介護に関わるすべての人を応援します

厚労省が介護・福祉の就職を支援|新型コロナ対策で今年度より大幅増の予算要求

最新情報
厚生労働省が新型コロナ対策の一環として、テレワークの推進などに大幅な予算増をもとめていることが分かりました。それとともに、悪化した雇用の改善や就業機会の確保も重視。人手不足がより深刻となっている介護・福祉分野でも、就職の支援に53億円を割く予定です。
公開日
更新日

テレワークの推進などに5倍増の予算

厚生労働省の計上する労働分野の予算が、新型コロナ対策に多く割かれていることが分かりました。

記事によると…

厚生労働省が所管する労働分野について、2021年度予算の概算要求の概要が23日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い急速に普及したテレワーク環境の整備など、柔軟な働き方の促進に20年度当初予算の5倍強となる34億円を計上。悪化している雇用情勢の改善と就業機会の確保対策も重視した。

ほかにも、パソコンや通信機材の購入費、社内規定の改定に必要な専門家への相談費用などにも助成します。

介護・福祉分野の人手不足を解消

雇用面では、介護・福祉分野への予算増が注目されます。

このほか、人手不足となっている介護・福祉分野への就職を促すための支援として53億円も盛り込んだ。

新型コロナの影響でより深刻化している現場の人手不足が、少しでも解消されることが期待されます。

(記事URL:「テレワーク予算5倍超の概算要求 労働分野、柔軟な働き方促進」)

Twitterの反応

デジタル改革の一環入り口、テレワークはコロナ対策だけでなく、これからの高齢化社会でのハンディキャップを補うIT活用も念頭に入れているということでしょう。

テレワーク予算5倍超の概算要求 労働分野、柔軟な働き方促進 - Sputnik 日本 https://t.co/EA24yW1eSf pic.twitter.com/tusw9fP6g3

— 宮崎和則 (@nori_miya) September 24, 2020

『厚生労働省が所管する労働分野について、2021年度予算の概算要求の概要が23日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い急速に普及したテレワーク環境の整備など、柔軟な働き方の促進に20年度当初予算の5倍強となる34億円を計上。』

5倍超ってすごそうですけど、実は34億って少なすぎですよね。 https://t.co/rkjVpJ2Rv8

— ひゅーまんましん (@humanmachine22) September 23, 2020

テレワークできない職種の方が多いからね。医療介護従事者なんてリスク抱えて現場仕事だからね。不公平な世の中は変わらない。

— ヒカル (@MAJI5749190) September 16, 2020

コロナになり、学生の安定思考がより強くなった。2番目には在宅勤務やテレワークと今年ならではなんだなぁー。介護・福祉業界でいえば安定感はある中で、どうしてもリモートワークが難しい現実もあり、多様な働き方やコロナ対策をどう打ち出して伝えるかが鍵。
※グラフマイナビより pic.twitter.com/xqAA1BqXvZ

— Yuka Matsukawa (@0608_yuka) September 10, 2020

ネットの意見

介護業界にもテレワークの文化がもっと根づけば多様な働き方ができると思いますね。

介護のために優秀な人材が会社から居なくなることもこれからは大いにあり得ます。介護をしながらの働き方ができるような職場内のテレワークなどの工夫や、社会的な許容度をあげる習慣や文化を作っていけるとよいなと思います。

特養などの施設も増やしたり、通所や施設での活動内容なども今までに体験できなかった新しい発想が広がっていき、介護されたい施設になっていくことも必要かと思います。

テレワークの問題はあるものの、育児や介護と両立させやすいメリットもある。

単身赴任というものも不必要になる。

働き方だけでなく生き方全体を変えるチャンスと思って変革をしていきたい。

テレワークは、在宅介護問題の切り札になると考えているので、真剣に取り組んでもらいたいですね☺️

まとめ

介護業界の人手不足は、新型コロナ以前から現場では長らく大きな悩みのひとつとなってきました。感染症対策がきっかけとはいえ、この問題に目が向けられるようになったことは、ポジティブにとらえてもよいのではないでしょうか。

一方で、今回の感染対策では、介護の現場でもオンラインによる面会や研修など、やはり懸案となっていたIT技術の導入が一気に進みました。こちらのアプローチも引き続き行いながら、コロナ以後も見すえた、より持続可能性の高い改善に向けていってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!