介護に関わるすべての人を応援します

看護師の日雇い派遣を4月から緩和|コロナ対応に追われる介護施設の声を受け

最新情報
介護施設への看護師の日雇い派遣が、4月から認められるようになります。これにより、仕事から離れていた看護師でも、柔軟にはたらきやすい環境をつくっていく狙いです。コロナ対応では介護施設でも看護師が必要となるケースが多く、以前から規制緩和をもとめる声があがっていました。
公開日
更新日

復職しやすい環境づくりがねらい


出典:https://www.photo-ac.com/

厚生労働省が、看護師の日雇いでの派遣を認めることを決めました。

記事によると…

厚生労働省は介護施設や障害者施設へ看護師を日雇いで派遣できるようにする。子育てなどで仕事から離れている看護師が柔軟に働ける環境作りを加速する。

これにより、介護現場での人手不足などを解消したい考えです。

規制緩和の適用は4月から

今回の方針は、現場からの意見を受け決められました。

新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急で看護師が必要となるケースが多い介護施設から規制緩和を求める声があがっていた。政令を改正し、4月から適用する。

きびしいコロナ対応がつづくなか、その適用をのぞむ現場も数多くありそうです。

(記事URL:「看護師、介護施設への日雇い派遣可能に 4月から」)

Twitterの反応

【看護師派遣・日雇い派遣】を
条件付き解禁、今春施行で調整とのこと

コロナの影響もありますが
多様化するライフスタイルに合わせた
働き方は今後どの職種にも影響しますね #看護師派遣#厚労省

厚労省ホームページより
https://t.co/RKFxdeMRYm

— ファーストステップ@採用 / 広報【公式】 (@recruiter_fs) February 3, 2021

マジでか・・・4月から開始とはすぐだなぁ。 https://t.co/on6GfSGKSA

— 難波津の蟹 (@RideRead) February 18, 2021

働き方が多様になるのは、色んな事情がある看護師さん達が働けて、人手不足の介護現場にとっても人材確保出来て良い一歩。
あとは日雇い派遣で人がころころ変わっても常勤者が困らない様に、受け入れる側もシステム作りして欲しい。介護と介護の線引きとか、日雇い派遣にはここまでしかさせない、とか https://t.co/U4nIfQiMdG

— そらたん⭐︎ナースほっこりTIME☆彡 (@SORATIME3) February 10, 2021

社会福祉法人への看護師の日雇い解禁。

へぇー、今までダメだったのね。
色んな老人施設で単発看護あるからわからなかった。

でも田舎は単発看護ないもんな~。

— PYJ看 (@pyj75606729) February 17, 2021

チーム医療に支障を来たす看護師の日雇い派遣は原則禁止されていますが、厚生労働省は、社会福祉施設等への看護師の日雇い派遣を解禁しようとしています。看護師の雇用を不安定化し、労働条件を引き下げるための蟻の一穴です。看護師の日雇い派遣解禁を食い止めなければなりません。

— 関根秀一郎 (@shusekine) January 9, 2021

ネットの意見

人材不足と医療連携。
難しい問題ですね。

一時的におやすみをし、不足した施設へ送るということでしょうか?
正直、看護師が日雇いできても、現場も利用者も混乱しかない。
長く継続を基本とした上で日雇い派遣のイメージなのかな?

施設として単価が下がれば需要あるだろうけど。
少し内容は違いますが、令和新撰組の議員さんは、専門だと思うので何かしら意見を聞いてみたいですね。

議員さんもみんなが施設に行くわけじゃないけど、順序的に可能性があるんで、真剣に考えないと、もし施設に入れば。。。

喜ぶのは、正規雇用せずに必要最低限の頭数が確保できるメリットがある施設運営者。あと、特殊職だから少し普通の派遣より高レートでボッタくることができる派遣会社。

困るのは、毎回毎回初対面の人と連携しないといけない現場スタッフ。

そして、結果的に福祉・介護分野で非正規ワーキングプアが量産される可能性があるというのも、問題。人手不足から社会問題にランクアップしそう。

そもそも資格取ってまで日雇い希望するような人、いるんですかね?しかし、よく分からないなぁこれ。介護福祉職のステータス低下や、希望者減少を加速しそうな気がします。

個人的には、これはNO!

まとめ

看護師の日雇い派遣が原則禁止となっているのは、2012年に施行された改正労働者派遣法を受けてのことです。今回の方針はそれをくつがえすもので、いかに現場からの声が切実であったか、ということがうかがえます。

しかし、コロナへの対応で看護師が人手不足となっているのは医療現場も変わりません。今回の規制緩和がどれほど効果的なものとなるかは、適用後にどう変わるかを確認していく必要がありそうです。

その状況に注目しつつ、少しでも現場の負担軽減につながることを望みたいです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!