介護に関わるすべての人を応援します

老人福祉・介護事業の倒産数が過去最多に|介護報酬改定次でさらなる増加も懸念

最新情報
老人福祉・介護事業者の倒産数が、介護保険法施工以来最多となりました。新型コロナによる影響が大きく、これまで支援で踏みとどまっていた事業者からも経営意欲が失われつつあります。来年度の介護報酬改定の内容次第では、さらなる増加も懸念されそうです。
公開日
更新日

倒産数の半数近くが訪問介護事業


出典:https://www.photo-ac.com/

2020年の老人福祉・介護事業の倒産数が12月2日までに112件となり、介護保険法が施行されて以降最多となりました。

記事によると…

 ヘルパー不足が続く「訪問介護事業」が52件(構成比46.4%)と半数近くを占めた一方、デイサービスなどの「通所・短期入所介護事業」が36件(同32.1%)と増加した。
 従業員5人未満が75件(同66.9%)、負債1億円未満が90件(同80.3%)と、小・零細事業者を中心に推移している。

今後1ヶ月の間に、さらなる増加も見込まれそうです。

11月から新型コロナ関連の倒産が急増

なかでも、新型コロナ関連の倒産はその急増ぶりが心配されます。

 国や金融機関などの新型コロナ支援で踏みとどまり、新型コロナ関連倒産は10月までに累計3件にとどまっていた。しかし、11月単月で4件と急増し、全体の件数を押し上げた。コロナ支援効果が薄れ、介護業界でも息切れの兆しがうかがえる。
 なお、2020年1-10月「老人福祉・介護事業」の休廃業・解散は406件で、2カ月を残して2019年通年(395件)を2.7%上回った。新型コロナの影響や人手不足などで先行きが見通せず、廃業を決断するケースも増えており、休廃業・解散も年間最多の2018年(445件)を大幅に上回る可能性が高い。

追加支援や介護報酬改定の内容次第では、来年以降の倒産数にも大きな影響が出そうです。

(記事URL:「介護倒産が年間最多を更新、休廃業・解散も過去最多へ」)

Twitterの反応

訪問介護事業は、ほんとうに難しいからね  
これだけ、ヘルパーさんや介護士さんがたりないのに、うちはうち、よそはよそって介護事業所あちこち建てても意味ないのにね
(´~`)

介護倒産が年間最多を更新、休廃業・解散も過去最多へ(東京商工リサーチ)#Yahooニュースhttps://t.co/fOs0FgVPN8

— 西夏 (@seikanosoraaoku) December 3, 2020

システムの再構築が必要なのでは。
介護倒産が年間最多を更新、休廃業・解散も過去最多へ(東京商工リサーチ) https://t.co/ZedmBAqDQC

— 彌一勲/Kazuhiro Hisashi (@hisashik10) December 3, 2020

M&A会社に相談して欲しかったなぁ。訪問介護もデイサービス積極的に継承したい会社もあったのになぁ。

「介護倒産が年間最多を更新、休廃業・解散も過去最多へ」https://t.co/tTBQ47lK0b

— 酒詰和幸 (@m_mtpc) December 4, 2020

提供体制という点では、「介護」は「医療」以上に深刻な状況です。
12月初旬で すでに年間の倒産件数が過去最多となりました。
医療と介護は一体であり、介護が崩壊すれば 確実に医療も崩壊します。

介護倒産が年間最多を更新、休廃業・解散も過去最多へ(東京商工リサーチ)https://t.co/D6CqzWZKzs

— 笛吹き男 (@whistleblowman) December 3, 2020

ネットの意見

これが現実。
介護福祉関連の記事が出るとよく雇用者の給料は薄給で
経営者だけが儲けていると言われているが、
雇用者の為の加算部分の報酬は年々上がっているが、
それ以外の通常報酬単価は据え置きもしくは削られているのだから
経営者側もない袖は振れない状態。

介護業界の破綻は、「遠からず訪れるはずだった未来が、コロナで、ちょっと早まっただけ」だと思う。

介護職は薄給だから、良い人材が集まりにくい。国民の「介護という仕事に対する理解」が不十分だったり、間違っているから、こういうことになる。

「誰でもできそう」に見えるかもしれないが、誰でもができる仕事ではないし、間違っても「単なる下の世話」な仕事ではない。ハイレベルな仕事をしようと思ったら、相当勉強が必要。医学、心理学、福祉学、機械工学の基礎とかも。

団塊の世代がどっぷり要介護になるのに、あと5年ほど。団塊ジュニアは以下の世代は、昔ほど大人数兄弟ではないので、両親の介護問題は、一人っ子や、せいぜい2人兄弟にのしかかってくる。

これが、老人にばらまいて集票してきた政党が目指した「美しい国」の姿。

コロナ過の中でも職員は一生懸命に働いています。
国が規模の小さい事業所でも運営できるような制度にしないため、小規模なところが倒産するのは当然です。 国はそれを望んでいるようにも思います。

それと、介護職は人間性の高い人でなければつとまりません。
テレビや新聞の無責任な報道だけを見て、給与が安いだの厳しい、汚いなどとマイナスなことを言うのはやめてもらいたい。
私たちは皆、プライドを持って働いています。

在宅サービスの需要は低下していないです。
むしろ、コロナ禍の影響で心身機能低下に伴い、介護保険申請をする人は増えています。個人的には、職員の人員不足に伴う休業・廃業が増えていると感じています。後は感染拡大防止に係る諸経費が重い。

信頼しているショートステイ施設は、ショートステイ利用者全員にPCR検査を利用当日に受けた後受け入れています。
費用は施設が全額負担です。

次期改定は『コロナ禍で国民の生活が苦しいため』という理由で、報酬上昇は見込めない。過剰な規制やらプレッシャーやらの負担をかけられ、現場は疲弊しまくっています。

ほんと深刻です…。

まとめ

現時点でのコロナ関連倒産は、それほど多いわけではありません。

しかし、コロナ対策による事業者の苦境はあきらかで、現状はむしろその背後に大量の倒産予備軍をかかえていることのあらわれだ、と見るべきでしょう。ここで歯止めをかけなければ、来年以降一気に介護崩壊へと向かうおそれすらあります。

行政による追加支援策や介護報酬改定ももちろん重要ですが、それだけでは持続可能な体制を保つことはむずかしいでしょう。今後のあらゆる感染症の流行にそなえ、より柔軟な対策のあり方についても一考していく必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!