介護に関わるすべての人を応援します

介護職以外で働く人たちの夜勤の過ごし方

テクニック
「高齢社会」と言われる現代の日本社会。団塊世代も退職期を迎え生産人口の不足が叫ばれる中、同時に、要介護者の増加と介護職の人手不足も問題になっています。介護施設での勤務は、日中行われるデイケアのみならず、入居者を1日通してケアすることが必要とされます。日替わりで数人の職員が施設に泊まりこみ、緊急事態に柔軟に対応できるよう備えなければなりません。
公開日
更新日

(1)眠気と緊張と闘う介護職員は必見!「夜勤」を乗り切るアイデア集

(参考: 2013年 厚生労働省 介護勤職員の平均夜勤回数 )

(※「夜勤」に該当するのは22時から翌朝までを指します。)

上のデータは介護職の平均夜勤回数を調べたものですが、月に4~5回と答えた方が2565人と最も多い結果になりました。

介護職とは切り離すことができない夜勤ですが、他の業種の方々はどのように過ごしているのでしょうか?

今回は、介護職以外の夜勤勤めの方が、どのように、この辛い時間帯を過ごしているのかご紹介します。

あっと驚くような工夫から、すぐに実践できるコツまで、”仕事を苦にしない”そんなアイデアは必見です!ぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか?

(2)夜勤仕事は孤独に耐える苦行!?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/387303

「昼夜逆転」の生活を強いられる夜勤勤務では、同僚と楽しくランチに出かけることもなければ、通勤ラッシュにも帰宅ラッシュにも巻き込まれることはありません。

少人数での勤務で、海外とのやりとりがない限り、大きな会議に出席することもありません。大多数の人と逆の生活を送るので、他人との交流も制限されてしまいます。

また、人間は昼行性の生き物ですから、暗くなると身体は「動く必要がない」と判断し、眠気を感じるようになります。

からだの「体内時計」に逆らった生活を送るということが健康面に支障をきたす、ということは容易に想像がつきますね。

まずは、ひとよりも、睡眠と健康に気をつけなければならないのです。

夜勤が終わり外に出れば、朝日が昇り澄んだ空気が迎えてくれます。他のひとが出勤する中、自分はこれから自由に時間を使えると思うと、なんだか得した気分になりがち。

夜勤明けで、「そのまま買い物に出かける」「おしゃれなランチを堪能」なんて、疲れるどころかアクティブになるひとも多いようです。

「終わりよければすべて良し」という言葉はありますが、それにしても、夜勤の時間帯の辛さは耐え難いもの。辛い時間帯の乗り越え方は、同じ夜勤労働をしている人にヒントをもらいましょう!

(3)肌のケアに細心の注意を払う!?看護婦の夜勤の過ごし方

看護婦さんたちにとって「夜勤」は避けられないもの。睡眠不足は女性にとって「美の大敵」とも言えるので、細心の注意を払うひとも少なくないようです。

そんな彼女たちが実践するのが、勤務中は常温の水とナッツで乗り切る、という方法。

ビタミンや鉄分を補うためにナッツやプルーンなどを摂取するそうです。消灯後も巡回や看護記録の整理などで忙しい看護師の仕事にとっては、ぴったりの息抜きにもなりますね。

(4)仮眠のチャンスあり!ホテルのフロント係の夜勤の過ごし方

ビジネスホテルなどでは、深夜までフロント係が対応しなければならない場合があるので、夜勤は必須です。

ただし、肉体労働がない分、持ち回り時間が効率的に分担できるので、休憩時間が長めに与えてもらえるようです。

2~3時間の休憩時間の間に、90分の仮眠をとったり、読書やテレビをみたりして、意外とリラックスした時間を過ごしているようです。

(5)割りがいい給料が魅力的!コンビニ店員の夜勤の過ごし方

コンビニで夜勤をする人の多くが口にするのが「給料が割に合っている」という言葉です。

つまり、労働内容の割に、高い給料を得ることができるようなのです。

日中に比べて来店者数も減り、発注や品出し以外の仕事はあまりありません。「夜のコンビニは少し怖い」と思う人も多いようですが、賢い人は、オフィス街のコンビニで夜勤をするそうです。

オフィス街であれば、態度が悪い人が来店するといったことも少なく、客層も悪くないので、夜勤でも働きやすいのですね。

(6)昼夜逆転生活ならではの楽しみも

昼夜逆転で、他の人とは違った時間に仕事をする夜勤ですが、仕事を終えた後の爽快感は変わりません。

夜勤を終えた方の中には、仕事を終えた明け方にビールを飲むのを日課にしている方もいらっしゃるようです。夜勤ならではの楽しみ方をあなたも見つけられてみてはいかがでしょうか?

(7)夜勤の空き時間は自分のために使うべし

夜勤がある職業は、休憩する暇もないものもあれば、比較的自由に使える時間があるものまで、多種多様です。

「夜勤は辛い」という気持ちを、時間を自分のために使うことでポジティブな思考に切り替える、これが、夜勤に勤しむ上で最も有効なコツかもしれません。

辛いことも多い夜勤ですが、他の業界の皆さんの過ごし方も参考にして、自分にあったペースで、仕事もプライベートも充実させてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!