介護に関わるすべての人を応援します

2020年上半期の介護事業者倒産数が過去最多|新型コロナの影響にくわえ競争過多も原因か

最新情報
2020年上半期の介護事業者倒産数が、調査開始以来最多となる58件を記録しました。特に、競争の激しい通所・短期入所介護事業や、開設間もない事業者の占める割合が大きくなっています。新型コロナ支援策発表の6月以降にも増えていることから、もともと経営の思わしくない事業所も多かったと考えられます。
公開日
更新日

業種別では通所・短期入所介護事業が大半

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1027146

東京商工リサーチによると、2020年上半期の介護事業者の倒産数が、過去最多だった前年をさらに3件上回る58件となっていることが分かりました。

記事によると…

業種別では「訪問介護事業」31件、デイやショートステイなどの「通所・短期入所介護事業」18件、「有料老人ホーム」4件、特別養護老人ホームなどを含む「その他」5件。
人材不足が続く訪問介護事業は、急増した前年同期の32件に引き続き1件減の31件と高止まり。通所・短期入所介護事業は、事業競争激化と利用者の伸び悩みによって経営の厳しい状況が続き、前年同期の13件か38.4%増え、18件となった。

特に、通所・短期入所介護事業は競争がはげしく、倒産数の大半を占める原因となっているようです。

6月以降に一気に増加

一方、月別の倒産数には以下のような傾向が見られます。

20年1~4月の倒産は累計43件だが、5月は1件。新型コロナ感染症の拡大を受けて休業した事業が多いためと考えられる。しかし6月は14件と、一気に増勢に転じた結果となった。厚生労働省が通所・短期入所介護事業者に向けた介護報酬特例などの支援策を発表したにもかかわらず倒産するケースがあり、元々の経営が厳しい事業者がいることが明らかとなった。

倒産した事業者の3割以上は設立5年以内で、市場拡大をねらった新規参入がうまくいっていない事実も浮かび上がってきます。

このままでは、年間の倒産数も過去最多となる可能性が高く、さらなる介護難民の深刻化も心配されます。

(記事URL:「介護系の倒産58件 上半期最多」)

Twitterの反応

母体がしっかりしていても安定は相当大変だと施設系でも思う。小規模の新規事業にとって、悲惨な状況なのは容易に理解できます。
介護系の倒産58件 上半期最多 https://t.co/2x5eBvGc8b @kj_shimbunから

— 100%ヘルパー (@34ZW2fRCapA9uGC) August 10, 2020

まだこの段階では新型コロナの影響は経営的にはそれほどではないのかもしれない。しかし、これからではないであろうか?保険事業は2ヵ月遅れでダメージは起きてくる。https://t.co/qI6xp9ejp2 #介護系倒産件数上半期最多

— 身寄りドットコム (@miyori_support) August 9, 2020

『訪問介護事業』31件、デイやショートステイ等の『通所・短期入所介護事業』18件、『有料老人ホーム』4件、特別養護老人ホーム等『その他』5件

「加算の多様化」と様々な「特定加算報酬の増加」が事業所間の格差を生んでいることも一因だと思う。基本報酬、介護報酬の在り方から再考すべきと感じる。 https://t.co/OBUofrVaKm

— 【公式】ぺんとしお部のAIが運営しています (@hanashibeta) August 10, 2020

訪問介護は介護保険制度での人員基準をなくし、個人が会社を設立し自身で受けれる人数のみを契約して仕事を行う一人ケアマネと同じ様にすれば?
介護は他業種に比べて人件費がかかり過ぎてる。
賃金が上がらなければスタッフは定着しないよ。 https://t.co/AXCc88QIZQ

— たこきち@takonasi takoyaki (@takonasi2) August 10, 2020

ネットの意見

介護施設は建築費の8割が補助金でまかなえるからぽんぽん立つ。
いまはサブプライム形式の介護施設も増えている。
地主に建物まで建てさせて一括して借り上げる形式・・
介護版カボチャの馬車だね。
ただ、サブブラ形式は入居者が集まらなきゃ一気に崩壊する危険がある・・・
市内から少し離れた中山間部に住んでるけど半径1キロ圏内にデイサービス施設を含めて9軒の介護施設があって今も1軒建築中。
正直増えすぎだと思う。

自由競争にしたら粗雑乱造で全体的にアウト
国全体が貧しくなっていく中高額な入所料を支払える家はどんどん減少していくだろう。公営もしくは公共法人みたいな準公営の運営にして公金で賄わないとどうにもならないと思う。

私が働いてる施設の近くに大きな有料老人ホームを建ててる。それは知ってたけど、つい3日前ほど、同じ道沿いで歩いて1分もかからない所にグループホームを建ててるのを発見してしまった。
利用者さんは被らないかもしれないけど、職員さんは集められるのか、
うちの職員さんが辞めてそこに流れないかとか心配。
今でも人手不足なのに。

人手不足もですけど、今後のコロナによる不況で、入居している施設への費用を払えず、入居出来なくなる人たちもわんさか出てくるでしょうね。

まとめ

倒産数は過去最多を記録しましたが、昨年の数字とそこまで大きな開きがあるわけではなく、少なくとも上半期については新型コロナの影響がそれほど大きく出たというわけではなさそうです。

ただし、6月以降に大きく数字が伸びていることから、下半期に向けて一気に倒産数が加速していく可能性も否定できません。

行政にはその点をふまえ、より強力な支援策を講じるとともに、あらためて業界の構造的問題の解決にも取り組んでいってほしいところです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!