介護に関わるすべての人を応援します

介護レクリエーション10選 | 脳トレ効果が期待できるものも

テクニック
介護施設で行うレクリエーション。日々同じものを行うと飽きてしまいますし、かといって一人で考えて思いつくのはなかなか難しいですよね。今回はレクリエーションの例を10個紹介します。レクリエーションがマンネリ化してきたと感じる方はぜひ参考にしてみてください。
公開日
更新日

(1)脳トレ効果が期待できる介護レク

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/92485

介護レクリエーションは、デイサービスやデイケアなどに勤務している方が行うものの一つです。それと同時に、「次のレクリエーションが思い付かない...」などの悩みのタネでもありますよね。

そこで今回は、健常者の方から車椅子の方までさまざまな利用者の方が純粋に楽しむことができ、認知症に効果があるものを中心にまとめてみました。

脳トレにつながるものもあるので、レクリエーションでお悩みの方はぜひ一読ください。

(2)おすすめのレク① グーパーゲーム

グーパーゲームとは、手を握ったり開いたりすることで脳を活性化させるゲームです。やり方は、手を前に出し、手を握った時に「グー」と口に出し、手を開いた時に「パー」と口に出します。手の動きと言葉が合うように意識しましょう。

慣れてきましたら、音楽のリズムに合わせて行うと楽しいです。

(3)おすすめのレク② あとだしじゃんけんゲーム

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2056866

あとだしじゃんけんゲームとは、職員が利用者に「勝ってください」もしくは「負けてください」と指示を出し、利用者が指示に従ってあとだしをするゲームです。

通常のじゃんけんではなく、勝ち負けを考えて行うことで脳の活性化に繋がります。

(4)おすすめのレク③ 俳句

5・7・5字から成る俳句は高齢の方も比較的手軽に取り組むことができます。

難しいことはなしに、利用者の方が思うままに取り組んでいただくだけで、十分に脳の活性化に繋がります。さらに、作った俳句を詠むことで二重の効果があります。

(5)おすすめのレク④ カラオケ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/333092

好きな歌や童謡を歌うことは、その歌にまつわる出来事を思い出すきっかけにもなりますし、歌詞や音程を覚えようとするため、脳が活性化し、記憶力の向上や認知症の防止が期待できます。

また、近年の研究で、歌を歌うことは精神を安定させる効果があるが発表されています。

しかし、カラオケには好きな方と苦手な方がいらっしゃいますので、行う際は防音室で行うなど苦手な方への配慮が必要になる可能性があります。

(6)おすすめのレク⑤ ゴム銃

ゴム銃で、的当てやどれだけ遠くまで飛ばせるかを競うゲームもオススメです。割り箸とゴムさえあればできますし、軽いため高齢の方も取り組むことができます。

チームに分けて競い合うのもいいでしょう。ただし、行う際は利用者の方に飛ばしたゴムが当たらないよう配慮する必要があります。

(7)おすすめのレク⑥ ボーリングゲーム

ボーリングゲームは、通常のボーリングのルールと同様に、ボールを転がしてピンを倒すゲームです。

ただ、高齢の方も行えるよう、大きめのピンと軽くて柔らかいボールを用意して行うと良いでしょう。ゴム銃同様に、こちらもチームに分けて競い合いようにしてみても楽しめます。

(8)おすすめのレク⑦ ふまねっと運動

ふまねっと運動とは、50センチ四方のマス目でできた大きな網を床に敷き、網を踏まないようにゆっくり歩くことで、歩行のバランスを改善する運動学習プログラムです。認定NPO法人ふまねっとが提唱するレクリエーションです。

車いすや杖歩行の方でも参加できよう工夫されていますので、どなたでも楽しむことができます。

ふまねっと運動の研究では、週に1回、毎回60分程度の練習を継続的に行うことで、歩行時のバランスの改善や、認知機能を改善する効果があると判明しています。

(9)おすすめのレク⑧ アロハ体操

アロハ体操とは、フラダンスのふわふわとした手の動きを取り入れた体操です。座ったままでも無理なく行うことができます。

やり方は、ハワイアンミュージックに合わせてゆっくりと呼吸をしながらゆっくり身体を動かしていきます。ゆっくりとしっかり呼吸をすることで、自然とリラックス状態になります。

自律神経の乱れの改善に繋がり、自然治癒力や免疫力が上がるといわれています。

(10)おすすめのレク⑨ ジェスチャー伝達ゲーム

2つ以上のチームに分かれて、ジェスチャーで簡単なメッセージを伝達していくゲームです。

例えば、「歯を磨く」や「麺類を食べる」などのメッセージをジェスチャーで伝達していきます。一番早く伝達できたチームが勝利です。道具を使わず気軽に楽しくできるゲームですので、オススメです。

(11)おすすめのレク⑩ トイレットペーパー綱引き

トイレットペーパー綱引きとは、2人1組になり向かい合って、適当な長さに切ったトイレットペーパーの端を持ち合い、「よーい、スタート!」の掛け声と共に綱引きを開始し、切れた時にどちらが長いか競い合うゲームです。

こちらは2人1組にすることで利用者同士のコミュニケーションが取りやすいですし、手軽にできて盛り上がるためオススメです。

(12)レクリエーションのレパートリーを増やそう

レクリエーションは、利用者のみんなで楽しめることが最優先事項です。また、指や思考を必要とするものも取り入れましたので、脳トレ効果もバッチリです。

レクリエーションのレパートリーに困った際は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。楽しいレクリエーションの時間を過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!