介護に関わるすべての人を応援します

厚労省がコロナ感染者に訪問介護を提供するよう通知|人手不足になやむ現場からは不安の声も

最新情報
新型コロナによる病床の逼迫で、介護を必要とする高齢者が感染後も入院できないケースが出ています。これに対し、厚労省は訪問介護などのサービスを引き続き提供するよう通知しました。現場からは、人手不足などで対応には限界があるとの声も上がっています。
公開日
更新日

賃金の割り増しや手当などの助成を用意


出典:https://www.irasutoya.com/

新型コロナに感染した場合、高齢者は入院することが原則となっています。しかし、病床が逼迫している地域ではそれができず、自宅などで療養している人も出ています。

これに対し厚労省は、ひとり暮らしなどで介護を受けられない高齢者については、引き続き訪問介護などのサービスを提供していくよう通知しました。

記事によると…

通知では訪問時間を可能なかぎり短くして手洗いやマスクの着用などを徹底し、体調が悪化した場合は速やかに自治体に連絡するよう求めています。

また、訪問できない場合には保健所やケアマネージャーなどに相談して代わりの事業所を確保することとしています。

感染した高齢者に訪問介護のサービスを提供する場合は、割り増し分の賃金や手当に加え、同行した看護師の人件費などについても助成を受けられるということです。

厚労省は、国の支援策を活用しながら地域で連携してあたってほしいとしています。

感染後の対応にも支援が必要

この通知には、現場からとまどいの声も上がっています。

ヘルパーでつくる「日本ホームヘルパー協会」東京都支部の清村幸弘会長は、「感染した高齢者を訪問したヘルパーは、感染を広げないようほかの利用者への訪問を控えなくてはならず、より多くのヘルパーが必要になる。高齢者の生活を守りたいという使命感はあるが慢性的な人手不足に悩まされている中で人材を確保するのは難しく、事業所で対応するには限界がある。また、ヘルパーを感染から確実に守るのはもちろん、感染してしまった場合の対応も含めて国や自治体にはきめ細かく支援してほしい」としています。

国には、介護サービスを維持していくためのさらなる支援がもとめられそうです。

(記事URL:「要介護の感染者にも訪問介護継続を 全国の事業者に通知 厚労省」)

Twitterの反応

今朝のニュースで一番驚いた!
ホントなら訪問系事業所のヘルパーさんたちも優先接種にするのがセットちゃうんかな?

要介護の感染者にも訪問介護継続を 全国の事業者に通知 厚労省 | NHKニュース https://t.co/hhPKh27nuN

— ちょっとひといき@田中 (@JaCMO_tanaka) February 9, 2021

要介護の感染者にも訪問介護継続を 全国の事業者に通知 厚労省 | NHKニュース https://t.co/Yjp32wuqc8 感染した高齢者に対し、感染対策が必ずしも十分とは言えないヘルパーに訪問をさせるなんて。そうでなくてもヘルパーは感染を怖れて辞める人が増えている現状を国はなんと考えているのか?

— hide (@hideo1105) February 9, 2021

ネットで知るって。なんでも「ケアマネに相談して…」はやめてくれ。受け入れてくれる事業所があるわけない。
まず自治体単位で対応事業所確保してから通知を出してくれ。こんなのみたらみんな整備されていると勘違いする。これに謝るのもいつもケアマネ。https://t.co/gT9bXOiuSN

— ゆこ (@tanigu0805) February 9, 2021

感染しても入院できない高齢者、今後さらに増えるだろうな。
訪問看護のニーズもますます上がるだろうから、震災の時みたいに訪問看護ステーション開設の人員基準を、一時的にでも緩和できないものかな?  https://t.co/5pyo0FvSch

— 訪看のえんどう (@houkan_endo) February 9, 2021

今更の報道とも取れます…
昨年春から厚労省から介護現場への通達は似たり寄ったりの内容です。
訪問介護事業は人手不足で閉鎖が続いてるし、職員の平均年齢が60代ってこともよくあります。

— Ma. (@Ma92493358) February 9, 2021

ネットの意見

こちらが記事基の通達です。
お願いを連発しながらも、最後の(参考)で本音が見えるあたりが残念。

【介護保険最新情報vol.920】
https://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2021/0209104601239/ksvol.920.pdf

訪問介護のヘルパーの平均年齢は58.7才、60才以上は51%
(全労連 介護労働実態調査)

現場には若い人は少なく、重症化リスクの高い70、80代のヘルパーも多い

訪問介護は働き手の若返りが必須

こういう究極の選択をしていくばめんがにほんには場面が日本には長期的にも増えていくんだろうなと思いました。 介護現場の皆さんありがとうございます。

まとめ

今回の厚労省の通知については、現場からも不安や不満の声が大きく目立っています。

感染拡大のリスクもほとんど考慮されておらず、これでは単に医療体制をととのえず放置してきたツケを、訪問介護に回しているだけだと映ってしまうこともあるかもしれません。

経済的支援はもちろんのこと、コロナ以前から課題となっていた人手不足の解消など、現場の改善策も同時に打ち出していく必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!