介護に関わるすべての人を応援します

要介護1はどんな状態?サービスの種類・費用・負担限度額など

公的制度
介護保険の利用に必要な要介護認定の中で、要介護度が最も低いと判断されたときに認定される要介護1について解説します。本記事では、要介護1でよく使われているサービスの種類や、費用の目安を紹介します。
公開日
更新日

(1)要介護度1はどんな状態?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2019679

要支援2との違い

「要介護認定等基準時間が32分以上50分未満又はこれに相当すると認められる状態」と規定されている要介護1ですが、これは要支援2と同じ基準となっています。

要支援2についての記事はこちら

→『要支援2とは|具体的な判断基準や提供されるサービス、費用など

つまり、必要とされる介護量は両者ともに同じ程度、ということを意味しています。

要支援2と要介護1を分けるのは認知症の有無と、状態の安定性です。 半年以内に状態が大きく変わる可能性があると判断される場合、要介護1と判定されます。

日常生活自立どの判定によって認知症ありと判断された場合、 今後認知症が進行することが予測される(つまり状態の変化が予測される)ため、要介護1と判定されるようです。

つまり必要とされる介護量は同じであっても、今後介護の必要性が増大すると見込まれる人が要介護1と認定されるのですね。 では要介護1とは具体的にどのような状態を指すのでしょうか?

要介護1の健康状態は?

要支援の場合、日常生活上で多少の不便はあっても、生活動作に大きな支障はありませんでした。買い物や洗濯、炊事が難しいということはあっても、 トイレに行く、食事を摂る、お風呂に入るといった動作は自分でできるのが要支援とされる人々です。

要介護の場合これらの動作にも困難が生じてきます。 まだトイレの失敗をしたり、食事をポロポロこぼしたりといったことはほとんどありませんが、移動の際に杖や手すりが欠かせない、軽い麻痺で口腔内に残渣物が残りやすいといった状態です。

(2)要介護度1の方向け介護サービスの種類と発生費用

住宅改修・福祉用具貸与

おそらくこの段階で住宅改修や福祉用具貸与のサービスを受ける方が多いのではないでしょうか。

これらのサービスは要支援の段階でも利用することが可能です。ですが実際に不便を感じて、利用する必要に迫られるのが要介護1の状態といえるでしょう。

車いすはまだ早いですが、安定性の高い四点杖や手すりの設置、それに自宅内の段差解消などが検討に上がってきます。住宅改修の場合、20万円までは改修費用が補助されます。

住宅改修についての記事はこちら

→『介護保険が使える住宅改修6つ|自己負担額、給付条件などを解説

福祉用具貸与についての記事はこちら

→『福祉用具とは | レンタルと購入どちらがお得?種類や費用を紹介

訪問・通所介護が一回ごとの料金に利用できる負担限度額は16,692単位

要支援2の10,473単位に比べても多いですが、要介護1になると予防給付から介護給付に変わり、 それに伴いサービス利用時の料金体系も変更になるので注意が必要です。

具体的にはこれまで定額であった訪問介護と通所介護が1回ごとの料金になります。 訪問の場合30分〜1時間未満で400円程度、通所の場合はもっともスタンダードな7時間以上9時間未満のデイサービスで700円ほどになります。 単純計算をして、週に3日のデイサービス、残りの4日は1時間未満のヘルパーサービスを受けることができる計算です。

訪問介護についての記事はこちら

→『訪問介護とは | 料金・サービス内容・事業所を選ぶポイント

通所介護についての記事はこちら

→『デイサービス(通所介護)とは|サービス内容やデイケアとの違いなど

(3)要介護1はケアマネの裁量がものをいう!?

要介護1はこれからの生活に不安を抱き始める段階とも言い換えられます。そのため介護支援専門員(ケアマネ)がいかにその人の将来性を見極めて、 適切なサービスを提示できるかが大きな肝となってくるでしょう。特に住宅改修に関しては、必要に迫られてから導入したのでは遅いことがしばしばあります。

転倒してから手すりを設置しても遅いのです。迅速かつ適切な対応がケアマネに求められるのが要介護1の状態にある人であり、 ケアマネの対応いかんによってその人の今後に大きな影響を与えることになるのも、このレベルの大きな特徴でしょう。


要介護2に関してはこちらの記事をお読みください。

要介護2に必要なサービス | 利用費用の目安まで徹底解説

要介護3に関してはこちらの記事をお読みください。

要介護3のサービス | ケアプランと費用の例・介護保険料

要介護4に関してはこちらの記事をお読みください。

要介護4の方に提供される介護サービスの種類と費用!ケアプランの事例で解説

要介護5に関してはこちらの記事をお読みください。

要介護5に必要なサービス | 自宅・施設別かかる費用の目安

この記事が気に入ったら
いいねしよう!