介護に関わるすべての人を応援します

”アベノマスク”8000万枚追加配布は必要か? 介護施設からは戸惑いの声

最新情報
政府は8000万枚のアベノマスクを介護施設、保育所などへ再び配布し始めました。政府は介護施設などへの継続的な配布は感染対策として有意義であると説明しますが、現場からは戸惑いの声があがっています。
公開日
更新日

介護施設、保育所中心に約8千万枚のアベノマスク配布開始

出典:ぱくたそ

政府はアベノマスクの残り8000万枚を介護施設、保育所などに追加配布していることがわかりました。マスク不足が解消されつつある中での今回の再配布。国民の間では賛否が分かれており、再配布対象の介護現場からは戸惑いの声があがっています。

記事によると・・・

政府が新型コロナウイルスの感染防止策として、総額約466億円の予算で始めた全世帯向けのマスク配布事業。すでに全戸向けの配布は6月に終わっているが、「今後さらにおよそ8000万枚を配布する」というニュースが報道された。

ネットでは「税金の無駄遣いはやめて欲しい。更に8千万枚って、、今はもうマスクじゃなく第二波に備えて医療関連のテコ入れでしょ。現場に必要なのは」「またマスク不足になった時のために備蓄しとけばいいのに」「配り終えた頃に冬の大流行が始まるから丁度いいよ。またマスクなくなるしね」と賛否両論の声もあがっている。

 こうした声に菅官房長官は、28日の会見でクラスターまた重症化リスクの高い介護施設などは特に重点的な対策が今後も求められるため、今回の再配布は有意義だと主張しています。

記事によると・・・

「これまで介護施設などのすべての職員と利用者を対象に布マスクを3月中旬以降順次配布しているが、介護施設の関係者からはお礼のご連絡を頂いている。布マスクは繰り返し利用できることから相対的にコスト面でも安価であり、またマスク需要の抑制に資すること。高齢者などは重症化するリスクが高いといわれる中で、今後感染拡大の備えという観点から重点的に対策が求められている。その継続配布は有意義であると考える」

介護施設からは疑問の声も

実際に対象となった介護施設は今回のアベノマスク再配布をどう感じているのでしょうか。

記事によると・・・

埼玉県にあるデイサービスを取材した。暮らしネット・えんの小島美里代表理事は「4月くらいまでには何回も何回も届いて、それがいったん終わったが、数日前からまた再開されているようだ。私どもの所は事業所の数が法人の中に多いので、すでに私の知っている限り2カ所に届いている。(1カ所は)高齢者の入居施設で、ここは9人しか利用者がいないがなぜか50枚届いた。(もう1カ所の)利用者が100人を超えるところに20枚届いている。何が根拠なのかわからない枚数が、バラバラに何回も届く。送料どれくらいかかってるのかと。本当にもったいない」と話す。

記事URL:“アベノマスク”さらに8000万枚配布は必要? 介護施設からは戸惑いの声「利用者100人以上いても20枚」|ABEMA TIMES

Twitterの反応

無用の長物「アベノマスク」の約8000万枚の追加配布、原資はすべて国民の血税なのに、なぜ安倍晋三は意地になってバラ撒き続けるのか?今回の追加配布の対象となった養護施設や医療機関の大半は「届いても使わない」と断言している。それなら予算を現金で各施設に配布したほうが百万倍もマシだろう。

— きっこ (@kikko_no_blog) July 28, 2020

これから次々とこういう事が起こります。それはそのまま雇用の喪失と関連企業の業績悪化につながります。にもかかわらず政府は焼け石に水のGOTOと、#アベノマスク の配布で手一杯、感染制御策は事実上何もしていません。#悪夢の安倍政権 #無為無策の安倍政権 と思います。https://t.co/ulQf4y6hSY

— 米山 隆一 (@RyuichiYoneyama) July 28, 2020

ネットの意見

介護現場で働いています。「アベノマスク」が届いで配布されて以降、職員は誰も使っていません。利用者さんが病院へ行ったり外出する時も使わず他のマスクを使っています。現場で使えないマスクを何故また大量に⁈
買っていた残りですが?新規注文分ですか?どちらにせよ、使わない、使えないマスク。
そのマスクは、介護職員が人手不足の中で汗をかきながら働いて得た安いお給料から支払っている税金も含まれているのですよね?
今の時期、医療現場を守っていくこと等、もっと大切なことに使ってほしいです。

この国民とのずれはなんなんでしょう、、、もっと国民の立場に立って行動する。考える。をすればいいだけのような気がするのですが、、、

アベノマスクの配布に賛成した議員の方はせめて付けましょうよ。総理以外つけてないっぽく見えるのですが(;一_一)

市販の不織布マスクの需給バランスが
再び崩れる事態を想定する上では理解できるけど、
大半は備蓄に回ると予想。
厚労省のアナウンス力の拙さもあるけど、
殊更断片情報のみ垂れ流すメディアの悪意には
要注意かと。

まとめ

政府は介護施設などへのアベノマスク再配布を今後の感染拡大の備えという観点から有意義であると示しています。

しかし本当に必要なところに届いているのかどうかは疑問です。

第二、三波への備えというは大切ですが、それが現場では必要とされていないまた、現場のニーズとミスマッチしている施策では意味がありません。

政府はより現場の声を意識した新型コロナウイルス感染対策を考えていかなければならないと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!