介護に関わるすべての人を応援します

介護事業所への慰労金の支給率は72%|いまだ多くの職員に行き届かず

最新情報
自治体から支給されるはずの新型コロナの慰労金が、4分の1以上の介護事業所に行きとどいていない実態があきらかとなりました。慰労金はすべての介護職員が受け取ることができ、現場からはその遅れを指摘する声も上がっています。厚労省では、都道府県に対し個別に支給をうながす考えを示しました。
公開日
更新日

4分の1以上の事業者に支給されず

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/337592

厚労委員会の質疑応答で、新型コロナ慰労金の支給の遅れがあきらかとなりました。

記事によると…

申請のあった事業所に対して既に支払った割合は、10月末時点で介護分野が72%、障害福祉分野が76%だという。この日の衆院・厚労委員会で、立憲民主党の白石洋一議員の質問に迫井正深医政局長が答えた。

これに対し、議員は「自治体に指示を出すべきでは」と重ねてただしています。

受給はすべての介護職員が対象

今回の慰労金は、以下のような受給要件となっています。

この慰労金は、新型コロナウイルスの感染者・濃厚接触者が発生した事業所の職員に20万円を、そうでない事業所の職員に5万円を支給するもの。基本的に介護・福祉の全サービス、全職種が対象で、業務委託の職員や派遣職員も受け取ることができる。

迫井局長は、支給が滞っている都道府県については、個別に業務をうながしていきたいと述べています。

(記事URL:「介護職の慰労金、申請事業所への支給率は72% 厚労省 障害は76%」)

Twitterの反応

介護職の慰労金、申請事業所への支給率は72%との事です(11月21日時点)
確認、計算支給などで非常に時間がかかるのはわかるのですが特別定額給付金同様、いつくるのか不安なまま、忘れた頃に届くシステムはどうなのかなぁと思う。

— あおい (@a_oi_777) November 23, 2020

これまだこねえ
会社から自治体への申請が遅かったのかもしれないけど、10月には申請してるはず
会社からの支給は早くても12月になるって言われてる
あてにならん

介護職の慰労金、申請事業所への支給率は72% 厚労省 障害は76% | articles | 介護のニュースサイトJoint https://t.co/2lDgS7wZsK

— はらゆる ࿆ (@harayuru2) November 21, 2020

私の職場はこの28%に含まれてるんですかね…それとも法人の都合でまだなんですかね…

わかりませんが未だに手元には来ていません。

委任状を提出したのが6月
法人が国に提出したのが10月だそうですが…

ボーナスとセットにされるのか?  
とヒヤヒヤしてます  https://t.co/rqcSdbiUxQ

— るいぴ LGBT×介護の人 (@ruipi07kaigo) November 21, 2020

あの書類は、よし、やろう‼️とちょっと気合いいれないと面倒くさい感はありました 
申請を業者に頼んだ所もあるみたいです 
手数料もったいないなぁ〜と思った 

— 毒吐きケアマネ (@caremane_guchi) November 22, 2020

ネットの意見

介護職です。
事業所に必要書類(住所や氏名等記入する紙)を確か7月下旬か8月初旬に提出しましたが、未だ給付されていません。
GOTOキャンペーンが巷で話題になる中、職場では、県外への外出基本禁止。県内での旅行も原則わ出来ない状態です。
介護職の仕事は好きですが、待遇改善なかなかされない現況に、どうしても不公平感を感じてしまいます。

慰労金の件も初めから想像していたが、デイサービスとショートステイだけが利益を増やせる、いわゆる「コロナ加算」にケアマネも辟易としている。
面倒で不公平なコロナ加算をするなら、なぜ一律の時限的報酬アップをしなかったのか。
机上の計算だけで飯を喰ってる、官僚の程度が知れる最悪の対応が、今日も医療介護の現場を疲弊させています。

5つの介護事業所で30人の小規模な会社ですが管理者の自分が申請しました。
8月末に申請書を提出して4つの事業所は10月入ってすぐ入金され残り1つはまだ入金されませんが先週末に職員さんに振り込みました。
介護慰労金の申請はそこまで手間ではありませんが(誕生日が西暦入力だったり1人づつ住所入れたりそれなりに時間はかかります)

職員さんはいつ支払われるか気にされている人もいると思い 申請出しました・いついつに支給される予定です と1か月に1度は周知していました。

申請にかかるコストが掛かりすぎるというのは大きな問題。
給付は申請主義ではなく、自動で給付するための仕組み作りが必要かと。
日本はこういう手続きに大きなコストが掛かるから生産性が低いなんて言われてるのだと思う。(生産性が低い一番の原因は、賃金の低い非正規が増えてることだとは思うけど)

まとめ

今回の慰労金の申請は、職員が個別に行うのではなく、事業所がまとめて行うという方式がとられています。そのため、支給の遅れに対し、事業者が申請をおこたっているのでは、あるいは支払いを止めているのでは、などといった憶測の声が聞かれることも少なくありません。

そのような疑念は、経営者と現場の溝を生むきっかけともなりかねません。それをふせぐ意味でも、行政には迅速な支給とともに、アナウンスなどもしっかり行っていくべきでしょう。

また、今後もこのような支給が行われる可能性は十分にありえます。それにそなえ、よりスムーズなシステムの構築などについても、再検討していってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!