介護に関わるすべての人を応援します

【目的別】介護タクシーに必要な資格は?|取得方法・メリットなど

資格取得
介護タクシーは、一人では移動できない高齢者や障害者を対象とした送迎サービスです。そのドライバーになるには、どのような資格が必要なのでしょうか。それぞれの内容や取得方法、またほかにも役立つ資格についても解説します。
公開日
更新日

(1)介護タクシーとは


出典:https://www.photo-ac.com/

介護タクシーは、高齢者や障害者を対象とした送迎サービスです。

ドライバーは送迎以外にも、タクシーまでの移動や乗り降りや、自宅や病室でのさまざまな介助を行うことがあります。体が不自由な人でも利用しやすいように、回転シートやリフト、スロープなどを備えた福祉車両が使用されることが多いのも特徴です。

ただし、法律上では介護タクシーという名称は用いられていません。事業の分類でも、通常のタクシーと同じ一般乗用旅客自動車運送事業に区分されています。

そのため、介護タクシーといってもドライバーに介護資格がなく、送迎のみのサービス提供を行っている場合もあります。

また、一定の条件を満たしている要介護者は、介護タクシーに介護保険を利用することができます。この場合は、「介護保険タクシー」と呼ぶこともあります。

本記事では、そんな介護タクシーのドライバーとして業務を行うのに必要な資格について説明していきます。

【介護サービス利用者向け】介護タクシーについてより詳しい記事はこちら

『介護タクシーの利用料金はいくら? | 介護保険を利用すれば安くなる』

(2)介護タクシードライバーに必要な資格について

介護タクシードライバーになるには、以下の2つの資格が必要です。

普通自動車二種免許

第二種運転免許は、旅客自動車を運転するために必要な資格です。旅客自動車というのは、バスやタクシー、ハイヤーなどのように運賃を取って人を乗せる車両のことをいいます。

第二種運転免許には大型や中型などの5種類がありますが、そのうちタクシーの運転に必要となるのが普通自動車二種免許です。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の資格のなかでももっとも取得しやすい入門的な資格です。現在では廃止された、ホームヘルパー資格の2級にあたります。

この研修を受けることで、老化や病気、および介助の基礎的な知識と技術を身につけることができます。

(3)【目的別】どの資格が必要か

出典:https://www.photo-ac.com/

介護タクシードライバーの資格は、それぞれ以下のような場面で必要となります。

普通自動車二種免許

運賃を取って乗客を運ぶには、普通自動車二種免許が必要です。

介助を行わない送迎のみの介護タクシードライバーであれば、この資格だけでも業務を行うことはできます。

介護職員初任者研修

食事や入浴、排泄といったように体に触れる介助のことを「身体介助」といいます。身体介助を行うには、介護の資格が必要です。

介護タクシーで基本となる乗降介助も身体介助の一種なので、少なくとも介護職員初任者研修は取得しておかなければいけません。

また、介護タクシーは個人事業主として開業することもできます。そのさい、一般車両を使用するのであれば、介護福祉士、あるいは介護職員初任者研修の資格が必要となります。

(4)資格の取得方法

介護タクシードライバーに必要な資格は、以下のような方法で取得できます。

普通自動車二種免許

一種免許と同じように、教習所に通う、あるいは合宿に参加するといった方法が一般的です。

すでに一種免許を持っていれば、技能教習21時限、学科教習19時限を受け、学科試験と実技試験に合格すれば資格を取得できます。合宿の場合は、最短で8日程度で取得することができます。

自力で勉強して一発試験で取得する方法もありますが、一種免許よりも合格点数が高く、難易度はかなり高くなっています。

取得するための条件は、以下のとおりです。

  • 一種免許で3年以上の運転経歴があるか、普通車以外の二種免許がある
  • 満21歳以上
  • 矯正視力で片眼0.5以上、両眼0.8以上
  • 深視力検査、色彩識別能力、聴力の規定をクリアする

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、全国各地のスクールで開講されています。参加条件や資格はなく、誰でも受けることができます。

カリキュラムは、介護の基本や、老化、障害の理解などの基礎的な10項目です。130時間の講習を修了したのち、筆記試験に合格すれば資格取得となります。試験自体は易しく、不合格になっても追試を受けられます。

スクールによっては、土日のみ、短期集中などのコースも用意されています。また、通信講座を利用すれば、それだけですべては修了できませんが、1ヶ月程度で資格を取得することもできます。

介護職員初任者研修についてのより詳しい記事はこちら

→『介護職員初任者研修とは | 資格取得のメリットと試験内容

(5)介護タクシーに介護職員初任者研修が必要な理由

介護タクシードライバーであっても、送迎のみのサービスであれば介護職員初任者研修の資格は必要ありません。

しかし、利用者にとっては、介護タクシーといえば介助がサービスにふくまれているのは当然と考えられているのも事実です。特に、高齢者や障害者がタクシーを利用するうえで、乗降介助は欠かせません。

そのようなニーズに応えるためにも、やはり介護タクシードライバーにとっては介護職員初任者研修は必要な資格だといえるでしょう。

また、介護タクシーの業務では、途中で利用者の気分や体調が悪くなるといったアクシデントも日常的に起こりえます。このようなとき、ドライバーが介助を行えるというだけでも、本人や家族にとっては大きな安心や信頼につながるはずです。

(6)介護タクシーにおいて介護職員初任者研修を取得するメリット

介護職員初任者研修の資格があると、介護保険が適用される介護保険タクシーの業務も行えるようになります。

介護保険タクシーでは、送迎のほかにも、移動や乗降の介助、さらに自宅内での着替えや病院内での会計といったように、とても幅広い業務が行われます。これらの介助にも介護保険から介護報酬が支払われるので、より安定した収入が得られるようになります。

ただし、介護保険タクシーは用途に制限があり、旅行や映画などの娯楽目的には利用することができません。また、介助が行えるのも、あくまでケアマネージャーが作成したケアプランにもとづいた範囲のみです。

そのため、自費で支払ってでもより自由な介護タクシーをもとめる人も数多くいます。介護初任者研修の資格があれば、このような幅広いニーズにも応じられるようになるでしょう。

(7)介護タクシーに役立つその他の資格


出典:https://www.photo-ac.com/

介護タクシーの業務を行ううえで、ほかにも持っていると役立つ資格があります。

ユニバーサルドライバー研修

タクシードライバーのサービス向上を目的とした研修です。

さまざまな乗客に対する接客を高め、なかでも高齢者や障害者への対応について特に多くを学びます。そのためのコミュニケーションや介助など、さまざまなスキルを身につけることができます。

ハートフルアドバイザー

ショッピングやレジャー、旅行など、さまざまな接客サービスの業種を対象とした資格です。

誰でもつねに同じサービスが受けられるように、「心のバリアフリー」を目指した研修を行います。そのなかで、高齢者や障害者への接客の知識や技術を学ぶことができます。

サービス介助士

交通や流通、飲食などのサービス業にくわえ、ボランティアの従事者も対象とした資格です。

街中で困っている高齢者や障害者に対し、「おもてなしの心」でスムーズに声かけや手伝いを行う介助技術を学ぶことができます。それによって、高齢者や障害者が自立した豊かな生活を送る支えとなることを目的としています。

普通救命講習

突然の病人やけが人が出たときに、その場で対応するための講習です。

応急手当として、心肺蘇生やAEDの使用方法などを学びます。救急車が到着するまでに適切な処置をほどこすことができれば、救命率を大幅に向上させることができます。

(8)各資格の取得方法

それぞれの資格の取得方法は、以下のようになっています。

ユニバーサルドライバー研修

研修は、「バリアフリー研修推進実行委員会」から認証を受けたタクシー事業者や関連団体などが実施します。

カリキュラムは、専門家による講義やグループディスカッション、介助の実習などです。1日7時間の研修を行ったのち、各会場で検定試験が行われ、合格すると修了となります。

ハートフルアドバイザー

講座は、公益財団法人「総合健康推進財団」の関東支部が実施しています。

まず通信制で、高齢者や障害者に対するコミュニケーション技術や、緊急時の対応などのカリキュラムを25時間程度学びます。その後、2日間の集合研修で確認テストが行われ、合格すると修了となります。

なお、通信講座のみでもハートフルアドバイザー2級の資格を取得することができます。

サービス介助士

講座は、公益財団法人「日本ケアフィット共育機構」によって実施されています。

まずはテキストやDVDなどで自宅学習を行い、サービス介助士の基本理念や、高齢者、障害者への理解、および介助技術などを学びます。その後、2日間の実技教習を受け、さらに検定試験に合格して資格取得となります。実技教習を受けずに、准サービス介助士の資格を取得することもできます。

なお、検定試験に合格したあとも3年に一度の更新制度があります。

普通救命講習

普通救命講習は、各地域の消防本部や消防署で実施されています。

講座内容は、心肺蘇生や止血、窒息の手当の方法、AEDの使用方法などです。半日で3〜4時間の「普通救命講習」、あるいは終日行う「上級救命講習」などがあり、なかでも「救急入門コース」は90分間と気軽に受けやすくなっています。

(9)各資格をとるメリット


出典:https://www.pakutaso.com/

これらの資格を取ることで、介護タクシードライバーとしてさまざまなメリットが得られます。

ユニバーサルドライバー研修

ユニバーサルドライバー研修の取得は、すべてのタクシードライバーに推奨されています。そのなかでも、つねに高齢者や障害者を乗客とする介護タクシーにとっては、どのスキルもあらゆる場面で役立つものばかりです。

また、修了したドライバーは「業務中の第三者に対する賠償責任保険」にも加入できる制度があります。

ハートフルアドバイザー

ハートフルアドバイザーは、さまざまなサービス業を対象とした資格です。なかでも、高齢者や障害者の生活を支える介護タクシーにとっては、「心のバリアフリー」というのは重要なキーワードです。

利用者にとって気持ちのよい、違和感のないサービスが実現できれば、それが自然と高いリピート率にもつながっていくでしょう。

サービス介助士

サービス介助士は、単なる介助技術の向上だけではなく、より高齢者や障害者の心情に立っ「おもてなしの心」を重視しています。

介護タクシーでもそのようなコミュニケーションや対応を学ぶことで、より人間味のある温かい接客サービスが提供できるようになるはずです。乗客のよろこぶ姿は、ドライバー自身にとってもやりがいにつながるでしょう。

普通救命講習

突然のけがや病気は、いつどこで発生するか分かりません。特に、高齢者や障害者を乗客とする介護タクシーではそのリスクも高まります。

そのさいの対応を心得ていることは、利用者にとって安心できるだけではなく、ドライバーにとっても大きな自信となるでしょう。

(10)介護タクシーに必要な資格、役に立つ資格それぞれを理解して自分に必要な資格をとろう

介護タクシーのドライバーになるには、少なくとも普通自動車二種免許と介護職員初任者研修の2つの資格が必要となります。ほかにも、介護にかかわるいくつかの資格が業務を行ううえで役に立つでしょう。

それぞれ、なぜその資格が必要なのか、取得するとどのようなメリットがあるのか、細かな違いがあります。その点をよく理解して、自分にはどの資格が必要なのかよくチェックしておきましょう。

今後、超高齢化社会をむかえる日本では、ますます介護タクシーの需要が高まっていくと考えられています。個人で事業を始めることも可能なので、興味のある人はぜひ資格取得を考えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!