介護に関わるすべての人を応援します

業界初のコロナ対策講座を新設、介護人材育成スクールにて6月より講座開始

最新情報
株式会社ティスメは、6月5日より新型コロナウイルスを含めた感染症に関する特別講義を実施します。本特別講義は看護師や介護福祉士などの専門家を講師に迎え、新型コロナウイルスの基礎知識や訪問看護・介護現場における感染症対策を学習できる講義です。
公開日
更新日

医療・介護業界における人材紹介・派遣サービスの大手、TSグループ傘下の株式会社ティスメ(本社:大阪府大阪市)が運営する介護人材育成スクール「カイゴWORKERカレッジ」大阪なんば校にて、業界で初めて介護職員初任者研修受講生向けに新型コロナウイルス感染症に関する特別講義を開設し、6月5日(金)より講座をスタートします。

業界初のコロナ対策講座を介護人材育成スクールにて6月より講座開始

株式会社ティスメは2020年2月より、介護士の資格取得を支援するカイゴWORKERカレッジ大阪なんば校を運営していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け4月8日より休校していました。5月23日の大阪府における緊急事態宣言の解除を受け、6月1日より通常のカリキュラムを再開する予定で、この通常のカリキュラムに加えて感染症に関する特別講座を実施します。

参考:業界初のコロナ対策講座を新設、介護人材育成スクールにて6月より講座開始|JIJI.COM

感染対策マニュアルを用いた講義やフェースシールドの作成講座などの特別講義を実施

今後の感染症との共存を視野に入れたうえで、感染症についての知識がある介護人材を育成することを目的に、6月5日より新型コロナウイルスを含めた感染症に関する特別講義を実施します。本特別講義は新型コロナウイルスの基礎知識や訪問看護・介護現場における感染症対策を学習できる講義で、看護師や介護福祉士などの専門家を講師に迎え、現場で使用されている感染対策マニュアルを用いた講義やフェースシールドの作成講座などを全2回行います。

特別講義概要

  • 初回講座:6月5日(金)16:00~17:30
  • 場所:大阪府大阪市中央区難波2丁目1-2 10階(最寄駅:地下鉄御堂筋線「なんば」駅 徒歩1分)
  • 受講生の定員:20名(業許可上の最大定員数で、各テーブルに2名着席)
  • 授業内容:新型コロナウイルスの基礎知識関する講義、訪問看護・介護時の感染対策に関する講義、100円均一の材料を用いたフェースシールドの作成講座

参考:業界初のコロナ対策講座を新設、介護人材育成スクールにて6月より講座開始|JIJI.COM

Twitterの反応

コロナがある程度終息しても、介護施設でのコロナ対策は永久に続くわけなので、病気が1つ増えた分、介護施設側のリスクや負担も増えます。

次の介護報酬は倍プッシュや。

— ハレくん (@harekunoku) May 15, 2020

ネットの声

介護施設での集団感染は多発しています。発生を抑えることは運次第と言ったところですが、感染拡大は止められる可能性があります。なんとか踏ん張りましょう。

まとめ

株式会社ティスメは、感染症についての知識がある介護人材を育成することを目的に、6月5日より新型コロナウイルスを含めた感染症に関する特別講義を実施します。

本特別講義は新型コロナウイルスの基礎知識や訪問看護・介護現場における感染症対策を学習できる講義で、看護師や介護福祉士などの専門家を講師に迎え、現場で使用されている感染対策マニュアルを用いた講義やフェースシールドの作成講座などを全2回行います。

受講生の定員は20名、授業内容は新型コロナウイルスの基礎知識関する講義、訪問看護・介護時の感染対策に関する講義、100円均一の材料を用いたフェースシールドの作成講座など。

新型コロナウイルス感染症は収束しつつありますが、第二波や第三波にむけて今から準備をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!