介護に関わるすべての人を応援します

札幌市が高齢者施設への巡回接種を開始|接種に行けない入所者を対象に

最新情報
札幌市が、まだワクチンを接種できていない高齢者施設の入所者を対象に、巡回接種を開始しました。6月中に27施設への巡回を実施する予定で、7月以降はさらに体制を強化、対象施設の拡大なども検討していきたいとしています。
公開日
更新日

6月中に市内27施設で実施予定

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1564944

札幌市が、医師などを確保できない高齢者施設を対象に、新型コロナワクチンの巡回接種をはじめました。

記事によると…

札幌市白石区のグループホームでは入所者17人と職員が1回目の接種を受けました。
 
札幌市では6月中に市内27の高齢者施設への「巡回接種」を実施する予定です。

これによって、接種の加速を目指す考えです。

7月以降はチームの増強も

巡回接種は、その後もさらに体制を強化していく予定です。

札幌市は7月以降、派遣する医師や看護師などを2チームから5チームに増やし、体制を強化することにしています。

対象施設も、現在の高齢者施設から拡大していくことを検討しています。

(記事URL:「高齢者巡回接種スタート 要員確保できない施設対象 新型コロナワクチン接種加速」)

Twitterの反応

ネットの意見

うちの高齢者施設では、ワクチン接種について、大分前から接種方法について、再三問い合わせをしていました。
行政からも、名簿提出、希望接種方法など、調査は来ていましたが、その後連絡がなく、接種の見通しがみえなくて、再度、問い合わせ。道に市に、それぞれの部署で、たらい回しになりました。
そこで、巡回型を希望していたところ、体制が整うまで待って下さいといわれました。しかし、そのうち集団接種が始まると報道され、また、問い合わせたところ、巡回型は見通しが経たないから、独自に動いてくれと言われました。
 
これ以上、待つことは難しく、何とか、接種出来るようにこぎつけ、今週からようやく接種です。
札幌市は対応が甘く、全てが遅く、情報伝達もなっていません。ほんと、今更です。

予約枠が空いてるとか、個人病院での接種誰も来ないとか、施設があるのに今やっと出向いてる札幌って遅いよね。これだけクラスターいつもあるのに

接種率を上げることに必死のアメリカでは、職場に接種バスが巡回する、人が出かけそうな球場やビーチで接種する、ドラッグストアの一部エリアを解放する(日本で言うとマツキヨの一部が接種エリアということでしょうか)、公民館に近隣の人が呼びかけて集まり接種するなど様々な取り組みがなされていますが、高齢者が対象なのに大手町に大規模接種センターとなると、元気で大手町まで出かけられる方々が対象ということですよね。
 
日本は献血や健康診断などバスでの訪問体制があると思うので、その様な機動的な施設も活用して、遠方の接種に気が乗らない、もしくは身体的に難しい方々のニーズにも合った仕組みを提供して頂きたいですね。

1カ所に集めたり、クリニックに限定するから問題になる。田舎では巡回販売カーがあるくらいなので、医療従事者も同乗し、ワクチン冷凍設備がある巡回接種カーが、順次回っていく接種があってもいいと思う。
接種後の副反応の対応で30分程度は医師と連絡出来る事が必要と思うが、接種後クルマで、医師の方は、しばらく待機していただく必要はあるかもしれない。

まとめ

予約の空きが目立つようになってきたワクチン接種ですが、なかには打ちたくても病院や会場におもむくことのできない、あるいは出かける気になれない高齢者や障害者の方も少なくないと思われます。

そうした人たちにとって、今回のような巡回接種はとても助かる試みとなるでしょう。ほかにも、自治体によっては、ワクチン接種バスや自宅訪問などの工夫を行っているところもあります。

ワクチンの最大の目的は、重症化リスクの高い人を守ることにあります。そのような接種希望者が、一人でも取り残されることのないよう、さまざまな方法を検討していってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!