介護に関わるすべての人を応援します

噛まなくても食べられる流動食とは | レシピ、種類、栄養、市販品について

ノウハウ
流動食はかむ力や飲み込む力が弱い方に向けた食事です。流動食と一言で言っても、とても種類が豊富です。介護食としての役割や病気の予防、治療に使用されることもあります。目的や状態に合わせた流動食の選び方やレシピ、市販品などを紹介します。
公開日
更新日

(1)流動食の定義とは

流動食というと、病院などで出される食事と感じる方も多いのではないでしょうか。

流動食とは食形態の一つです。液状になっていて、噛まなくても食べることができます。消化が良いので、治療食として使用されるほか、乳児や高齢者の食事としても流動食が用いられます。

噛む力がない高齢者でも食べられる食事

噛む力のない方でも食べることができるので、流動食は介護食の一つとして用いられます。

また、医薬品としての流動食もあります。治療や予防のために医師から処方されることもあり、胃ろうをされている方や、糖尿病や免疫低下の治療をされている方などが医薬品として使用する場合があります。

(2)流動食は栄養価が低い!?

流動食は、液状になっているので栄養が十分に取れないと考える方も少なくないと思います。しかし食材を工夫して作ったり、うまく市販品を利用したりすることで流動食でも十分に栄養をとることができます。

最近では、ダイエットや食事制限をしている人が流動食を利用する場合もあるようです。

栄養バランスが考えられた商品が多数

流動食は市販品も数多く開発されています。栄養士などの専門家によって開発されている商品が多数ですので、栄養バランスがとれた食事ができます。1パックで必要な栄養がとれるなどの商品もあるので、あまり食欲のない方にも安心です。

種類も液体、とろみ付、半固形状など幅広いので、状態に合わせて選ぶことができます。また、高たんぱくであったり、食物繊維が多く含まれていたりと、特定の栄養をとることができる商品もあります。

ひと工夫加えて栄養価をアップ

自分で流動食を作る場合は、普段の食事をそのままミキサーにかけることで簡単にできます。

高齢者はたんぱく質不足になりやすい傾向にあります。乳製品や魚の練り製品など手軽に食べられる食品を加えて、栄養価をアップさせるひと工夫をすると良いでしょう。

(3)流動食の種類について

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2089733

先ほども紹介したように、流動食は医薬品としての流動食、普通流動食、濃厚流動食、特殊流動食があります。

普通流動食とは

普通流動食とは普通の食事が食べられない、高齢者や治療中の方向けの食事です。お粥をさらに柔らかくしたものやポタージュなどです。普段の食事をミキサーにかけ、液状にしたものも普通流動食になります。

自宅で手作りすることもできます。

濃厚流動食とは

少量で高エネルギー、高栄養をとることができる流動食です。1mlあたり1kcal以上のエネルギーを摂取することができます。

市販品のものでは、液体、固形、とろみなど色々なタイプがあります。さらに、味や風味も色々あり、飽きることなく食べることができる工夫もされています。

特殊流動食とは

特殊流動食とは腎臓病や糖尿病、循環器疾患などに対応して作られた流動食です。低たんぱく質、低脂肪、ナトリウム制限など、症状にあった流動食があります。病気の治療や予防に使用されます。

医薬品としての経腸栄養剤とは

経腸栄養剤とは、腸から消化吸収される栄養剤のことで、経鼻、胃ろう、空腸ろうチューブなどから注入されるものです。医薬品として処方されるものは、医師の診断に基づき保険適用となります。

(4)状態にあった流動食の選び方とは

流動食と一言で言っても種類や形状は様々です。ここでは、それぞれの状態にあった流動食の選び方を紹介します。

飲み込む能力に合わせて形状を選ぶ

流動食には、完全に液体のものだけでなく半固形のものやとろみがついたものがあります。それらの低粘度のものは、誤嚥を防ぐことができます。飲み込む力が弱い方は、とろみをつけることをおすすめします。

口から食事ができない方

口から食事ができない方は、経腸栄養剤、静脈栄養剤を使いましょう。一度医師からの診断を受けて、適切に使用してください。

(5)流動食の作り方

流動食は自宅でも作ることができます。基本的にはミキサーを使って、食材を細かく液体状にすることで作ることができます。ここでは、いくつか流動食のレシピを紹介します。

野菜スープ

材料(2人分)

  • 人参 20g
  • 玉ねぎ 30g
  • キャベツ 30g
  • かつおぶし 15g
  • 水 300cc
  • 塩 少々

作り方

  1. 野菜は皮をむいてから、小さ目に切ります。
  2. 鍋に水、かつおぶしと野菜を入れて、火が通るまで煮ます。
  3. 塩を加えた後、火を止めて、具が入らないよう濾しながら、器に盛り付けます。

卵豆腐

材料(2人分)

  • 卵 2個
  • しょう油 2g
  • だし汁 60cc
  • 塩 0.4g

作り方

  1. だし汁にしょう油と塩を加え、沸騰させてから冷まします。
  2. 卵は割りほぐして、1を加えた後泡立たないようにし、良くかき混ぜます。
  3. 2を濾してから器に入れ、蒸し器で蒸します。

(6)市販品の種類も豊富

流動食は市販品の種類も豊富です。作る手間を省けるほか、栄養を考えた商品になっているので、手軽に取り入れることができます。

テルミール アップリード

1パックで400kcalあり、少量でも高エネルギーを摂取することができます。なめらかなとろみがついていて、飲み込む力が弱い方も安心です。味は、りんご風味とサワー風味の2種類です。

クリニコ アクトエールアクア

オリジナルパウチされた、半固形状の流動食です。水分量とナトリウム量に特に配慮した商品になっています。

クリニコ CZ-Hiアセプバッグ

液体の流動食です。消費者庁から「病者用食品」として許可を得ています。食事として接種すべき栄養素をバランスよく配合していてます。紙パックのタイプもあります。

(7)目的や状態に合わせて流動食を取り入れよう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1693146

流動食と一言で言っても、種類や形状は様々です。目的や城代に合わせて、手作りしたり購入したりしましょう。

流動食を扱う場合には、自分で判断せずに専門家に相談して、食べる人に合ったものを選択するのが良いです。その結果家庭で作ったものでも、市販品でも低栄養の改善などができれば効果はあることになります。

噛む力や飲み込む力が弱くても、食事を美味しく食べられるように工夫できると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!