介護に関わるすべての人を応援します

全国老施協がICT導入支援・補助金制度の動画をリリース|「ロボット・ICT活用」ページもリニューアル

最新情報
全国老施協が、ICT導入支援に関する動画をリリースしました。動画では、補助金制度などについて詳細な解説をしています。公式サイトの「ロボット・ICT活用」ページとあわせ、導入の参考としてください。
公開日
更新日

ICTの活用や補助について解説


出典:https://www.photo-ac.com/

公益社団法人「全国老人福祉施設協議会」が、ICT導入支援・補助金制度に関する動画をリリースしました。

その内容は、以下のとおりです。

記事によると…

1.介護現場におけるICTを始めとするテクノロジー機器の効果的な活用に向けて

2.生産性向上に資するガイドライン

3.介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム

4.地域医療介護総合確保基金等を活用したICT・介護ロボット導入支援

5. 必要書類・導入計画書の例(愛知県)

6.地域医療介護総合確保基金等を活用したICT・介護ロボット導入支援

7.令和2年度の各県の募集状況(大阪府・東京都)

8. IT導入補助金

その他. 補助の対象となる中小企業・小規模事業者等、導入補助金事例

動画はこちらから確認してください。公式サイトのこちらのページからも視聴できます。

また、介護施設でのICT導入について詳しくはこちら

介護ロボットや「LIFE」の活用情報も

全国老施協の公式サイトでは、ほかにも「ロボット・ICT活用」ページをリニューアル。以下のような情報を発信しています。

●ロボット・ICT 活用ページ

全国老施協HP(トップページ)>役立つサービス>ロボット・ICT活用ページ

URL:https://gyutto.site/SIfl

●(参考情報)LIFE活用ポータルページ

全国老施協ホームページ(トップページ) ⇒ 【バナ―】Topics介護報酬改定ポータルページ ⇒ 【ボタン】LIFE活用ポータルページ

URL:https://gyutto.site/5YPl

それぞれ、導入の際にはぜひ確認してみてください。

(記事URL:「全国老施協 介護現場におけるICT導入支援・補助金制度の動画・ページをリリース」)

Twitterの反応

#介護保険制度改正2021
皆さんの見解教えてください!居宅介護支援Ⅱ算定のためのICT導入というICTとは何を指すかわかる方いますか?
介護ソフトでCSVを使えるからって要件をみたしてるとは言わないですよね?クラウドタイプの介護ソフトでタブレット端末を使う様な事でしょうか 通達はみましたが…

— ベール (@TVCw2bRKN5wIlw6) March 30, 2021

介護現場はICT導入が進んでないけど、これからは間違いなく進みます。特に2024年が大きな転換期となるかな。
国としては、データバンクを使った科学的介護を推進したいし、2021年でも進めるような報酬改正になっている。
今後は、減算などもあり得るかも。

— 社会福祉士A(32)ケアマネ/大学講師 (@ak_daigaku) February 16, 2021

3年前に紙から記録をタブレット入力、タイムカードをシステム化など進めた時は必要性はわかるけど紙が良いとみんな言っていたが、今やみんなからこんな介護記録システムがよいです!とか介護ロボット導入に積極的だったりする。
半強制的にうちの法人の時間を進めてみてよかった。

— 彌一勲|Kazuhiro Hisashi (@hisashik10) April 12, 2021

ICT導入が最も遅れていると言われる医療介護分野

僕の会社ではチャットツールなど少しずつ現場で活用中

徐々にスタッフ間のコミュニケーションが活性化している実感があります

雑談含めた会話が生まれるだけでも、仕事って楽しくなりますね‼︎

— 宮本ひかる☝︎自立支援OT (@trikky0917) March 8, 2021

ネットの意見

介護業界は全業界ダントツでICT化が遅れていると感じていますが、その理由は「ICT化への反対派」多いことです。反対派の存在はアンケート調査からも明らかですが、特に40代女性に頭を悩ませる介護事業所は多いこともわかりました。もう反対している場合じゃないと思うんですけどね・・・。

飲食・接客分野にまず入るらしいが、
介護ロボットも同じようにできるだろうか。
導入支援や定着支援が必要なのは百も承知だが、
そのコストを施設さんが100%払うイメージは付かない。
補助金?どこまで出せるかなぁ。
導入支援の費用を誰か払うのか問題を、いい加減決着つけたい。

少子高齢化&人口減少の日本こそ、
宅配ロボや介護ロボなどのサービスが
今後必要になってくるなぁって思う。
日本のロボット×AIなどIT企業の革新が
日本には必要だと思うけど…
海外企業にやられちゃうのかなぁ…泣

介護ロボットも群雄割拠になってきた。
特に「強みをずらす」は重要なポイント。
人感センサーは山のように出てしまっているが、まだ現場のニーズにドンピシャではない。
まだ新しい強みの軸を追加できるはずだ。

まとめ

今後むかえる超高齢社会において、ICT・ロボットの導入は欠かせない課題といえるでしょう。

しかし現状では、まずどのように導入すればよいか分からない、導入してもうまく活用できずかえって現場の負担が増している、などといった話も聞こえてきます。

そういった悩みをかかえている事業所では、ぜひこちらの情報を参考にしてみてください。今後も同様の支援が広がり、ICT・ロボットの普及が進んでいくことを期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!