介護に関わるすべての人を応援します

「#介護もがんばる」を使用した介護職の方々を励ます運動の広がり

最新情報
コロナ禍の中、SNSを使って介護職の方々を応援する運動が広がっています。介護福祉士を要請する専門学校の教職員の方が始めた取り組みで、「#介護もがんばる」のハッシュタグをつけて投稿することで、介護職の方に励みにしてもらうのが狙いです。
公開日
更新日

みんなで介護職の方々を励まそう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1025466

「#介護もがんばる」を使って介護職の方がを応援しようという運動が広がっています。記事によると・・・

みんなで「#介護もがんばる」投稿を-。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、介護職を会員制交流サイト(SNS)で応援する運動を展開しようと、介護福祉士を養成する専門学校(養成校)の教職員らが全国規模のネットワークを結成した。

暮らしや仕事で感じる「誰かの頑張り」や、利用者との「ほっとする瞬間」などを投稿し合い、卒業生など現場で働く人々に対し、介護職の魅力や働きがいを再認識し、励みにしてもらうのが狙い。

SNSを使って誰でも参加できる

 「#介護もがんばる」をつけて投稿する、この方法を使ったことには狙いがありました。記事によると・・・

運動ではまず教職員側が、働く教え子たちを元気づけるメッセージを、フェイスブックやインスタグラムなどに投稿。その際、いつでも誰もがSNS上で検索できる「#」(ハッシュタグ)機能を活用できるよう、投稿の後に必ず「#介護もがんばる」と書き込んでもらう。いずれ同僚など現場の介護職も含めて双方向で書き込み合い、励ましの輪を広げていく考えだ。

(引用:「#介護もがんばる」励ましの輪を 教え子を応援、コロナ禍で危機感 | 西日本新聞

Twitterの声

SNSを使っていると参加しやすいですね 

ネットの声 

医療職の方々を励ますこのような運動は確かによく見るが、介護職のものは初めて見た。これは、医療職の方々はコロナウイルスの感染者など、コロナウイルスに直接関わっているからではないかと考える。ただし、介護職の方々も苦労していることは間違いない。この運動が広まっていってほしい。

まとめ

介護職の方々を励ます運動ですが、 現場の方々などにも投稿してもらい、さらに励ましの輪を広げていくようです。より多くの介護職の方々に届くように、この運動により多くの人が参加してほしいです。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!