介護に関わるすべての人を応援します

98%以上の自治体が7月末までに高齢者の接種完了見込み|遅くとも8月中にはほぼ終了

最新情報
全国の自治体のうち、98.7%が高齢者向けの新型コロナワクチン接種 を7月末までに完了見込みであることが分かりました。残りの地域でも、21の自治体が8月中の完了を見込んでいます。
公開日
更新日

1,718の自治体のうち98.7%が完了見込み


出典:https://www.photo-ac.com/

高齢者向けの新型コロナワクチン接種で、7月末までに98%以上の自治体が完了見込みであることが分かりました。

記事によると…

総務省と厚生労働省が、全国1,741の自治体を対象に行った調査によると、高齢者向けのワクチン接種を政府が掲げる7月末までに終了する見込みだとしたのが、1日時点で1,718の自治体、全体の98.7%となった。

これは、5月21日時点の調査より102カ所増えていることになります。

42府県で100%終了見込み

地域ごとに見ると、以下のような結果が出ています。

都道府県別に見ると、北海道、秋田、福島、埼玉、東京を除いた42の府県で、終了を見込む自治体の割合が100%だった。

残りのうち、21の自治体が8月中に、2つの自治体が9月以降の完了を見込んでいます。

(記事URL:「高齢者ワクチン接種 7月末までに98.7%完了」)

Twitterの反応

ネットの意見

ただ政府を批判するつもりはないが…
 
「政権肝入りだから」できるはずのない見込みを発表している自治体がないかちょっと気がかりではある。群馬県太田市が国から直接電話で見込みを前倒しするよう求められたと暴露していた話題もあったし。
 
あと1自治体が終わらないといっても人口数百人の離島の島と、350万人以上を有する横浜市では全体の接種状況に対する影響は異なる。地名は上げられないとしてもどれぐらいの人口の自治体が終わらないのか知りたい。

身内が埼玉北部の小さな町で、5月3日に予約が取れたが、2回目は8月30日と決まったとのこと聞いて呆れてました。このニュースを見て変更になったかを確認したところ、1ケ月以上前倒しの変更があったとの事です。
そもそも、自治体という組織は、やれば出来ることもじぶんからはやらない組織ですので、強いリーダーシップで引っ張る事は重要な事でしょう。

「完了」の定義が曖昧で、「1回でも接種したら」「辞退者を想定して6割接種したら」など、ローカルルールが横行しているという記事を見かけたが、信じて良いのだろうか?
あと、接種対象者数ではなく自治体数だと、人口密度によるばらつきが気になるけど。

もともと全員が接種する必要は無いから十分じゃないかな?
重症者は減少もしくは横ばいに落ち着くだろう

まとめ

接種の完了については自治体によって定義が異なり、ある程度の割合で「完了」とする地域もあります。また、人口に対する割合でないことや、そもそも希望者のみを対象としていることから、「高齢者への接種完了」はあくまで目安ととらえておく必要があるでしょう。

それにしても、以前とくらべ7月末までの完了見込みが大幅に増えていること、また各地での予約がスムーズになっていることなどからも、政府が目ざすスピード化は着実に進んでいることがうかがえます。

もともと、ワクチン接種は集団免疫が目的のひとつでもあり、ある程度の割合を達成すればそれだけで大きな改善を期待できるものです。一日も早く多くの高齢者が安心できるように、このペースで希望者への接種をすみやかに進めていってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!