介護に関わるすべての人を応援します

高齢者の介護保険料滞納による差し押さえ処分が過去最多|保険料の大幅な上昇が原因か

最新情報
介護保険料の滞納によって、高齢者が資産の差し押さえ処分を受けるケースが増えています。2018年度では、その数が2万人弱と過去最多を記録しました。その背景には、20年足らずの間に約2倍となった保険料の値上げがあると見られます。
公開日
更新日

生活保護が受けられない人には大きな負担

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2174775

介護保険料の滞納によって資産を差し押さえられた65歳以上の高齢者の数が、2018年度で1万9,221人と過去最多を記録しました。

記事によると…

介護保険に加入している65歳以上の人は、18年度末で3525万人いる。このうち9割は年金から介護保険料を天引きされているが、残り1割は年金額が年18万円未満で、保険料を納付書や口座振替で支払っている。生活保護を受ける人は、生活保護費に介護保険料が加算されて支給される。差し押さえを受ける人は、生活保護は受けていないが、受け取る年金がわずかで保険料を払えなくなった人が多いとみられる。保険料は40歳から支払うが、未収の保険料は65歳以上の分だけで約236億円(18年度)にのぼる。

2017年度は1万5998人だったことから、短期間で大幅に増えていることが分かります。

今後もさらに上昇が見込まれる保険料

超高齢化社会をむかえるにあたって、保険料はさらに値上がりしていくと見られています。

65歳以上の介護保険料は3年に1度見直されるが、高齢化で介護保険の利用者が増えるのに伴って保険料の上昇が続く。00年度は全国平均で月額2911円だったのが、15年度には5514円、18年度からは5869円になった。団塊の世代がすべて75歳以上になる25年度には7200円程度になると見込まれている。

このままでは、制度自体が立ち行かなくなることも十分に考えられるでしょう。

(記事URL:「介護保険料滞納、差し押さえ最多 65歳以上、約2万人」)

Twitterの反応

介護保険料滞納、差し押さえ最多 65歳以上、約2万人:朝日新聞デジタル

生活保護がギリギリ受けられない収入、住民税非課税がギリギリ適応されない収入、この辺りの生活はホントに苦しい。、 https://t.co/vFTHPoLni8

— いまなか だいすけ (@DaisukeI14) October 11, 2020

これは可哀相だよ。
もっと年金を上げるか、税金を減らしてあげてほしい。

何でも税金増やせばいいってもんじゃないんだよ。使えるお金が減るから経済回らなくなるだろ。

— 〜ナイトオブゼロ〜 (@night_of_zero_Q) October 11, 2020

差押えになった人は『0.05%』くらいかな。

差押処分者→約2万人
65才以上加入者→3525万人

65才以上の介護保険は基本年金から天引きだけど、年金がとても少ないと、自分で納めるしくみなんだ。
(ほとんどの人は年金天引き)

制度上の問題というより、貧困問題による影響が大きいかと 

— よいしょ@FP1級×コツコツ投資 (@fpyoisyo) October 11, 2020

現実の話。施設入所となると介護保険と年金合わせても足りないので、負担するのは家族です。介護を考えた貯金も大切です。

介護保険料滞納、差し押さえ最多 65歳以上、約2万人:朝日新聞デジタル https://t.co/HARcaVyUa1

— Heli flight sky   (@Heli_flight_sky) October 12, 2020

コメント見ていると、介護保険制度をあまり知らない人が多い。仕組みをもっと告知していかないといけない。
高齢者が増えても、介護保険制度を利用しなくても大丈夫な人を増やせば保険料は増えないんだよね。前回の国会ではろくに審議されなかったので、次の国会ではきちんと審議して欲しい。 https://t.co/rHZN6BfnVY

— キョウ (@koitokamome) October 11, 2020

ネットの意見

すでに破綻してる制度なのに、意地でも徴収する。
奪われるだけで見返りはどんどん少なくなってきている。
よほどの資産家や悪質な事例なら差押も当然だが、
そうでないならもっと柔軟に対応するべきだ。

介護保険料は高すぎますね。住民税を支払ったいない人と支払っている人の差が大きすぎ。1円でも支払っていると一気に保険料が跳ね上がります。もっと緩やかな上昇にしてくれないものかな。これじゃ支払えない人が多いのは当たり前です。

そうやって住むところをなくした人が保護され役所へ連絡がいき役所は一時的に利用できるベッドがないか特養などの施設へ連絡する。緊急利用を受け入れる高齢者施設がベッドや食事の準備などの負担を強いられる。…何がしたいのかさっぱりわからない。

税金でやればいいのになぜか保険料という名目でお金を取りやすくしている。
健康保険料、年金保険料、介護保険料。
制度を複雑にするのはやめて「税金」で統一してくれ。

介護保険を利用している高齢者の中でそこまで利用しなくてもいい状態の人が利用しなければ損みたいに利用する人も多い。
その費用はみんなの介護保険料から出ている。早くから破綻同然なのに利用しない人たちや若い人たちに負担がのし掛かる。
介護を利用する高齢者が増えるのは目に見えているのに今のまま維持しようとするのは無理がある。これ以上保険料が増えれば払えない人も多くなると思う。
年金があれば強制的に引かれる。
残った少ない年金で生活をするのは本当に苦しい。

まとめ

介護保険というのは、社会的弱者である高齢者や障害者を支えるために作られた制度です。それを維持するために、生活の苦しい人から差し押さえを行っているようでは、本末転倒といわざるをえないでしょう。

もちろん、差し押さえといっても個人によってさまざまに事情は異なり、すべて貧困層が対象というわけではないかもしれません。また、2万人という数も全体から見れば0.1%と、それほど多い割合とはいえないでしょう。

しかし、前年度から一気に3,000人以上も増えている伸び率はやはり気になるところです。すでに保険料の値上がりに苦しんでいる人が大勢いることも事実なので、制度自体が立ち行かなくなる前に、すみやかな財源の見直しや運用の改善などをもとめたいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!