介護に関わるすべての人を応援します

介護福祉科 最後の戴衣式 | 会津若松市 仁愛看護福祉専門学校

最新情報
18日、福島県の会津若松市にある仁愛看護専門学校介護福祉科で戴衣式が行われました。1年生9人が介護福祉士を目指すため歩み始めました。当専門学校の介護福祉科は来年から募集を停止するため、今回の戴衣式が最後になるといいます。衣服を受け取った1年生は「思いやりを忘れない介護福祉士を目指す」と誓いを立てています。
公開日
更新日

「思いやりを忘れない介護福祉士を目指す」という誓いを

18日、福島県の会津若松市にある仁愛看護専門学校介護福祉科で戴衣式が行われました。仁愛看護専門学校の介護福祉科は来年から募集を停止するため、今回の戴衣式が最後になるといいます。

今回鈴木敏夫校長から衣服を受け取った1年生9人が介護福祉士を目指すため歩み始めます。

衣服を受け取った1年生は、

「利用者に寄り添い、思いやりを忘れない介護福祉士を目指します」

などといった誓いを立てました。

また、鈴木敏夫校長は今回の戴衣式の式辞として

「262人の卒業生の大半が会津地域の介護施設などに就職し、活躍している。戴衣式が最後になるのは残念」

という言葉を述べました。 

会津では介護福祉士の需要が多い

仁愛看護専門学校介護福祉科では、来年度の募集が停止となりましたが、福島県の中でも会津の高齢化率は高く、介護福祉士の需要は増える一方です。

会津若松市としても、その問題を解消するため介護士の養成に力を入れています。その1例として、仁愛看護専門学校介護福祉科では、会津若松市から「旧河東一小の無償貸与」を受け、授業を行っています。

介護福祉士になるためにはどのような選択があるのか、気になった方はこちらをご覧ください。

(記事URL:「介護福祉士へ誓いの言葉、最後の戴衣式 若松・仁愛看護専門学校 | ヤフーニュース」)

Twitterの反応

地域の高齢化率が高く、
介護福祉士の需要は依然多い。
しかし、学校や目指す生徒は少なくなっていく、
資金面と職の情報不足が問題なのか。

介護福祉士へ誓いの言葉、最後の戴衣式 若松・仁愛看護専門学校:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet https://t.co/GbeA14PVWK

— みかん餅 (@withapple2) September 23, 2020

ネットの意見

校長も言っている通り、最後の戴衣式になるのは悲しいこと。しかし新たな介護福祉士の卵が産まれたことは、大きなことではないでしょうか。

まとめ

今回の戴衣式が最後の式になってしまうことは、悲しいことです。しかし、ネットの意見にもある通り1年生9人が介護福祉士への道を歩み始めたのはとても大きいと言えるでしょう。

今後、会津若松市の介護福祉士の需要に県や市、地域の学校などがどのように応えていくのか気になります。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!