利用の申請のサポート
  • サービス事業者との連絡や調整

などを行っていきます。

継続サービス利用支援

  • 障害福祉サービス等の利用状況などのモニタリング
  • サービス事業所等との連携

などが主な仕事内容となり、利用者にとって適切なサービスが提供されているかを把握します。

(4)相談支援専門員にはどんな人が向いているのか

人の話を親身に聞いてあげられる方

相談支援専門に向いている人の特徴として、人の話を親身に聞いてあげられることがあげられます。障害のある方の本音や家庭の事情なども汲み取りつつ必要なニーズを見つけ、適切なサービス紹介し支援していく事が大切です。

そのためには社会における障害者雇用の動きや新たなサービスなど、常に変化している事柄に対し知識を吸収していく向上心が求められます。

前向きに障害のある方と向き合っていける方

相談業務においては一人の人の人生に長く関わることも出てくるでしょう。そんなとき「この人が自分と関わったことで新しい日常を送ることが出来るようになるなら」とモチベーションを維持し前向きに障害のある方と向き合っていける方におすすめです。

(5)相談支援専門員の就職先

相談支援専門員の就職先には、指定相談支援事業所、基幹相談支援センター、市町村の相談センターなどがあります。

指定相談支援事業所ってどういうところ?

指定相談支援事業所とは、その名の通り市が指定を行っている相談支援事業所のことです。ここで障害者の方のヒアリングやサービスの利用計画を作成します。

基幹相談支援センターってどういうところ?

基幹相談支援センターは、地域の相談支援の中核的な存在です。障害があるかないかは関係なく、地域の相談窓口として機能します。

市町村の相談センターってどういうところ?

市区町村の福祉に関する相談窓口です。障害があるかないかは関係なく相談が可能です。

どうやってなるのか

指定相談支援事業所や、基幹相談支援センター、市区町村の相談センターは、社会福祉法人などが運営しています。

そのため、募集がある事業所は、リクナビ・マイナビをはじめとした求人サイトに求人が出ることが多く、そちらにエントリーして面接を受ける流れになります。

(6)相談支援専門員になるには

相談支援専門員になるための条件

相談支援専門員になるには、

  • 実務経験者であること
  • 「相談支援従事者初任者研修」を修了し、5年間に1回以上「相談支援従事者現任研修」を修了していること

の2点を満たす必要があります。

相談支援専門員の要件

「実務経験」の条件

実務経験については下記のようなものが当てはまります。

相談支援専門員になるための実務経験

実務経験については、下記の点に注意が必要です。

注意点① 必要な実務経験の内容・期間は市区町村により若干異なる

どのような仕事が相談支援・直接支援にあたるかなどの細かい要件などに関しては、市区町村によって異なるため、「自分のしてきた仕事はこの資格要件に当てはまるのか?」という疑問を抱いた人は、「相談支援専門員 実務経験 ○○市(区/町/村)」で検索してみましょう。

注意点② 年数換算について

ここでいう「〇年~」というのは、1年につき「180日以上」であるということです。例えば、5年以上の実務経験があるということは、

  • 業務に従事した期間が5年以上であり
  • 実際に業務に従事した日数が900日以上である

ということを、同時に満たす必要があるということです。

(7)相談支援専門員の働き方

中長期的に相談に応じるため、正社員としての勤務が多い

相談支援専門員の求人はフルタイムの勤務が求められる正社員での募集が多く、福利厚生も整っていることが多いです。

これは、業務内容の特性から、相談者やその家族の抱える課題が長期的て複雑なもの(たとえば、どのような障害者支援サービスを利用すべきなのか、どのくらいの頻度で利用すればいいのか、状態が悪化した場合どうすればいいのか 等)が多いことが背景にあるといえるでしょう。

勤務時間に関しては、相談窓口となったり支援サービスとの調整を図ったりする業務を行うため、日勤帯での勤務が主となります。施設での生活支援員のお仕事などは、夜勤を含む24時間のシフト制のところが多いですが、相談支援専門員にはあてはまりません。

また、都道府県・市区町村の協議会の機能強化やこれを通じた相談支援の取り組みを図るとともに、基幹相談支援センターなどの設置の取り組みを国が推進していることもあり、今後相談支援専門員として働く場所の増加が見込まれます。

(8)相談支援専門員の給料

相談支援専門員の給料は、地域・勤務先にもよりますが、おおよそ18万台~20万円台半ばが相場といえます。また、勤務先によっては20万円後半~30万円台の基本給が保証されているケースも存在します。

概ね、社会保険が完備されていて、賞与や昇給も期待できる点も魅力の一つと言えるでしょう。

そういった情報を鑑み、給与としてどれくらいの金額が平均なのか、厚生労働省が発表しているデータがあります。

引用:平成29年度障害福祉サービス等従事者処遇状況等調査結果の概要

この資料によると、処遇改善加算を提出している事業所に限りますが、相談支援専門員の、平成29年度の平均給与は、363,244円となっており、福祉・介護職員と比べて約6万円の差があることから、待遇面では福祉関連職種の中では上位に位置すると考えられます(参考:厚生労働省『平成29年度障害福祉サービス等従事者処遇状況等調査結果の概要』)。

相談支援専門員の主な業務内容は、利用者の家族などに対して相談業務を行うことであることから、多くの求人募集では「日勤」でのお仕事が多いことを加味すると、ライフワークバランスを取りやすい職種の一つであるといえそうです。

(9)相談支援専門員のやりがいとは


出典:https://www.pakutaso.com/

障害者の方にいい支援が出来たとき

障害のある方への支援は、相談支援専門員一人で行うわけではありません。ご家族や福祉サービス事業所の方など、多くの方が関わります。

そのため、どうしても意見が食い違ってしまったり、うまく支援ができなかったりすることがあります。しかし、支援者の目的は同じです。関係各所としっかり連携をとって支援を行い、支援する障害者の方の笑顔が見れたときが一番のやりがいになるのではないでしょうか。

支援を通して、自分自身の成長を感じられたとき

福祉領域は、新しい法律がどんどん出来、利用できるサービスも日々増えていきます。そのため、アンテナをはって情報収集し、勉強していくことが必要となります。

常に勉強をする必要があるのは大変ですが、専門知識が増え、経験も積んでいけることで自分自身の成長につながります。

その経験を生かして、キャリアアップも目指すことができるでしょう。

(10)相談支援専門員は辛い?

障害者との接し方が難しい

障害者の方が持つ障害は様々です。例えば、うまく意思疎通ができなかったり、感情が読み取れなかったりする場合、どう接すればいいのかわからなくなってしまうことがあります。

給料が安くて将来が不安

相談支援専門員に限らず、福祉領域の仕事は給料が安い傾向があります。そのため、業務量に給料が見合わない、と感じることもあります。しかし、国が処遇改善を進めているため、今後給料があがっていく可能性もあります。

人間関係のストレス

人手不足などが原因で事業所内がピリピリしており、人間関係がギクシャクしてしまう事業所も少なくありません。仕事に忙殺されてしまい、そのまま人間関係を改善することも難しくなってしまう可能性もあります。

つらいと感じた時の解決策

もし相談支援専門員が辛いと感じてしまったら、転職を視野に入れるのもおすすめです。他の事業所にうつることで、状況が改善されるかもしれません。

また、今の事業所の給料が安い、と思っている場合でも、今後処遇改善加算がつくことで給与があがる可能性もあるので、特にキャリアがまだ不足していると思われる場合には、今の職場でキャリアを積み、それから転職をするか考えてみてもいいかもしれません。

(11)相談支援専門員の声

実際に相談支援専門員として働く方はどういった方がいらっしゃるのでしょうか。実際に働いている方のブログを紹介します。

仕事内容や大変なことなどについても、知ることができるでしょう。

「福祉人材は優しい。そんな福祉職が優しさだけでなくパワーアップする心の動かし方綴ります。埼玉の社福労士(チームワーカー) 福田貴宏」

https://ameblo.jp/syafukrousitaka

「後は野となれ山となれ」

https://ameblo.jp/mt-mitake/

「家族のキズナ~パーキンソン病と戦った毒母との32年間の介護記録~」

https://ameblo.jp/yumenokakehashi2288/

(12)相談支援専門員のキャリアについて

相談支援専門員は需要がある

相談支援専門員は、人手不足になりがちな仕事です。そのため、事業所からの募集が出ることも多く、なりやすい仕事といえるでしょう。

また、今後も福祉領域の仕事がなくなることは考えづらいので、長くキャリアをつむことができる仕事だと言えます。

処遇改善も期待できる

先ほども伝えたように、処遇改善で今よりも給与があがっていく可能性を秘めた仕事です。今の給与だけでなく、将来性を考えれば目指すのにおすすめな仕事だといえるでしょう。

相談支援専門員として働くには一定の要件は必要ですが、実務経験と指定の研修を修了すればよいためそこまでハードルは高くないでしょう。養成校などへ通う必要がないので働きながら要件を満たせるのは金銭的にもメリットではないでしょうか。

また、実務経験のなかで相談支援専門員として必要な知識や対応の仕方など学べるのも魅力的です。

障害を持つ方の身近な相談窓口となり、地域社会において「自分らしく」過ごせるように支援していく事はとてもやりがいのある仕事です。今後も基幹相談支援センターの普及などが求められていますので、需要は高まっていきそうです。

相談支援専門員の資格を取得した後は、その資格を十分に活かせる仕事を探してみるのもいいでしょう。資格を活かす仕事を探すには、求人サイトやハローワークなどを見る方法があります。

しかし、求人を見るだけでは、いい仕事が見つからない可能性もあります。そういった場合は、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

介護ワークなら具体的な仕事内容や職場の雰囲気を教えてくれるだけでなく、転職エージェントしか知らない優良求人をご紹介。

↓↓まずは気軽にご相談ください↓↓


この記事が気に入ったら
いいねしよう!