介護に関わるすべての人を応援します

新型コロナ感染拡大で要介護認定の申請が減少|悪化リスクの高い高齢者は工夫したサービス活用を

最新情報
新型コロナの感染拡大にともない、要介護認定の申請数が大幅に減少しています。本来であれば介護サービスを受けるべき人が受けられず、心身の状況が悪化しやすくなっていることも懸念されます。これに対し、各自治体では郵送による申請や、認定前から利用できるサービスの活用などを呼びかけています。
公開日
更新日

利用者だけではなく認定調査員の活動にも影響が…


出典:https://www.photo-ac.com/

新型コロナウイルスの感染拡大により、現場では介護崩壊の危機がさけばれています。

そんななか、本来なら介護サービスを受けられる人が、それに必要な要介護認定さえ受けられなくなっている、という問題があきらかとなりました。

記事によると…

先月の「要介護認定」の新規の申請数について、NHKが東京23区に取材したところ、21の区で去年の同じ時期に比べて減少していることがわかりました。

このうち、足立区では先月の申請数が716件と去年より112件減ったほか、練馬区でも、578件と110件少なくなっていて、緊急事態宣言が出された今月はさらに減少幅が大きく、半分ほどになる見通しだということです。

外出自粛によって家にいる時間が増えると、高齢者は運動機能や認知機能が一気に低下するおそれがありますが、各自治体では、「感染予防のため申請を控えている人が多いのではないか」とみています。

一方で、サービスが必要か調査する側も、感染リスクを考えて思うように調査できないという影響も出ているということです。

ほかにも、民生委員でも対面での活動は自粛せざるをえず、高齢者の見守りなどが思うようにできていません。電話だけで体の状態まで把握することはむずかしく、現場では不安や悩みをうったえる声が増えています。

要介護認定がなくても利用できるサービス

外出する機会が少なくなってくると、高齢者にとっては運動機能や認知機能が一気におとろえるリスクも高まります。

それをふせぐために、自治体ではさまざまな形の介護サービス利用を呼びかけています。

すぐに介護サービスを利用したい人もいることから、申請後、結果が通知されるまでの間でも暫定的な介護サービスの利用計画「暫定ケアプラン」を作成することで介護サービスを利用することができます。

ただ、認定の結果要介護度が想定よりも低かった場合や要介護に該当しなかった場合には利用料金が自己負担となるため注意が必要です。

一方で、各自治体では「総合事業」として介護予防や生活支援のサービスを提供しているところもあります。

要介護認定の申請や「暫定ケアプラン」の作成なども含めて各地の地域包括支援センターで相談を受け付けています。

調査認定員の対面がむずかしい場合は、最大12ヵ月まで申請の有効期限を延長できるように厚生労働省も通知しています。申請は郵送でも受け付けているので、必要な人は今すぐ行っておきましょう。


(記事URL:「「要介護認定」申請が大幅減 感染予防で自粛か 新型コロナ影響」)

twitterの反応

いますぐ申請すればなんてことないケースでも申請を控えて時間が経過して状況が悪くなり他者の介入が困難化することがあります
「有事の際だから」と相談しないのではなく"今"介護で困っているならぜひ相談して欲しいです

— けんちゃん@副業したい社会福祉士 (@knc_sw) April 26, 2020

「要介護認定」申請が大幅減 感染予防で自粛か 新型コロナ影響 | NHKニュース https://t.co/pNUxSDx8Hk

これ本当に困る。対面が難しいのは理解できるけどオンラインでも可能なように法改正して欲しい。高齢者だけでなくその家族すら見捨てることにもなりかねない。

— 白茶 (@tomy_1968) April 26, 2020

生老病死に自粛はあり得ない。認定調査も対面が必要、サービス導入も人の手が必要。だからこそマスク、フェイスシード、防護服、消毒液とか必要な資源確保が必要なんだよ。「要介護認定」申請が大幅減 感染予防で自粛か 新型コロナ影響 | NHKニュース https://t.co/6QJicPY9te

— MIHOKANEHARA (@soulcup9) April 26, 2020

これもまた「命を守る」という偏ったかけ声のもと、切り捨てられていく命のひとつ。ウイルスと違って直ちに死ぬわけじゃないから、余計にたちが悪い。何度も言うが、新型コロナさえ防げば人は死なないなんて思うな。

【「要介護認定」申請が大幅減 感染予防で自粛か】https://t.co/owqDMrwn9K

— 氷川玉翆 (@senjukannon1969) April 26, 2020

そりゃケアマネには来るなっていう利用者が多くなってるし、訪問介護も拒否されて、審査会さえも開かれないし

介護現場はかなり崩壊してるからね?

分かってるんですか?政府は#新型コロナウイルス#要介護認定#安倍晋三 https://t.co/Vk1gWgCmUo

— きっちゅん@心穏やかに (@chinayaku2525) April 26, 2020

まとめ

新型コロナウイルスは高齢者にとってとても感染リスクが高く、予防は徹底して行なっていかなければいけません。しかし一方で、要介護認定が遅れるとそれだけ心身の状況も悪くなり、大きく生活の質を落としてしまうことにつながりかねません。

どちらが優先されるという話ではないので、利用者および家族はトータルに考えたうえで、必要なサービスを積極的に受けるようにしていきましょう。行政としても、オンライン手続きなどで安全性を確保しつつ、より申請しやすい体制をととのえていく必要があります。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!