介護に関わるすべての人を応援します

レンタカー会社がワクチン接種カーを貸出|外出困難な人の自宅や介護施設への出張に

最新情報
キャンピングカーレンタルの「ジャパンC.R.C.」が、移動型ワクチン接種カーの貸出をはじめました。車内には、ワクチン保管用の冷凍庫や医療機器などを搭載。外出困難な人の自宅や介護施設への出張も可能となります。
公開日
更新日

東京都23区内の自治体で提供

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1285674

キャンピングカーレンタルのジャパンC.R.C.が、キャンピングカーをベースとした移動型ワクチン接種カーの貸出をはじめました。

記事によると…

ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(ジャパンC.R.C.)を運営するキャンピングカー株式会社は4月21日、シミックソリューションズと共同で、キャンピングカーをベースとした移動型ワクチン接種カーの貸出を東京都23区内の自治体に向け開始したと発表した。

国内ではワクチン接種の遅れが目立っており、スピード化がのぞまれています。

施設から離れたスペースで感染対策も

車内にはワクチン保管用の冷凍庫や医療機器などを搭載、ベンチレーターで換気を行うこともできます。シェードを閉じれば、周囲の目も気にする心配はありません。

この移動型ワクチン接種カーを活用することで、外出が困難な人の自宅近くや入居施設(高齢者介護施設など)への出張型ワクチン接種を実現する。また、ワクチン接種スペースがない場合でも、駐車場を借りての接種も可能。施設内から離れた所でワクチン接種を行うことで、密を避け、感染拡大のリスクを軽減する。

このような民間によるこころみが、ワクチン接種の普及にひと役買ってくれることを期待したいです。

(記事URL:「キャンピングカーによる『移動型ワクチン接種カー』都内で運用開始…高齢者施設などへ出張」)

Twitterの反応

こんばんは
コロナウィルスのワクチン接種場所に個別接種と言うことでキャンピングカーが注目されてます。

ワクチンを入れとく冷蔵庫もあるし、気分が悪かったらベッドもあるし私もキャンピングカーでワクチン摂取したいです。 pic.twitter.com/n1QIos8QDQ

— ケンチクリン (@KenichiYokoya) February 8, 2021

集団接種の訓練、自分の地域でもシュミレーションしてた
場所はともかく人員確保が問題になってた
キャンピングカーで移動型ワクチンカーはアイデアだね#newszero

— hinako05 (@hinako051) February 1, 2021

移動型のワクチンカーが1番接種会場として、賢いよな!

— kmd'd (@ttxtjaja) February 1, 2021

今テレビでキャンピングカーがワクチン接種会場に早変わり、って特集始めてる
献血の車も利用できそうじゃない????
イベント減ってるから出番少なくなってるらしいし

— ランチョンマッギョϵ(⊙θ⊙)϶お肉食べたいのぉ! (@Homo_Gami) February 22, 2021

キャンピングカー コロナワクチン接種会場にするって…  使ってない献血車とか集団検診用の車とか活用した方が使い勝手良いのでは??  

— プロ子 (@bisco5001) February 16, 2021

ネットの意見

高齢者介護施設に行ったら入居者らはほとんど車いすです。
摂取カーに車いすのリフトとかあるのだろうか。

寝たきりで移動が困難な方って沢山いると思うけど、医師や医療設備の整わないところで、副反応が起きるリスクもあるから、できれば正規のワクチン接種場所(医療施設)に搬送する方法を優先して検討してほしい。とはいえ、そういった方が大量に入所してる場所だと、こういった車も必要なんでしょうね。その場合でも、医師を派遣し、万全の態勢で臨んでほしいです。

看護師や医師が定期的に訪問する施設なら、勤務日に接種すればいい。

まとめ

新型コロナの感染経路としては、依然として介護施設が高い割合を占めています。入居者は重症化リスクも高く、またクラスター化しやすい環境条件がととのっていることも大きな問題といえるでしょう。

これらの点から見ても、コロナの被害を最小限におさえるには、何より施設内の高齢者へのワクチン接種が重要となります。

政府の対応がとどこおりがちななか、今回のような民間の取り組みがそれをカバーしていくことはとても大きな意味を持ちます。多くの人の協力により、一刻も早く接種が進んでいくことを期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!