介護に関わるすべての人を応援します

介護食士とは | 仕事内容・資格の取得方法・求人・講座内容

資格
介護食士とは、高齢になり身体の機能が低下し噛む力や飲み込む力が衰えても、美味しくまた楽しく食事ができるようサポートできるという資格です。介護食士の仕事内容や資格の取り方について、ここで詳しく紹介していきます。
公開日
更新日

(1)介護食士とは

介護が必要な高齢者では、かみ砕いたり飲み込んだりする力が衰えている場合が多く、必要な食事量が摂れなくなったりしまいがちです。そのため、高齢者の身体の機能に合った調理法で作られ、さらに美味しく食べられる食事の提供が必要になります。

介護食士とは、介護に携わっている方が高齢者の身体の機能や栄養について専門的な知識を身につけ、調理技術をアップさせる目的で作られた民間資格で、公益社団法人である全国調理職業訓練協会が認定を行っています。

(2)介護食士の主な仕事内容

介護食士というのは資格であり、栄養士や看護師のような職種ではありません。介護職員や看護師、調理師や栄養士などの資格を持つ方が、より介護の現場で活用できる資格として介護食士を取得することが多くなっています。

介護施設での仕事は、調理をする職種として採用されていれば要介護者に提供する食事を調理、介護士として採用されていれば食事介助を行います。資格を持っていることで、より美味しく食べやすい食事を提案することができ、また丁寧な食事介助ができます。

訪問介護職員(ホームヘルパー)では、利用者に合うよう調理し食事介助を行います。利用者にあったメニューや調理の仕方、食事介助の仕方を家族にアドバイスすることもあります。

(3)介護食士認定資格とは

介護食士の認定資格は、1級から3級まであります。噛めない、飲み込めないなど思うように食事ができない要介護者に対して、食べやすい食事が提供できるようにスキルを学びます。

そのため、栄養士・調理師を目指す学生や、施設や訪問介護を行っている介護員や介護福祉士など介護に関わる人に人気があります。学科や実習など、各級ごとに決められた受講要件を満たした人が時間数を受講することで、資格が取得できます。

(4)介護食士認定資格を取得する方法

介護食士認定資格を取得する方法は次のようになります。

  • 専門学校などで講習会を行っている学校の学生になって受講する
  • 一般人向けの講習会を行っている専門学校などで受講する

どちらであっても講習会は、調理訓練校や調理師学校など調理ができる設備の整った調理関係の学校で行われています。また、講習会を80%以上出席した方のみ終了後に、筆記と実技の試験を受けることができます。試験は筆記も実技も60点以上で合格となり、認定資格が取得できます。

(5)介護食士認定資格の講座内容と受講要件

各級の講座内容と受講要件などについて紹介していきます。

3級の受講要件

  • 3級は受講するために条件などはないため、一般の家庭で家族を介護している方や介護食に対し興味がある方など誰でも受講し資格を取得することが可能です。
  • 学科講習は25時間で高齢者の身体機能や心理学・栄養学の基礎知識・食品学、食品衛生学などを学びます。
  • 調理などの実習は47時間で介護食の調理実習や調理理論などを身に着けます。

2級の受講要件

  • 2級は3級の資格を取得している方が受講条件になります。実務経験は条件にありません。
  • 学科講習は16時間で高齢者のかかりやすい病気など医学的な基礎知識や心理学・栄養学や食品学や食材の衛生管理などを学びます。
  • 調理などの実習は56時間で介護食の調理実習・介護食だけでなく生活習慣予防病食などの調理理論などを身に着けます。

1級の受講要件

  • 1級は2級の資格習得後、2年以上の介護食の調理実務経験が必要になります。また25歳以上という条件もあります。
  • 学科講習は32時間で高齢者の栄養状態の判定など医学的基礎知識・高齢者に関する制度・栄養学や食品衛生学などを学びます。
  • 調理実習は40時間で身体機能低下や疾病、低栄養などを想定した献立の作成や調理などを身に着けます。

(6)介護食士認定資格講習の開講施設一覧

講座が受講できる専門学校を紹介していきますので参考にしてください。一般と学生どちらも受けられる学校と、どちらかだけの学校があります。2019年時点では、1級を受講できる学校は3校のみです。

介護食士認定資格講習の開講施設一覧
地方 所在都道府県 研修施設名 対象等級・対象者
東北地方 青森 弘前医療福祉大学短期大学部 3級(一般・学生) 2級一般
岩手 北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ  3級(一般・学生) 2級学生
福島 日本調理技術専門学校 3級(一般・学生)
関東地方 茨城 中川学園調理師技術専門学校 3級学生
栃木 国際TBC調理・パティシエ専門学校 3級(一般・学生)
栃木 IFC調理師専門学校  3級(一般・学生)
群馬 群馬調理師専門学校  3級学生 2級学生
群馬 東日本調理師専門学校  3級学生 2級学生
埼玉 国際学院埼玉短期大学 3級一般
東京 香川調理製菓専門学校 3級(一般・学生) 2級一般
東京 東京誠心調理師専門学校  3級(一般・学生)
東京 華調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
神奈川 ヨコスカ調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
中部地方 新潟 新潟調理師専門学校 3級(一般・学生) 2級(一般・学生)
新潟 悠久山栄養調理専門学校 悠久山栄養調理専門学校 3級学生
石川 金沢調理師専門学校 3級(一般・学生)
福井 青池調理師専門学校 3級(一般・学生)2級(一般・学生)
静岡 浜松調理師菓子専門学校 3級(一般・学生) 2級(一般・学生) 1級一般
静岡 東海調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
静岡 中央歯科衛生士調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
静岡 川口調理師専門学校 3級学生
愛知 名古屋調理師専門学校 3級(一般・学生)
近畿地方 三重 伊勢調理製菓専門学校 3級(一般・学生) 2級(一般・学生)
大阪 大阪城南女子短期大学 3級一般
大阪 梅花女子大学 3級学生
兵庫 兵庫栄養調理製菓専門学校 3級(一般・学生)2級(一般・学生)
兵庫 日本調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
兵庫 兵庫国際調理製菓専門学校 3級学生
兵庫 育成調理師専門学校 3級学生
奈良 奈良調理短期大学 3級(一般・学生) 2級(一般・学生) 1級(一般・学生)
中国地方 島根 松江栄養調理製菓専門学校 3級一般 2級一般
岡山 西日本調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
広島 広島酔心調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
山口 山口調理製菓専門学校 3級学生
四国地方 愛媛 愛媛調理製菓専門学校 3級(一般・学生) 2級一般 1級一般
高知 RKC調理製菓専門学校 3級一般
九州地方 福岡 北九州調理製菓専門学校 3級(一般・学生)
佐賀 西九州大学佐賀調理製菓専門学校 3級(一般・学生) 2級(一般・学生)
長崎 九州調理師専門学校  3級(一般・学生) 2級(一般・学生)
長崎 九州文化学園調理師専門学校 3級(一般・学生)
大分 田北調理師専門学校 3級(一般・学生)
沖縄 沖縄調理師専門学校 3級(一般・学生) 2級学生
沖縄 琉球調理師専門学校 3級学生

(7)介護食士の給料

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/959735

介護食士は資格の名前であって職業の名前ではないため、介護食士として働いている人はいません。(6)で紹介したように、講座が受講できるのは調理師や調理製菓専門学校が多いため、並行して資格取得しやすい調理師・栄養士の給料を紹介していきます。

調理師の年収は322~341万円となっています。月給では15~20万円前後です。また調理師の場合、勤務先によって給料に差があり、病院などでは180~220万円ですが、1流ホテルでは年収が1000万円にもなる場合があります。

栄養士の場合は、年収が250~400万円となっています。月給では17~22万前後です。病院などでは18~27万円、老人施設も同じくらいで18~25万円となっています。

(8)介護食士の求人事情

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2174250

先に紹介したように、介護食士というのは介護福祉士や栄養士、調理師などに付加的に取得する場合が多いため、「介護食士」として求人されることはありません。現在保有している栄養士や調理師・介護福祉士などの資格や就きたい職種で求人情報を探し、履歴書で資格を取得していることを明記するようにしましょう。

介護職の求人サイトはたくさんありますが、おすすめできるサイトを紹介します。

介護のお仕事 

株式会社メディカルコンシェルジュ(MC)が運営している、介護の総合求人案内サイトです。全国の施設をカバーしており地域別、老健・特養・有料老人ホーム・グループホーム・デイサービスなど施設の形態別、また職種別、雇用形態別でも求人を検索できます。非公開求人を多く持ち、キャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。

かいごWORKER

株式会社ティスメが運営している、介護総合求人サイトです。全国の施設をカバーしており地域別、老健・特養・グループホーム・サービス付き高齢者住宅などの施設形態別、職種別だけでなく、年収や時間給などの給料別でも検索ができます。また非公開求人を多く持ち、こちらもキャリアアドバイザーに相談することが可能です。

(9)介護食アドバイザーとの違い

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/232833

介護食士に似た資格に、介護食アドバイザーがあります。介護食アドバイザーは、一般社団法人の日本能力開発推進協会が認定を行っている民間資格です。高齢者の身体の機能や栄養について基礎的な知識が得られ、口腔ケアや食べさせ方などもマスターできます。

どちらも介護をしている方に向けた資格であり、高齢者の身体的な機能や栄養について知識を得ることができるものですが、2つの資格の違いについて説明していきます。

介護食士には1級から3級までの資格があるのに対し、介護食アドバイザーにはステップアップできるような上の資格はありません。介護食士には、3級には受験資格に条件はありませんが、2級には3級取得であること、1級を取得するには2年以上の介護調理実務経験と25歳以上の年齢という条件が必要になります。それに対し介護食アドバイザーには、実務経験などの条件はありません。

また介護食士は、専門学校で受講する必要があり、受講後試験を受け合格すれば資格を取得できますが、介護食アドバイザーは、通信講座を受講し在宅で試験を受け合格すれば資格が取得できます。

(10)介護食士認定資格を取得しよう


出典:https://www.photo-ac.com/

介護が必要な高齢者の身体的な機能を理解した上で、美味しく食べてもらえるような食事が提供できる人材は、介護の現場に必ず必要といえます。また在宅で介護を受けている利用者も、家庭で美味しく食事ができれば何よりの楽しみに繋がるはずです。

食事をすることは生きる上で最重要されるべきですが、食べにくい料理が並んでいるだけでは、食事量が減り身体の機能低下に陥ってしまうかもしれません。ただ口に食べ物を入れるだけでなく、味わって美味しいと感じながら楽しく食事ができるようにサポートできる、介護食士の認定資格を取得してみませんか。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!