介護に関わるすべての人を応援します

ヘルパーの取得が推奨される資格 | 取得方法、種類やメリットなど

資格
介護業界において、単なるヘルパーであれば無資格で働くことができますが、利用者の身体に直接触れる仕事はできません。介護業界で長く働きたいのであれば、ホームヘルパーの資格を取ったほうがいいでしょう。ホームヘルパーの資格を取る方法を説明します。
公開日
更新日

(1)ヘルパーとして資格は必要なのか

無資格のヘルパーでもできる仕事はある

ヘルパーは介護助手・介護補助とも呼ばれており、介護を行う人のことを指します。単なるヘルパーであれば、介護に関する資格は不要です。

介護に関する資格が無いヘルパーでも、介護の現場で働くことはできます。介護保険法において、現時点では施設における介護職員の資格が問われていないためです。ヘルパーの仕事は、介護業務に加えて下記のような業務になります。

  • 送迎業務…介護施設と利用者の自宅の間の送迎です。自動車運転免許が必要ですが、介護の資格は必要ありません。
  • 生活援助業務…食事の支度、衣類やシーツの洗濯、生活必需品の買い物、薬の受取りといった、利用者の生活をサポートする家事業務全般です。
  • 事務系業務…介護報酬請求や事業所内の介護職員のシフト調整など、介護施設の事務作業です。

身体介助や訪問介護は、無資格では基本的には行えない。

ヘルパーは、施設の種類によっては資格がないと、被介護者の身体に直接触れる業務は行えません。

また、訪問介護を行うホームヘルパーも、資格が必要になります。

ヘルパーとして取得する・もしくは取得を目指すケースが多い以下の4つの資格のうち、本記事では、ヘルパーとして最初に取得が勧められる資格である2つの資格を紹介します。

(2)「介護職員初任者研修」や「実務者研修」を取得しよう

先述の通り、介護業界でキャリアアップを狙う場合は、資格を取ったほうがいいでしょう。事業所によっては資格をとることに協力的で、講座や受験費用を一部補助してくれたり、講習に行く時間を確保してくれたりするケースもあるようです。

施設介護や訪問介護で身体介護ができるホームヘルパーになるには、「介護職員初任者研修」や「実務者研修」を修了し、認定をもらう必要があります。

本記事では、主にヘルパーとして働く際に有用な資格である、この初任者研修と実務者研修について詳しく説明していきます。

(3)ヘルパーに取得が推奨される資格①:「介護職員初任者研修」

介護サービス利用者の身体に直接触れる身体介護をするためには、介護に関する資格を保有している方が安心です。介護の資格のうち、介護職員初任者研修は、3カ月程度で取得が可能です。最も取得しやすく、介護職のスタート資格といえます。

介護職員初任者研修について、より詳しい記事はこちら

介護職員初任者研修は、かつてのホームヘルパー2級に相当する資格になります。130時間の講習で基礎知識・倫理・実務等の9科目を学びます。実習はなく、最後の筆記試験に合格すれば資格を取得できます。

(4)ヘルパーに取得が推奨される資格②:「介護福祉士実務者研修」とは

実務者研修は介護職員初任者研修の上級資格にあたります。基本的な介護提供能力の修得に加え、医療的ケアに関する知識や技能の習得を目的とする資格となっています。

かつてのホームヘルパー1級と、介護職員基礎研修を一本化したものに相当します。

講習は20科目で450時間ですが、過去の研修過程の受講によって一部が免除されることもあります(介護職員初任者研修の130時間など)。

この実務者研修を修了することにより、医療行為とされてきた「たん吸引」や「経管栄養」が、介護職員でも実施できるようになりました。

介護福祉士実務者研修について、より詳しい記事はこちら

介護福祉士という資格もある

実務者研修のさらに上級資格にあたる介護福祉士の資格を得るためには、3年以上の実務経験と、この実務者研修を受講しておくことが必須となってます。

なお、実務者研修と介護職員初任者研修はどちらも国家資格ではありませんが(公的資格ではある)、介護福祉士は国家資格です。

(5)「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」への変更の背景

かつて、介護のキャリアパスには、ホームヘルパー養成研修や介護職員基礎研修、介護福祉士など、さまざまなルートが存在していました。

そのルートの複雑さゆえに、上級資格取得まで遠回りになってしまったり、介護職でのキャリアアップの見通しがわかりづらかったりするケースが散見されました。

また、厚生労働省では、65歳以上の人口伸び率と、生産年齢人口の減少率についての関係性を分析した結果、2025年までに介護職員数は現在の2倍以上必要であると予測していました。

将来的に介護職員の人材確保は大きな課題であると捉えたものの、単に介護職員の数を増やしただけでは、介護スキルや知識における質の低下を招くリスクもあると考えました。

2025年問題について、より詳しい記事はこちら

そこで、介護職において優秀な人材をより多く育成することを目的とし、2013年4月1日の介護保険法施行規則改正で、介護資格制度を見直し、介護キャリアパスを明確化しました。それに伴い、ホームヘルパー2級も介護職員初任者研修と改称されました。

これから介護職員として第1歩を踏み出し、基礎知識・スキルを身につけようと考えている方は、まずは介護職員初任者研修の資格取得を目指すことに一本化されました。

また、将来的に介護福祉士資格を目指す場合には、実務者研修を修了しなければならないという決まりになっています。

(6)「介護職員初任者研修」を取得するメリット

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2343518

介護職員初任者研修を取得するメリットはいくつも考えられます。

取得後は就職難になりにくい

日本はいよいよ超高齢化社会を迎えた一方で、介護人材は圧倒的に不足しています。

つまり、この資格を取得すれば、就職・転職に困ることはなくなります。介護の仕事の求人はとても多いため、実際に介護の仕事の経験がなくても、意欲とこの介護職員初任者研修の資格さえあれば、就職には極めて有利と言えます。

給料アップが見込める

資格を取得することで、介護職未経験の人や資格を持っていない人と比較して、より多くの仕事を扱うことができます。これにより、給料が段階的に上がることがあります。

また、任される仕事が増え、結果も地道に出すことができれば、昇格することや責任感のあるポジションを任されることもあります。

資格を持っていると資格手当がつくこともあるので、給料アップのチャンスは増えるといえます。

キャリアアップにつながる

介護の資格としては、介護職員初任者研修に限らず、実務者研修や介護福祉士などほかにも種類があります。

なので、介護職員初任者研修を取得することは、今後のキャリアアップのスタート地点に立てたことになります。

家族などの身近な人の介護ができるようになる

介護職員初任者研修を取得することによって得たことは、働くうえで役立つことはもちろんですが、ほかの場面でも役立てることができます。

身近に介護が必要な方がいる場合には、その場面で役立てることができます。

当たり前のことですが、介護に知識がない人とある人で介護を行った場合、知識がある人のほうが介護を受ける人がより満足できるようなサービスを与えることができます。

得たことは、活用できる場所でぜひ活用していきましょう。

(7)「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」への変更の影響は?

職務内容への影響はない

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修に名称が変わりましたが、介護現場で仕事するうえで、職務内容の違いはありません。

あえて違いを言えば、ホームヘルパー2級の当時は、認知症の理解の科目がありませんでした。逆に、介護職員初任者研修では実習がなくなったので、現場での経験値に差が出るかもしれません。

履歴書への影響はない

ホームヘルパー2級資格取得者も、介護職員初任者研修の修了要件を満たしているものと見なされるので、履歴書での資格効力は同じです。

既に修了している方は、引き続きホームヘルパー2級資格取得者であり、資格が失効になることはなく、新たに資格申請などの手続きも必要ありません。

注意点としては、ホームヘルパー2級の修了者は介護職員初任者研修の修了者ではないということです。

よって、ヘルパー2級を持っているが介護職員初任者研修を受講していない方は、履歴書に介護職員初任者研修課程修了と書くことはできないので注意しましょう。

給料への影響はない

ホームヘルパー2級と初任者研修の資格による給与の違いはありません。また、ホームヘルパー2級、もしくは介護職員初任者研修の資格を持っている方は、資格手当がつく場合があります。

(8)カリキュラム・学習内容、時間数の変化

ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修になった際の変更点は3つ挙げられます。

受講科目に「認知症の理解」が追加された

1つ目、介護職員初任者研修では新たに「認知症の理解」が受講科目として追加されました。その背景として、高齢者の人口比率と共に認知症患者数の増加していることがあります。

実際の介護現場においても、認知症患者の方にどのようにしたら上手に対応できるかが課題となっているようです。

実習(30時間)が廃止された

2つ目、ホームヘルパー2級で実施されていた実習(30時間)が廃止されました。その分、介護職員初任者研修ではスクーリングの授業時間が増えています。

実習がなくなっても大丈夫なのかという声も当初はありましたが、新制度が始まってしばらく経過した現在でも、大きな問題はないようです。

筆記試験が増えた

3つ目、ホームヘルパー2級では全カリキュラムを修了するだけで資格を取得できましたが、介護職員初任者研修ではカリキュラム修了後に1時間の筆記試験を受けて合格しなければ資格を取得できません。

ただし、授業内容を理解していれば問題なく合格できる確認テスト的なものです。万が一不合格になっても、追試で合格させてもらえるそうです。

(9)介護職員初任者研修の資格をとるためには

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1997119

介護職員初任者研修は、介護職員として働くうえで必要な知識とスキルを、新しく体系立てて再構成した研修です。カリキュラムが統一指針に基づいて作られているので、どのスクールでも均一の教育を行うことができます。

働きながらでも学びやすいように、カリキュラムの大半は通信教育でも学べるように配慮されています。

介護職員初任者研修を取得するには、以下の表のように、130時間の講習を受ける必要があります。

介護職員初任者研修のカリキュラム

介護職員初任者研修にて受講する科目 時間数(合計130時間)
職務の理解 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
介護の基本 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 6時間
老化の理解 6時間
認知症の理解 6時間
障がいの理解 3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅰ 基本知識の学習 12時間
こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅱ 生活支援技術の学習 53時間
こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅲ 生活支援技術演習 10時間
振り返り

4時間

そして、すべてのカリキュラム修了後、1時間程度の筆記試験を受けます。1時間の筆記試験は振り落とすような難しいものではなく、学んだことを振り返るような比較的易しいものです。

万が一不合格になっても、追試でほぼ全員が合格するというのが実態のようです。

(10)変化したヘルパーの資格について理解して資格を取ろう

2013年4月の改正で、ホームヘルパー2級も介護職員初任者研修と改称されました。

しかしその内容や現場での実態にはほぼ変化はなく、介護職のエントリー資格としての重要性は変わっていません。

介護職は非常にニーズが大きい仕事です。制度についてよく理解したうえで、資格取得をめざしましょう。


資格を取得した後は、その資格を十分に活かせる仕事を探してみるのもいいでしょう。資格を活かす仕事を探すには、求人サイトやハローワークなどを見る方法があります。

しかし、求人を見るだけでは、いい仕事が見つからない可能性もあります。そういった場合は、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

介護ワークなら具体的な仕事内容や職場の雰囲気を教えてくれるだけでなく、転職エージェントしか知らない優良求人をご紹介。

↓↓まずは気軽にご相談ください↓↓


この記事が気に入ったら
いいねしよう!