介護に関わるすべての人を応援します

介護職員初任者研修とは | 資格取得のメリットと試験内容

資格
介護職員初任者研修とは、介護職に就きたい人が取得を目指す基本的な資格です。比較的低コストで取得できるこの資格を取得することで、身体介護という仕事に従事する資格を得ることから、介護業界への転職が容易になったり、業界理解が深まったりと、様々なメリットが存在します。 本記事では、介護職員初任者研修に関して、カリキュラム内容や受験資格、取得のメリットや崇徳にかかる費用などを解説します。
公開日
更新日

(1)介護職員初任者研修とは

ホームヘルパー資格が制度の変更によって名称を変えた

介護職員初任者研修とは、かつてのホームヘルパー資格が制度変更により介護職員初任者研修と名称を変えたものになります。介護職員初任者研修はホームヘルパー資格2級相当のものと言われていますがその内容はホームヘルパー資格とは異なります。

短い期間で簡単に取れる

高齢の方に直接触れて介護するためには、必ず介護の資格が必要となってきます。その中で介護職員初任者研修は比較的簡単に取れる資格と言われ、三ヶ月ほどで取得可能とされています。比較的短い期間で簡単に取れるため、介護をする際、最初に取る資格の第一候補と言えます。

資格によってはその取得に専門学校や夜間学校へ通う必要があり、時間がない人にとっては厳しいものがあります。しかし介護職員初任者研修は通信講座や短期集中講座などで資格取得が出来るので日頃忙しい方でも比較的簡単に取得できるといえます。

(2)介護職員初任者研修の資格内容

先述したとおり、介護職員初任者研修はホームヘルパー資格2級相当のものになります。

介護の仕事を大きく分けると

  • 生活援助
  • 身体介護

の2つがありますが、利用者の身体に直接触れる身体介護には必ず介護の資格が必要となります。その介護の仕事をする入門編になるのがこの介護職員初任者研修です。

ホームヘルパー資格との違いをもう少し掘り下げると、ホームヘルパー資格は受講するだけでその資格を取得することが出来ましたが、介護職員初任者研修では全過程終了後に試験があります。

この試験をクリアしないと介護職員初任者研修の資格を取得することが出来ません。そのため、低コストで取得できる資格だからと言って気を抜いて学習することは避けましょう。

無事に介護職員初任者研修を終え、身体介護が出来るようになると、仕事を選ぶ幅も広がり、給料面でも反映されます。介護の仕事をしようと考えているのであれば介護職員初任者研修の取得をおすすめします。

(3)介護職員初任者研修の資格を取るメリット


出典:https://www.photo-ac.com/

介護職員初任者研修を取得することにより、仕事を選ぶ幅が広がる、給料が増えると言ったメリットがあることはお伝えしましたがその他にも様々なメリットがあります。

介護職の基本を学ぶことができる

介護職員初任者研修では介護の基本的な理念を学ぶことになりますが、この理念を通して高齢者との接し方や介護の仕事の大切さを学ぶことが出来ます。

他の資格へのキャリアアップにつながる

介護職員初任者研修を取得することによって、他の資格へのキャリアアップへと繋げることができます。具体的には、介護職員初任者研修を持っていることによって他の資格を取れるようになるということです。

国家資格である介護福祉士を取るためには介護職員初任者研修を取得してから3年の実務期間が必要となります。さらには介護福祉士を取ることで、今後誕生予定の認定介護福祉士を取ることも出来るようになります。

このように、介護職員初任者研修は、介護業界でのキャリアアップには必要不可欠な資格になっています。

介護資格の中で、唯一の国家資格である「介護福祉士」についての詳しい記事はこちら

介護資格の中でも、選ばれた人のみが取得可能な「認定介護福祉士」に関する記事はこちら

(4)介護職員初任者研修の資格取得者の需要が高い理由

高齢化の進む現在、介護職員初任者研修の資格は非常に重宝されています。実際に各種求人リストなどを見ても、介護職員初任者研修の資格を持っている人が積極的に募集されている傾向にあります。

その理由は、主に以下の2つにあるといえます。

少しでも知識・経験のある人材が足りていない

その理由の一つに、介護業界の人手不足があります。高齢化が進む日本では、働き手よりも利用者の数が増えているためこの人手不足が発生していると言われています。

人手が足りていないため、介護に関する資格を取得していない人も積極的に募集はしています。しかし、先述したように、身体介護に携わるには介護資格の取得が条件となるため、無資格者を採用するだけでは根本的な人手不足の解決には至らないのです。

はじめから介護職員初任者研修を持っている人を積極的に採用することで、即戦力とまではいかないまでも、一から仕事を教える必要のない人材獲得を見込んでいる、ということが一つの理由だと考えられます。

仕事における、厳しい部分も知っている可能性が高いから

どの業界にも共通していることですが、介護に関する仕事に従事する際、どんなにやりがいを持ちながら働いていても、当然身体的・精神的に苦しいときはあります。

その際、事前にそれを知っているか知っていないかでは、感じるストレスは相当異なるものになるでしょう。また、介護職員初任者研修を通じ、そういったことをあらかじめ理解したうえで応募している人と、そうでない人を比べた際、どちらがすぐ離職してしまいそうか、求人募集者は理解しているケースがほとんどなのです。

このような理由から、介護職員初任者研修の資格保持者は、介護業界にとって魅力的な人材として見られているのです。

(5)介護職員初任者研修の資格を取得するには

介護職員初任者研修を取得するためには、色々な方法があります。

  • 介護の専門学校や夜間学校へ通って介護職員初任者研修を取得する方法
  • 通信講座や短期集中講座で取得する方法

など様々な方法があります。

どちらも学歴や資格は不問ですし、通信講座や短期集中講座をご利用の場合は仕事の合間などでも介護職員初任者研修を取得することが出来ます。

最初にお伝えしたように、介護職員初任者研修はホームヘルパー資格と違い、すべての科目を学んだのち、自動で取得ができる資格ではありません。全過程終了後に試験がありますので、それをクリアしないと介護職員初任者研修の資格はもらえません。

現在介護の資格がなく、介護職員初任者研修の取得をお考えの方はご自身に合った方法で介護職員初任者研修の講座を提供している機関を探す必要があります。

(6)介護職員初任者研修の資格は通信で取れる?

この見出しでは、資格取得の際の通信学習に関して詳しく解説していきます。

介護職員初任者研修の資格は通信のみでは取得できない

初任者研修のカリキュラムの一部を通信で受けることができる学校が増えてきています。ただ、通信学習のみで資格を取得することはできません。それは、介護業務を行う際に欠かせない実践的な研修内容がカリキュラム内に含まれているからです。

資格取得は基本的に「自宅学習(通信による)」+「スクーリング」となっています。通信学習を取り入れることによる最大のメリットは、最短1か月での資格取得が可能になる点にあります。

通信学習が可能な学校一覧

ここでは、実際に通信学習が可能な学校をいくつか紹介していきます。

(7)介護職員初任者研修にかかる費用


出典:https://www.photo-ac.com/

この見出しでは、介護職員初任者研修にかかる費用について詳しく解説していきます。

費用は専門学校か通信講座かで大きく異なる

受講料は、専門学校に通うか・通信講座を受けるかによって大きく異なります。専門学校へ通われる場合には10万円以上掛かることもあります。一方、通信講座の場合ですと、5万円程度のところが多くあります。

ご自身の置かれている状況によってどちらを受講するかは変わりますが、専門学校に通ってなければ取得することが出来ない介護資格もありますので、介護職員初任者研修に限らず、他の資格も視野に入れながら幅広く知識を習得したい、という場合には専門学校での受講をおすすめします。

介護職員初任者研修の試験受験料は別料金?

なお、介護職員初任者研修の試験料は受講料の中に含まれているケースが多いです。介護職員初任者研修を受講する前に事前に確認しておくと良いでしょう。

(8)介護職員初任者研修の補助金制度がある

介護職員初任者研修では助成金制度があります。この助成金制度の条件を満たせば、初任者研修の受講料の一部、もしくは全額に相当する助成金が給付されます。

しかしながら、助成金制度があるかどうかはその市町村によって異なってきますので受講前にしっかりと確認しておく必要があります。

さらに、市町村の助成金以外にも受講する介護職員初任者研修が厚生労働大臣の指定を受けた「教育訓練給付」の対象講座であった場合、受講生本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額が給付されます。

この構成労働大臣の指定を受けた「教育訓練給付」は市町村の提供する助成金制度とは併用することが出来ませんので注意が必要です。

(9)介護職員初任者研修のカリキュラム内容


出典:https://www.photo-ac.com/

介護職員初任者研修を取得するためのカリキュラムは以下のようになっています。

介護職員初任者研修のカリキュラム
カリキュラム 時間 内容
職務の理解 6時間 介護の仕事はどのようなものかなど、介護における仕事内容の理解を深めます。
介護における尊厳の保持、自立支援 9時間 介護状態になっても基本的な人権は守られるべきものです。そういった人権や尊厳という観点からどう介護し、どう自立支援するかなどを学びます。
介護の基本 6時間 介護職の役割、介護における安全の確保とリスクマネジメントなどを学びます。
介護、福祉サービスの理解と医療の連携 9時間 介護保険制度の仕組みや介護、福祉サービス、医療との連携、リハビリテーションなどについての理解を深めます。
介護におけるコミュニケーション技術 6時間 利用者の方はもちろんですが、他に一緒に働く方とのコミュニケーションの意義、目的、役割から相手への情報伝達などを学びます。
老化の理解 6時間 日々進む老化をどのように予防し、どのように健康的な毎日を送れるようにするかを学びます。
認知症の理解 6時間 認知症になってしまった利用者の方や、そのご家族との接し方などを学びます。
障害の理解 3時間 障害における医学的側面、生活障害や心理、行動の特徴を学ぶ他に利用者の家族との接し方などを学びます。
こころとからだのしくみと生活支援 75時間 車椅子への移動や入浴介助など、実際に施設内で行われる業務を演習します。
講義の振り返り 4時間 全過程で学んだことの試験になります。

以上のように厚生労働省の指針に基づいた合計130時間のカリキュラムを受けます。

(10)介護職員初任者研修の取得者ができる仕事内容

介護職員初任者研修を取得したからこそできる仕事内容について解説していきます。

座学・実技を通して実践的に学ぶため、実際の現場でも短期間で各種介助に従事できる

介護職員初任者研修を所持している方の仕事内容は多岐に渡ります。

直接利用者の身体に触れることが出来ますので、

  • ベッドから車椅子への移乗
  • 体の不自由な人への着替えの援助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • ベッドでの洗髪

などを行うことが出来ます。

職場は介護施設にとどまらず、病院や診療所での業務もできる

また、介護施設だけではなく、病院や診療所などで医師の指示の元、ベッドメイキングや食事の配膳など院内ヘルパーとしての仕事をすることもあります。

さらに訪問介護でも同じように利用者の身体に直接触れることが出来るので、同じように着替えの援助や食事介助、入浴介助などを行うこともあります。

介護職員初任者研修では、上記のような内容を、講義だけではなく実技演習も通じて学ぶため、すぐに現場で生かすことが出来るでしょう。

これだけ多くのことが出来るのは介護職員初任者研修を所持しているからなので、介護の業界でより重宝されている理由がここから伺えます。

(11)介護の場で働こうと思ったらまず介護職員初任者研修の資格を取ろう

このように、介護の業界で働こうと少しでも検討をする際、介護職員初任者研修の取得は多くのメリットがあります。

就職を有利に進めるのももちろんのことですが、今後のキャリアアップに必要不可欠と言った部分では介護職員初任者研修は必須と言っても過言ではありません。

介護資格の入門とも呼ばれる介護職員初任者研修ですので、介護の業界で働こうと考えた際には、是非介護職員初任者研修を取得すると良いでしょう。


資格を取得した後は、その資格を十分に活かせる仕事を探してみるのもいいでしょう。資格を活かす仕事を探すには、求人サイトやハローワークなどを見る方法があります。

しかし、求人を見るだけでは、いい仕事が見つからない可能性もあります。そういった場合は、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

介護ワークなら具体的な仕事内容や職場の雰囲気を教えてくれるだけでなく、転職エージェントしか知らない優良求人をご紹介。

↓↓まずは気軽にご相談ください↓↓

この記事が気に入ったら
いいねしよう!