介護に関わるすべての人を応援します

高齢者向け介護レクリエーションまとめ | 目的、効果、資格情報も

テクニック
介護サービス内で行われる「レクリエーション」。単なる娯楽ではなく、介護サービスとして3つの重要な役割があります。認知症の予防にも役だつレクリエーションについて、解説していきます。本記事では、おもに「レクリエーションの種類」「レクリエーションの持つ効果」「介護施設における、レクリエーション関する課題」などのトピックについて説明しています。
公開日
更新日

(1)介護現場におけるレクリエーションの目的

介護現場でのレクリエーションは単なる娯楽やレジャーではなく、個人の能力やニーズに応じて実施される専門的な介護サービスのひとつです。

生きがいを持ってその人らしい生活を送れるよう、QOL(生活の質)を向上させる目的で行われます。

介護レクリエーションを行うことで、大きく分けて次の3つの効果が期待できます。

身体機能の維持と向上

高齢者は、筋力低下や運動不足などにより、身体機能が大幅に低下してしまう傾向があります。身体機能が低下すると、余計に運動をしなくなり老化現象の悪循環に陥ってしまいます。

レクリエーションによって、できる範囲で楽しみながら無理なく適度に体を動かすことで、身体機能の維持や向上に役立ち、老化現象の進行を抑えることができます。

脳の活性化

脳トレなどの頭を使ったレクリエーションだけでなく、全身を動かしたり、手先指先を動かしたり、言葉を使ったりするレクリエーションを行うと、脳のさまざまな部分を使うことになります。

そうすることで、脳の活性化につながるため、認知症の予防にも役立ちます。

生活の質(QOL)向上

高齢になると体の機能や体力が衰え、外出意欲が低下し、人と触れ合う社会的な活動をする機会が極端に少なくなりがちです。

介護レクリエーションを行うことによって、周囲とのコミュニケーションを取ることができます。会話が生まれ笑顔が増えることで楽しい気分になり、日々の生活が精神的に豊かになって、生きがいを発見することができるようになります。

(2)介護レクリエーションは3種類に分類できる

介護レクリエーションは、大きく次の3種類に分けることができます。

集団レクリエーション

複数人からなるグループで、一緒にレクリエ-ションを行います。普段は会話を交わさない入居者同士も、共通の活動を通して自然な形で交流でき、コミュニケーションを深められるのが特長です。

個別レクリエーション

要介護者の能力や性格や趣味趣向にはそれぞれ違いがあり、身体の状況も異なります。そこで近年では、一人ひとりの違いを考慮した、個別レクリエーションが重視されています。

基礎生活レクリエーション

レクリエーションは、必ずしも遊びやレジャーの形式で行う必要はありません。毎日の暮らしのなかで要介護者が心地よく感じる時間を増やしていくための基礎生活レクリエーションにも、最近では注目が集まっています。

それでは早速、種類ごとにおすすめのレクリエーションを紹介していきます。

(3)おすすめの集団レクリエーション

集団レクリエーションは、複数人からなるグループで行うレクリエーションです。身体動作のほか、他人との会話などのコミュニケーションが期待できます。

ラジオ体操

ラジオ体操は毎朝のルーティンとして取り入れることをお勧めします。また、ラジオ体操の動きやリズムに合った歌を流して歌いながら体操するのもいいかもしれません。

ラジオ体操は複足腰が悪い方でも座りながら行うことができるので多くの方が参加できるレクリエーションといえるでしょう。

風船バレー、ゲートボール

これはルールや準備するのも簡単なので介護施設ではよく行われています。このゲームをするときはチーム戦にするとよいでしょう。チームで競わせることによってコミュニケーションが増えるだけではなく楽しみも倍増します。

トランプゲーム

複数人でできて、ルールが簡単な「ババ抜き・ジジ抜き」、「七並べ」がおすすめです。また、少し頭を使う「合計10を狙え」ゲームも盛り上がると思います。

これはまず、1~5までのカードのみ使います。それをすべて裏返しにセットしカードをめくっていきます。めくったカードの合計がぴったり10になればそのカードをすべてGETでき、10を超えた場合は元に戻します。

神経衰弱のようにカードの位置を把握し10になるよう計算もしなければならないので脳トレの要素が強いゲームといえます。

合唱、バンドやオーケストラでの演奏

バンドやオーケストラとなると楽器の準備などで費用がかかってしまうため合唱がおすすめです。定期的に発表会を設けて家族やスタッフの方に見てもらう場を作るとよいでしょう。第三者に見てもらうというのは物事を行うときのモチベーションにつながります。

(4)おすすめの個別レクリエーション

個別レクリエーションは、要介護者それぞれの趣味趣向や要介護度の違いなどを考慮したレクリエーションとなっています。基本的に一人で行うものです。

  • 塗り絵、折り紙
  • 製作、工作
  • 裁縫
  • 読書、映画鑑賞
  • 日記を書く
  • 脳トレーニングのゲーム
  • 書道、なぞり書き
  • 計算
  • 新しいこと(歴史・文学・数学など)を学ぶ
  • 指体操
  • 散歩

(5)おすすめの基礎生活レクリエーション

基礎生活レクリエーションは、日々の暮らしのなかで、要介護者が心地よく感じる時間を増やしていくレクリエーションです。

  • 食事の時間に懐かしい映像を見る
  • 入浴の時間に音楽を流す
  • 部屋や共有部分に絵を飾る、花を置く

(6)こんなレクリエーションもある

体力の衰えによる不安のほか、夜によく眠れない、日中何もすることがなく退屈であるなど、高齢者はさまざまなストレスを抱えています。そんなストレスを和らげるのが、リラックスするためのレクリエーションです。

頭や体力を使うことよりも、気持ちをやわらげることを目的としています。

  • 深呼吸体操
  • ヨガ
  • ハンドマッサージ
  • 動物と触れ合う
  • 景色を眺める
  • 音楽を聴く

(7)レクリエーションを行う際のポイント

高齢者に楽しんでもらえるようなレクリエーションをするためにはいくつかのポイントを抑えておく必要があります。

対戦式ゲームのルールは簡単に

ルールが複雑なレクリエーションはかえって楽しみを半減させます。シンプルで分かりやすいゲームを選びましょう。また、ルール説明をするときは理解しやすいようにスタッフ同士で実践してみるなど工夫するとよいでしょう。

安全に配慮する

体を動かしたり、道具を使ったりする場合は高齢者の安全面に細心の注意を払いましょう。複数人で行うレクリエーションの場合は何人かのスタッフと協力して危険性はないか管理しましょう。

またレクリエーションを行う前にリスクマネジメントすることも重要です。行うレクにはどんな危険性があるのか事前に考えておけばそれに対する対策ができます。用心深くレクリエーションを計画することが大切です。

尊厳を守る

子ども扱いするようなレクリエーションの内容や話し方は本人のプライドを傷つける場合があります。レクリエーションを考える、また行う際にも高齢者の意思を尊重した振る舞いが大切です。

相手の立場になって考えるということを忘れないようにしましょう。

視力の低下に注意

加齢と共に視力や聴力は低下し若い頃にしっかりと見聞きできていたものでも、年を重ねると共に視覚や聴覚からの情報が掴みづらくなります。視野は狭くなりがちですし、動くものに反応する動体視力などは大きく低下するので、動きの早いものを捕らえることが難しくなります。

聴力の低下に注意

また聴力の低下で小さな音が聞き取りづらくなりますが、大きな音はうるさく感じてしまうようになります。細かな音の周波数を聞き分けることができなくなることから、聞き間違えが多くなりコミュニケーションが難しくなりがちです。

このような高齢者特有の視力や聴力の特徴を掴んだ上で、高齢者向けレクリエーションプランを企画しましょう。

(8)レクリエーションのネタにお困りの方へ

「具体的なレクリエーションのやり方が知りたい」「毎日のレクリエーションでネタが尽きてしまった…」という方におすすめなのが、高齢者向けレクリエーションをまとめた本です。

基本的なレクリエーションから、変わり種までさまざまなレクリエーションが載っているので、毎日レクリエーションを考えなければいけない施設スタッフの方はぜひ活用してみてください。

お年寄りとコミュニケーションが深まる! 楽しく盛り上がるレクリエーション100

介護の仕事に携わる方向けのレクリエーション本です。身体を動かす体操や、頭を使うゲーム、昔を懐かしんで楽しむあそびなどさまざまなレクリエーションが100種類紹介されています。

お年寄りとコミュニケーションが深まる! 楽しく盛り上がるレクリエーション100をAmazonで見る

車いす、片マヒの人もいっしょにできる 高齢者のレクリエーション

車いすを利用している方や、片麻痺のある方も楽しめるレクリエーションが紹介されています。

レクリエーション中の参加者のサポートの仕方や、レクリエーションの進行方法なども解説しており、「レクリエーションを任されたけどどうすればいいか分からない…」という方に特におすすめの本です。

車いす、片マヒの人もいっしょにできる 高齢者のレクリエーションをAmazonで見る

車いすの人でも楽しめる! レクリエーション50+盛り上げるアイデア100: もう困らない!悩まない!

車いすの方でも楽しめるレクリエーションが50個紹介されています。

また、レクリエーションを盛り上げるためのコツも豊富に紹介されているので、「レクリエーションがイマイチ盛り上がらない…」という悩みを抱えた介護施設スタッフの方に特におすすめです。

車いすの人でも楽しめる! レクリエーション50+盛り上げるアイデア100: もう困らない!悩まない!をAmazonで見る

(9)もっと専門的になりたいという方へ レクリエーション介護士とは

介護現場でレクリエーション介護士の資格が注目されている

介護施設で行うレクリエーションに関して、高齢者に喜ばれる適切なレクリエーションを提案できる人材であることを示す「レクリエーション介護士」という資格があります。

レクリエーションは今の介護現場になくてはならない存在です。しかし、その専門的な知識を持っている方は多くありません。そのためレクリエーション介護士の資格取得者は現在、介護現場で注視されています。

レクリエーション介護士の資格は、高齢者に喜びや生きがいを与え、笑顔にできる介護スタッフの育成を目的としています。

レクリエーション介護士資格を取得することによって、レクリエーションの知識や幅が広がるため、レクリエーションを考えることが負担だと感じる人は取得を検討してもよいでしょう。

レクリエーション介護士について、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

(10)介護現場でのレクリエーションの課題

職員の業務負担が顕著に出ている

介護現場でのレクリエーションの課題は、職員の業務負担です。食事介助や入浴介助などで忙しい中、「空いた時間にレクリエーションを当てはめなければ」とか、「新ネタを探さなくては」などレクリエーションのことを考える時間がない場合があります。

そういった場合、いくつかの解決方法が考えられます。

まず、レクリエーションに対する考え方を変えることです。高齢者にとっては生活の中の楽しさそのものがレクリエーションなのです。介護側からレクを提案するというよりも、その人に任せる形で自然にいろいろと楽しんでもらうということです。

次に、介護職員同士やご家族との協力です。一人で抱え込まず、同僚に相談してノウハウを共有し合ったり、ご家族に協力を仰いだりするのです。負担が軽減されるだけでなく、他の場面でもお互い協力できるようになるでしょう。

最後に、レクリエーション介護士資格取得です。この資格を取得することで、レクリエーションに関する統一的な専門知識が身につくため、より効率的にレクを提案できるようになります。

(11)介護レクリエーションの需要は高まってきている

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2660679

高齢者のQOL向上に介護レクリエーションは不可欠

高齢化時代、ただ長生きするのではなく、その人らしく生きるというQOL(生活の質)が重視されるようになってきています。

そのような背景から、介護サービスも「必要最低限の介護」ではなく、「高齢者のQOLを高める介護」が求められています。

QOLを高めるためには、日々の楽しみとなるレクリエーションが欠かせません。今後も、介護サービスにおけるレクリエーションの需要は高まっているといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!