介護に関わるすべての人を応援します

介護用品「歩行器」の種類と選び方のポイント|レンタルもできる

介護用品
歩行器の種類には、四脚歩行器、固定型歩行器、交互型歩行器、キャスター付き歩行器など様々な種類が存在します。使用者の身体状況に合った歩行器を選ぶことが求められます。また、歩行器はレンタルすることもでき、短期間での使用も手軽にできます。この記事では種類や特徴、選ぶ際のポイントについて詳しく解説しています。
公開日
更新日

(1)歩行器とは

介護用としての「歩行器」とは、歩くことが困難になった高齢者や、足腰・股関節に痛みがある人、また麻痺や障害によって歩行が困難な人・筋力やバランス感覚が低下している人などのための歩行補助具です。腰や膝にかかる負担を軽減して歩行姿勢を安定させ、安全な歩行を補助する役割として使われます。

構造としては数種類ありますが、基本的には体を囲むような作りで、杖のように1本ではなく複数の足でバランスよく体を支えられるところ。上半身を歩行器に預けることで足腰にかかる負担を減らしつつ転倒を防ぎます。主にリハビリや歩行訓練などに使用され、両手の使用に支障がないことが前提条件となります。

(2)歩行器の種類① 四脚歩行器

歩行器には使用者の身体状況に応じて様々な種類が用意されています。その一つ目は「四脚歩行器」です。

この歩行器は持ち上げ、前に出しながら進む種類の歩行器で、四脚のフレームで使用者の身体を支えるため、非常に安定性が高く、下肢への負担を大きく軽減させることができます。

しかし、歩行器そのものを持ち上げる必要があるため、上半身に筋力が十分にない方、痛みがある方は使用することができません。この種類の歩行器は下肢部分の筋力低下によりバランス感覚を取りづらい高齢者の方におすすめです。

(3)歩行器の種類② 固定型歩行器

歩行器の種類の二つ目は「固定型歩行器」です。

これは四脚歩行器の一種で、フレームが固定されているタイプです。使用方法は歩行器を一歩前の方に持ち上げ、自身の身体を支えながら前進させます。用途は主に室内での使用に適しており、立ち上がる際の手すりとしても代用することができます。

また、四脚歩行器と同じく、前進するためには歩行器そのものを持ち上げる必要があるため、上半身の筋力がある程度なければ使用することはできません。

そのため、下肢部分に筋力低下や痛みがあり、杖を用いての歩行が不安定な人に最も適しています。

(4)歩行器の種類③ 交互型歩行器

三つ目は「交互型歩行器」です。この種類も四脚歩行器の一種で、左右のフレームを交互に動かせるタイプです。

歩行器を使わない通常の歩行時と同じように、左足を出すときには右のフレームを、右足を出すときには左のフレームを前に動かしながら前進します。左右のどちらかの足が常に地面に接している状況になるため安定性が高く、身体をしっかりと支えてくれます。

しかし、身体を左右交互に動かす必要があるため、バランス感覚の低い人、身体の動きがスムーズでない人には不向きな性能です。片足に痛みがある人、安定した姿勢バランスが取りにくく、歩行が困難な人におすすめです。

(5)歩行器の種類④ キャスター付き歩行器(歩行車)

歩行器の種類の四つ目は、「キャスター付き歩行器(歩行車)」です。足に車輪が付いているため、スムーズに移動することができます。

また、このタイプは「前足にキャスターが付いているもの」と「四脚すべてにキャスターが付いているもの」2種類あります。前輪タイプは後ろのフレームを持ち上げて前側のキャスターを転がすことで前進します。

メリットとしては、腕力の弱い高齢者でも使いやすいという点ですが、コントロールが難しいというデメリットもあります。

一方、四輪タイプは歩行器を持ち上げる必要がないため、カートを押す感覚で使用者の歩行をサポートします。

また、四脚すべてにキャスターが付いているため、より小さな力で歩行器を動かすことができます。しかし、前に出し過ぎるとバランスを崩しやすいというデメリットもあります。

(6)歩行器の種類⑤ モーター付き歩行器

最後の五つ目は、「モーター付き歩行器」です。その名の通り、傾斜センサーとモーターが搭載されている歩行器で、平地や坂道といった路面の状況を検知することで使用者の移動を安全にアシストすることができます。

そのことにより、下り坂で歩行器の速度が上がり、転倒するという恐れもありません。この種類の歩行器は長時間の歩行が困難な人におすすめです。

実際に使用する際には、機器の説明を受けて操作方法を予め理解しておく必要があります。

(7)歩行器の種類を選ぶポイント① 使用場所・目的に合わせる

歩行器を選ぶ際のポイントは具体的にどのような基準があるのか説明します。

ポイントの一つ目は、「使用場所・目的に合ったものを選ぶ」です。

例えば、屋内で使用する場合、それぞれの家の状況にもよりますが、一般的には外に比べると段差が少ないため、安定性に優れた歩行器を選びましょう。

一方、屋外で使用する場合は、坂道や段差といった様々な路面の状況に対応することが必須となるため、手動ブレーキ付きのものや、座面のある車輪付きの歩行車などがおすすめです。

そして当然、「安定性」も歩行器を選ぶ際には重視したいポイントです。使用者の体格に合わせたバランス感覚の取りやすい歩行器を選ぶことを意識しましょう。そうすることでより安全、よりスムーズに歩行できるようになります。

(8)歩行器の種類を選ぶポイント② 使用者の身体状況に合わせる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2142844

歩行器にも様々な身体状況に合わせた種類があるため、身長や腰の曲がり具合、歩行レベルによって選ぶべき歩行器は異なります。歩行器は使用上、上半身を支えながら歩行をサポートするものです。

そのため、腕を目一杯伸ばした状態で自身の身体を支えられるかどうか、歩行器を選ぶ上で非常に重要なポイントです。

歩行器を使用することで、前傾姿勢になってしまうものや、自身の身体を歩行器に預けた際に不安を感じるものは、負荷がかかって転倒しやすい原因になります。

歩行器は移動・歩行のサポートの役割を担っているため、正しい姿勢かつその状態を維持できるかどうかもチェックしてみましょう。

(9)歩行器とシルバーカーとの違い

出典:https://www.photo-ac.com/

歩行能力の程度によって使い分けがなされる

歩行器の主な役割は、足腰の筋力が低下している高齢者を安全に移動・歩行するためのサポートです。対してシルバーカーは比較的、歩行能力が高い人が使います。

シルバーカーは、キャスター付き歩行器の一種として数えられ、下半身の筋力が低下している人やリハビリの初期段階の人に適しています。

そして、シルバーカーは長時間歩行する際や、荷物を持ち運ぶときに重宝します。そのため、買い物がしやすいようにカゴ付きなどの工夫がされており、移動で疲れた際には椅子にして休息を取ることも可能です。

そのシルバーカーの種類には、散歩の際に便利なコンパクトタイプのものから、一回り大きいミドルタイプのもの、さらに大きいボックスタイプやワゴンタイプといった様々な種類があります。

シルバーカーを選ぶ際のポイント

シルバーカーを選ぶ際のポイントも歩行器と同じく、使用者の身体に合っていないものを選ぶと転倒する恐れもあるため、

  • ハンドルの調整が可能
  • ブレーキ操作が容易
  • 収納スペースのバランスと安定性

この3つを重点にして自身に適したものを選びましょう。

(10)歩行器はレンタルすることができる

歩行器を使用する期間が長期になるのであれば断然購入したほうが得ですが、1ヶ月〜2ヶ月程度で短いと判断された場合、購入よりもレンタルの方がお得に利用できます。

レンタル料金は一番安い固定型(四脚歩行器)で2,000円程度です。キャスター付きやモーター式の電動アシストタイプの高性能歩行器でも月額5,000円以下でレンタルすることが可能です。

購入する場合

完全に買い取る(購入する)場合、歩行器の値段はいくらぐらいするのでしょうか。

四脚歩行器/固定型歩行器(キャスター無しタイプ)などは比較的安価なものが多く1万円以下で購入できます。キャスター付きのものになると1万円を超えるものがほとんどで、モーター式で高性能タイプともなると10万円を超えてくるものもあります。

基本的に歩行器は介護保険が適用されレンタルという手段も可能な介護機器です。購入する場合、介護保健サービスの適用対象外となり全額自己負担になりますので、使用する頻度や期間なども含め、様々な面を考慮して購入かレンタルかを検討しましょう。

(11)介護保険で安くなる場合も

福祉用具のレンタルは、基本的に介護保険が適用されます。歩行器もそのひとつで、サービス対象者が介護認定でもっとも軽い「要支援」から、重度の「要介護5」までの全てで適用されます。介護保険を利用した場合、料金は1割負担ですみます。

介護保険というのは所得や市区町村によっても変わってきますが、歩行器のレンタル料は固定型などの購入価格も比較的安いものですと月額数百円程度で利用できます。高性能なモーター式のものでも1,000円を切るなど、介護保険を利用した場合、購入と比べるといかにレンタルが安くて便利かということがわかります。

(12)使用者の状態と使う環境に合わせて、使いやすい種類の歩行器を選ぼう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/232833

歩行器を選ぶ際には、使用者の状態と使う環境に合わせて、使いやすい種類の歩行器を選びましょう。

歩行器は移動・歩行のサポートをしてくれると同時に、歩行の訓練や自宅に引きこもりがちな高齢者の活動範囲を広げてくれます。

いざ歩行器を使うとなったとき、使用者本人だけでなく、その家族や介護者も正しい使い方・選び方を把握しておきましょう。ケアマネージャーがいる場合は、専門家とも相談した上でどの歩行器にするか判断を仰ぎましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!