介護に関わるすべての人を応援します

国民年金保険料の納付率向上 | 督促や納付環境の整備が理由で8年連続で前年を上回る結果に

最新情報
国民年金保険料の納付率が、69.3%で8年連続で前年度を上回りました。また、2年前の平成29年度の最終納付率も10ポイント上がりました。未納者への督促やクレジットカード納付など支払いやすい制度の整備を強化したことが理由として考えられています。
公開日
更新日

国民年金保険料、8年連続で納付率が向上


出典:https://www.photo-ac.com/

国民年金の保険料の昨年度の納付率が69.3%で、昨年度よりも1.1ポイント高く、8年連続で前年度を上回る納付率となりました。

督促など未納者への対策を強化した結果が納付率の向上として成果をあげています。年代別では、最も納付率が高いのが55歳から59歳までの77.7%で、最低の納付率が25歳から29歳の57.1%となっています。

納めやすい環境整備で納付率アップ!

国民年金の保険料は、未納分を原則過去2年分まで納付することができることから、平成29年度の納付率は当初66.3%でしたが、その後の2年間で追加に収められた保険料もあわせた最終納付率は76.3%と10ポイントも上昇しました。

厚生労働省は、

“未納者に対しては、督促などの強制徴収を行う一方クレジットカード納付など納めやすい環境を整備したことが納付率の向上につながった”

と話しています。

増える厚生年金保険、減る国民年金

国民年金保険は、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方で、厚生年金保険に加入していない方(自営業者や学生等)が加入しています。厚生労働省によりますと、昨年度、令和元年度の公的年金の加入者は6,759万人で、前年度より13万人も増えているものの、国民年金保険の加入者は、前年度より18万人も減って1,453万人となっています。

一方で、厚生年金保険の加入者はパートなど短時間労働者の加入が増加したことなどから57万人増え、4,485万人となっています。

国民年金の納付率69.3% 8年連続で前年上回る 厚労省 | NHK

Twitterの反応

自営業者が自主的な払う国民年金の2019年度の保険料納付率が69.3%と発表されました。
ただし、低所得などで免除・猶予されている人も含めて算出した実質的な納付率は40.7%

残りの人は老後に年金を満額受領できないということなので、老後の資金繰りが心配ですね。

今後の日本は厳しい状況だなあ

— タマパパ@育児×資産形成×効率化リーマン (@tamanopapa_555) June 29, 2020

国民年金の納付率69.3% 8年連続で前年上回る 厚労省 | NHKニュース https://t.co/y3ifv5JQeL
30%くらいの人は滞納してるってことだね。
払ってない人達にはそれなりにペナルティを与えて欲しい。

— ミキヤング@早く趣味垢に戻りたい (@tora1127go) June 29, 2020

国民年金の納付率69.3% 8年連続で前年上回る 厚労省 | NHKニュース https://t.co/RZFDSbKXAc
企業で働く事に意味をなさないことを知った国民が増えたってことじゃないですか
厚生年金は減ってんじゃないですか?

— 1227 (@YSOYMN) June 29, 2020

ネットの意見

国民年金の加入者は減ってるんだよね。厚生年金の加入者が増えてるってことは、働く人が増えてるってことだな。

全然払ってない人は、払えないならちゃんと払えないと申請すべきでは?それができることを国もしっかり周知すべきだと思うけど。

まとめ

国民年金保険料の納付率が8年連続で向上しています。

しかし、25歳~29歳と若い世代が一番納付率が低くなっており、若い世代の納付率を高めていく必要があるかもしれません。そのためには、納付の必要性や、納付のしやすさなどを周知していく必要があるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!