介護に関わるすべての人を応援します

松戸市が高齢者の抗原検査費用を補助|クラスター発生の介護施設では全額免除のケースも

最新情報
松戸市で、高齢者を対象とした新型コロナの抗原検査の費用補助がはじまります。65歳以上の希望者には半額を補助、さらにクラスター発生の施設では濃厚接触者以外にも全額免除で検査を行う予定です。介護施設での感染拡大はリスクが高く、その防止を重点的に行おうという姿勢がうかがえます。
公開日
更新日

濃厚接触者以外にも無償で検査を提供

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2461617/

松戸市の一般会計補正予算で、新型コロナの抗原検査に対する補助事業が組まれていることが分かりました。

記事によると…

 市内に住む65歳以上の高齢者で検査を希望する人などが対象で、医療機関で受けた検査費用の半額を5千円を上限に補助します。また、集団感染の発生を教訓に介護施設などで3人以上の感染が発生した場合、濃厚接触者の対象にはならなかった施設の利用者と職員のうち、検査を希望する人の検査費用を市が全額負担します。

感染の疑いがある人にはすでに無料で行政検査が行われているため、その範囲をさらに拡大するねらいとなっています。

医療機関へのさらなる補助も

医療機関に対しても、以下のような補助金が組まれています。

 診療体制の整備も図り、オンライン診療の環境を整備した医療機関に整備費用を補助するほか、感染者を受け入れた医療機関に対し、入院患者一人当たり50万円を上限に協力金を支給するということです。

診療や検査に重点を置き、より積極的に感染拡大をふせいでいこうという意図がうかがえる内容となっています。

(記事URL:「新型コロナ第2波に備え医療体制充実に向けた補正予算案発表 /松戸市」)

Twitterの反応

松戸市では今月中旬から高齢者と職員に抗原検査が5000円ぐらいで出来る様になりました。PCRではありませんが、それでも心配はかなり軽減されます。

— Tears of the Moon✴︎ (@nv6BvFKt8C2VPS7) August 2, 2020

ありがたいー。
徐々に若年層にも抗原検査の費用補助を拡大してもらえたら嬉しいですね。#松戸市 https://t.co/Fs4MrNpAdV

— sh (@vt_em1) August 2, 2020

これは単純明快に『良い事』だと思う。 https://t.co/DDkB0GCOxJ

— yasdesuyo (@yasdesuyo) August 2, 2020

新型コロナ 全自動で検査 時間短縮、感染リスク減 新装置 8月3日発売! - ちゅうおうくらしねっと https://t.co/QJsMjFVW4k

本日だっ!
松戸市は導入第一号と聞いてます。
高齢者の抗原検査の補助もするそうです。
本郷谷市長ありがとう!

— Coochan (@Coochan201207) August 3, 2020

ネットの意見

今後も介護施設での感染者は増えていくでしょう。感染者を出してしまった後の対応を早めに取っておくこと。そして、感染してしまった人が戻りやすい職場にしていかないと、コロナ離職者が増えてしまう。ただでさえ人員不足が深刻な介護施設が多いので注意が必要ですね。

いや、もうとっくに第2波でしょ!?

毒性の弱い感染症が流行ると、本当にインフルエンザって凶暴な感染症なんだなと思います。
インフルなんて年代問わず症状を悪化させるし、子供なんか危険な対象ですからね(^^;)

今後、本当に危険な感染症が現れる可能性は大いにあるので、この毒性の弱い感染症で将来に備えておくというのは悪くないのかもしれません。

まとめ

松戸市では、4月に介護老人保健施設で大規模なクラスターが発生、12名もの死亡者を出してしまったという経緯があります。その教訓から、今回の補助事業や、ほかにも介護職員向けに感染防止のオンライン講習会を開くなど、介護施設でのクラスター対策をとても重視していることが伝わります。

介護施設での感染拡大は、利用者の命をおびやかすばかりではなく、それにともなうサービス休止などで介護崩壊へとつながる危険性もあります。そうした事態におちいらないためにも、松戸市のような取り組みが全国に広まっていく必要があるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!