介護に関わるすべての人を応援します

介護職員へのハラスメント事例集を公表|予防・対応策を参考に環境改善を

最新情報
介護職員が利用者や家族から受けたハラスメントを事例集としてまとめ、厚労省が公表しました。予防・対応策を参考に、より質の高いサービス提供や人材確保へとつなげてもらいたい考えです。
公開日
更新日

29%がハラスメントがあったと回答


出典:https://www.irasutoya.com/

厚労省が、介護職員が利用者や家族から受けたハラスメントの実態をまとめた事例集を公表しました。

記事によると…

 アンケートによると、過去1年間に利用者や家族らによるハラスメントがあったと回答したのは29%。事業別では、訪問看護が42%と最も多かった。老人ホームなどで食事や入浴などの日常生活上の支援や機能訓練などを行う「特定施設入居者生活介護」が39%、訪問介護と介護老人保健施設が36%と続いた。無しの回答は、認知症対応型通所介護が82%で、居宅介護支援が81%、認知症対応型共同生活介護が75%だった。

アンケートは昨年10・11月に行われたもので、約5,500事業所の管理者らから38%の有効回収率が得られています。

担当の変更やフォローなどに苦慮

ハラスメントの対応については、以下のような結果が出ています。

 発生後の対応で苦慮したことを複数回答で聞いたところ、被害を受けた職員に対しては「担当の変更」や「迅速な対応」、「フォロー」など。利用者やその家族らに対しては、「事実関係の聞き取り」や「ハラスメント行為の禁止について理解してもらうこと」が目立った。

事例集では14のハラスメントを紹介、それぞれに「学びのポイント」として予防・対応策も添えられています。厚労省では、これらを参考に、より質の高いサービス提供や人材確保へとつなげてもらいたい考えです。

(記事URL:「介護職員へのハラスメント多発 『ぼったくり』メールも」)

Twitterの反応

ネットの意見

【対策案】
案1. 介護中の様子を可視化する。最低限、音声だけでも。
案2. 常に2人で介護する。

一緒にしちゃいかんのだけど、認知症だったり、強い薬で理性がぶっとんでたり、本当に痛みが強かったり、要介護者も本当にキツい状況にあるケースも多くて。当然家族にも様々な精神的/身体的な攻撃があって。でも「ハラスメント」と言われりゃ当然そうだし、難しい。

意識を変えるだけでは解決にならない、というのが現場を経験している私の本音です。
認知症であっても、ひとりの人間です。社会的、法的に咎められる行為があった場合は、正々堂々とこちら側が「NO」と言えるルールの作成を望んでいます。相手を尊重しているからこそ、ハラスメントのような不道徳な行為をして欲しくない、と思うのです。

周りに素敵なおじいさんおばあさんが居るので、人間性は老いとともに洗練されるのだと思っていたのですが、反対に自己統制能力が衰える人も多々いるということですね。
どこがその分かれ道なのでしょう?
 
さておき、この問題解決には2つの切り口があると思います。
・職員数を増やすなどして職員側の態勢を整える
・なぜハラスメントに走ってしまうのかという被介護者側の心理を理解し、その原因を解消する
 
人手不足ですし、後者ができるなら苦労はないですけど
それがまた難しいですね。
そもそもハラスメントをしている自覚のある人が少ないのでは。

まとめ

介護職へのハラスメントは、利用者の単なる「わがまま」とも取られやすく、なかには被害者自身がそう認識している場合も少なくありません。そういった空気が、よけいにハラスメントをエスカレートさせてしまう一因ともなってしまいます。

まず、どのような言動がハラスメントにあたるのか、そしてどのように対処するのが適切なのか。それらをあらかじめ知っておくことが、状況の悪化や、また発生そのものをふせぐことにもつながるでしょう。

ハラスメントの防止は、介護事業所にとっても環境改善のために欠かせない取り組みとなります。ぜひ、今回公表された事例集にも一度目を通しておいてください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!