介護に関わるすべての人を応援します

介護業界で年収500万円を超える求人は約1%|その多くが管理職の募集

最新情報
求人サイト「介護求人セレクト」の調査によると、年収500万円を超える介護求人はわずか1%程度ということが分かりました。その多くが管理職の募集で、1,000万円を超える求人はゼロとなっています。また、施設形態別で見てみると、夜勤やケアマネージャーの配置がある施設が比較的高い給与となっています。
公開日
更新日

年収分布の過半数が「200~300万円」


出典:https://www.photo-ac.com/

求人サイト「介護求人セレクト」に掲載されている5万件以上の求人を調査したところ、以下のような年収のデータが明らかとなりました。
記事によると…

 介護業界での年収分布を見ると、「200~300万円」が最も多く51.8%。次いで「301~400万円」(38.9%)、「401~500万円」(5.8%)、「200万円未満」(2.4%)、「501万円以上」(1.1%)と続いた。年収500万以上の多くは管理職の求人となっていて、1000万円を超える求人はなし。「年収1000万円以上の場合は、介護施設の経営側に回ることが多い」(NOWIST)

介護業界では、年収500万円を超えることがとても高いハードルとなっているようです。

夜勤の多い老健や特養は給与が高め

施設形態別では、以下のような傾向が見られます。

 施設形態別で給与(手当除く)を見ると、「介護老人保健施設(老健)」(24万6640円)がトップ。以下「特別養護老人ホーム」(24万6106円)、「居宅介護支援」(23万5737円)、「訪問介護」(22万6047円)、「デイケア」(22万4769円)と続いた。

夜勤のある老健・特養や、ケアマネージャーのいる居宅介護支援施設では、比較的高い給与になっていると考えられます。

(記事URL:「1000万円超えなし:年収500万円を超えるのは1% 介護業界の求人」)

Twitterの反応

年収500万円を超えるのは1% 介護業界の求人 (2020年11月22日) - エキサイトニュース https://t.co/OdldNbxDfG
面白い調査

400万円以上の求人は5.8% 夜勤ありでもそうなんですよね 

気になるのは
300万以下が51%と言う点
この点はリアルな気がします。

— 働く介護職員(特養勤務) (@1HUg98COJh5HeNt) November 23, 2020

うわあ。。。
ちなみに子供に満足な教育を与えられる十分なレベルが世帯年収700万以上と言われ。
老後もゆとりある暮らしをしたい場合、世帯年収1000万以上がだいたいのFPの見解っぽいので。
この業界の従事者は、キツいってレベルじゃないですね。 https://t.co/fIHtTTKKpI

— ティオ (@lunatic_queen) November 22, 2020

よく言われる介護業界の平均年収が低いという話し。これ、ホントに何とかしないと行けない。カギとなるのはやっぱり、保険外事業を含めた事業ポートフォリオの構築。介護事業だけでは大幅な介護報酬の引き上げがない限り、やはり限界がある。https://t.co/sudQxpYjsQ

— 竹内洋司@「介護×科学」によるオーダーメイド・フィットネス「ARFIT」で高齢者の健康寿命を延伸! (@hiroshi_take) November 22, 2020

雇用形態はどうなっているのだろう…
初任給は他業界と変わらなくなってきていると聞くけど、ネガティヴなイメージは減らしたいですね。https://t.co/e0Vm7r7oR1

— Shoma Sugiyama (@meiwa0503) November 23, 2020

ネットの意見

ぼろ儲けしようと思ってこの業界に入る人はあまりいないとは思いますが、なんの職業であれ、プロとして仕事に従事する方々に対しては、それに見合った対価と待遇を提供して欲しいです。家庭内でタダでできる仕事だから高い対価を払う必要はない、という声もききますが、家庭内で介護をしているために働きに出られない人の機会費用を無視していますし、それによって国や自治体の税収も減っているわけなので、隠れたコストがあることを考えるべきです。タダで介護している人の精神的負担なども含めれば、なおさらです。

肌感覚と近いですね。
でもね、一旦働き出したらやりがいある仕事ですよ。
胸を張ってプライド持って頑張れる仕事だと思っています。
学歴なんて関係ないですしね。
年収という物差しで見れば最下層ですし、お金を求めてやる仕事ではないですけど、それも含めて必要とされてますから。

非常勤でALSなど重度障害者の訪問介護に携わっています。
社内でシフトの仕組み化はされているとはいえ、24時間介護へのフォローや緊急時の対応は正社員さんメンタル管理めちゃくちゃ大変だなと日々感じます。
一定レベル以上の職員さん500万円はあってほしいのが肌感覚でありますね。

現場にいましたが、介護業界で働く人はお金に対するリテラシーが低い傾向にあります。
自分が正規の給与を貰えているのかを把握していないことが多いです。なので、給料の交渉もできない。

また介護保険では利用者が全額を負担する必要がないため、経営の知識がなくても介護事業が儲かると謳われている時がありました。そのため、介護事業所が乱立し利用者の奪い合い・稼働率の低下に繋がっています。さらには介護事業は給料が低い仕事という世間的な認識もあるので、経営者は高給を提示しません。(出来ないのかもしれませんが)

まずは、この経営者・労働者のリテラシーの改善を図る必要もあるでしょう。

こういった双方のリテラシーの低さも相まって、介護業界では成果と結果が明確になっていません。
ですのて、国としても介護事業における成果と結果を明確にしたうえで、介護保険を給付すべきだとも思います。

これから高齢者人口が増えていく上で必要な職業ですので、双方が適切な知識を持って改善していって欲しい課題だと思います。

まとめ

年収分布の割合を見てみると、介護業界の年収はおおむね200〜400万円におさまっていることが分かります。日本人全体の年収の中央値が350万円であることを考えれば、この数字はきわだって低いとはいえないかもしれません。

しかし、一方で年収500万円を超えることはむずかしく、管理職か経営者となる以外に道がないのも現状です。厳しい現場で働き続けるには、高い志だけではなく、昇給のモチベーションもまた必要となるはずです。

行政にはその点もふくめ、給付費を抑制する方向性だけではなく、大きな視野をもって制度全体の見直しをはかってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!