介護に関わるすべての人を応援します

今年度から新設の「自立支援促進加算」とは?|寝たきりをふせぐ取り組みを促進

最新情報
今年度の介護報酬改定から、あらたに「自立支援促進加算」が創設されました。特養・老健・介護医療院が対象で、要件を満たすと利用者1人につき300単位/月を算定できます。これにより、廃用や寝たきりをふせぐ取り組みをうながしたい考えです。
公開日
更新日

要件となる4つのプロセス


出典:https://www.irasutoya.com/

今年度の介護報酬改定で、あたらしく「自立支援促進加算」が創設されました。

廃用や寝たきりをふせぐ取り組みをうながすもので、特養・老健・介護医療院を対象に、利用者1人につき300単位/月を算定することができます。

要件のアウトラインとなるのは、以下の4つのプロセスです。

記事によると…

1. 医師が入所者ごとに、自立支援・重度化防止のために必要な医学的評価を行う。その後、少なくとも6ヵ月に1回の頻度で医学的評価の見直しを行うとともに、自立支援に関する支援計画の策定に参加している。
 
2. 医学的評価の結果、特に自立支援・重度化防止のための対応が必要だと判断された入所者ごとに、多職種共同で「支援計画」を策定する。その支援計画に沿ったケアを実施していく。
 
3. 医学的評価に基づき、少なくとも3ヵ月に1回の頻度で入所者ごとに支援計画を見直していく。
 
4.  新たなデータベース「LIFE」へ、医学的評価の結果など関連情報を提供してフィードバックを受け、計画の見直しにつなげるなどPDCAサイクルを回していく。
 
* LIFEへの情報提供は、加算を算定し始める月の翌月10日までに行う。情報提供の内容などを含め、詳しくはLIFEの通知で規定されている。

改定の解釈通知では、要件の趣旨についてくわしく説明されています。

支援計画の考え方

医学的評価と支援計画に用いる様式は、こちらからWordファイルでダウンロードすることができます。
 
支援計画については、以下の考え方に沿って実施していくことが示されています。

○ 寝たきりによる廃用性機能障害を防ぐために、離床、座位保持、立ち上がりを計画的に支援する。
 
○ 食事は本人の希望に応じ、居室外で、車椅子ではなく普通の椅子を用いるなど、自宅などでの従前の暮らしを維持できるようにする。食事の時間や嗜好などへの対応も画一的ではなく、個人の習慣や希望を尊重する。
 
○ 排せつは、入所者ごとの排せつリズムを考慮しつつ、プライバシーに配慮したトイレを使用すること。特に多床室では、ポータブルトイレの使用を前提とした支援計画を策定してはならない。
 
○ 入浴は特別浴槽ではなく一般浴槽とし、回数やケアの方法も個人の習慣、希望を尊重する。
 
○ 生活全般にわたり、入所者本人や家族と相談し、可能な限り自宅での生活と同様の暮らしを続けられるようにする。
 
○ リハビリテーション、機能訓練の実施については本加算で評価するものではないが、医学的評価に基づき必要な場合は、入所者本人や家族の希望も確認して施設サービス計画の見直しを行うこと。

ほかにも改定のQ&Aでは、以下のような指針が示されています。

  • 感染症などで特別浴槽が必要と判断した場合は、本人・家族に説明したうえで実施する
  • 既存の入所者でやむをえず入所時の情報を提出できない場合も、算定することはできる

(記事URL:「【まとめ】介護施設の自立支援促進加算、通知で分かった詳しい算定ルールは?」)

スタッフの勤務体系などを改善するとより効率的に支援に徹することができるかもしれません。

介護施設で業務改善の方法についてはこちらの記事をご覧ください。

Twitterの反応

月300単位の大型加算、どのくらい算定されるか注目です 

【まとめ】介護施設の自立支援促進加算、通知で分かった詳しい算定ルールは?https://t.co/hHd9vTNCtu

— まじめな所長 医療介護データ研究所 (@iryokaigodb) April 14, 2021

施設だって時間と人手がありゃ自立支援に繋がるケア出来るよね。
例えば在宅なら、マンツーマンで30分以上の入浴介助が出来る。
これだけ時間ありゃ届くとこは自分で洗うとか更衣介助出来るだけ自分でやるとか、設備の不備を計算に入れても自立支援出来るのよ。

— りーせん (@Lysenn0601) February 15, 2021

排泄加算とかさ…そりゃ特養利用者は歩行器と車椅子いったり来たりするし、終日オムツからトイレ行けるようになったりもする。しかし書類が面倒だし、それに見合った加算ではない。 https://t.co/wUi9fsCqmb

— ☆あやうぇぶ☆ (@ayawave88) February 19, 2021

ペーパーレスな時代に逆行して書類増やすの好きやなぁ https://t.co/Hl66qQTm2v

— ナナイロ@木蓮 (@harinezumin77) January 28, 2021

ちなみに特別養護老人ホームは年々値上がりしてるので年金だけでは払えません。

2021年4月介護報酬改定。目玉は「自立支援促進加算」300単位 - ケアマネ介護福祉士のブログ / https://t.co/hkuUyp0wNN

— 【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) January 25, 2021

自立支援促進加算...
一般浴ってのを「湯舟」想定なのが
いかにもJapanese的。
シャワー浴は欧米では普通。
入浴は一般浴槽での入浴という定義も
Youからすると⁇でしょうね。

— 介護老人保健施設ケア・スポット梅津 (@carespotumezu) April 2, 2021

まとめ

今回の加算は1人あたり300単位/月と非常に大きな算定となり、その行方に注目している施設も多いようです。

しかし、現場の意見に目を向けてみると、その内容が現状にはそぐわない、あるいはコストに見合っていない、などといった認識も目立ち、実際にどこまで定着するかは不透明です。

いずれにしても、財源不足や人手不足などを理由に、今後も政府が「自立支援介護」により重点を置いた施策を取っていくことはほぼ間違いありません。その点もふまえ、今回の加算についてはしっかり目を通しておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!