介護に関わるすべての人を応援します

アイマスクの効果 | 睡眠や目の疲れにいい?耳栓との併用も解説

セルフケア
パソコン、スマートフォンで目を酷使する生活が続き眼精疲労を感じている方は多いのではないでしょうか。アイマスクには安眠効果やリラックス効果など、さまざまなメリットがあります。アイマスクの必要性や選び方、メリットのほかに、オススメ商品を4つご紹介します。目の疲れや移動中に使用するアイマスクを探している方は、是非チェックしてみてください。
公開日
更新日

(1)アイマスクは誰にでも必要なアイテム

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1627209

スマートフォンが普及した現代社会。交通機関に乗っている時も、ほとんどの方がスマホやタブレットを使用しています。

また、会社に着くとすぐにデスクワークでパソコン画面とのにらめっこが始まるという方も多いでしょう。

1日中、仕事のONとOFFに関わらずに電子画面を見ていると、目を酷使しすぎて疲れている状態になってしまいます。

そんな疲れ目の悩みから開放してくれる現代社会に必要不可欠なアイテムが「アイマスク」です。以下、アイマスクの効果やおすすめ商品を紹介していきます。

(2)アイマスクの効果・メリット

下記では、アイマスクの効果とメリットをそれぞれ分けてご紹介していきます。

アイマスクを使用することで得られる効果とは?

眼精疲労の改善

アイマスクの効果として、最も多くの方が期待しているのが「眼精疲労の改善」ではないでしょうか。

眼とその周辺を温めることで、毛様体筋の血流改善やバキバキに凝り固まっていた毛様体筋がほぐされます。それによって、眼はリラックス状態に戻り、疲労感の改善につながってきます。

アイマスクのメリットとは?

持ち運びしやすい

アイマスクは基本的にコンパクトに収納するコトができる携帯性に優れた製品が多いです。そのため、移動中や旅行先などにも、荷物としてストレスにならずに持ち運びしやすいというメリットがあります。

価格が安い

安いモノでは100円ショップから、使用感が優れた商品でも1,000円未満~最大4,000円程度で購入することができます。

経済的にストレスを感じずに使用できるのもメリットの1つです。

(3)アイマスクの睡眠への効果

出典:photo-ac.com/main/detail/1683279

眠る前に目を温めると、副交換神経が優位になるといわれています。つまり、アイマスクには身体全体をリラックスさせる効果があるといえます。

他にもアイマスクを装着して光を遮断することによって「メラトニン」という脳の松果体で作られているホルモンが分泌されます。

これには、夜暗くなると睡眠と覚醒のサイクルを調整する働きがあります。

この成分の効果によって、血圧・ブドウ糖・体温が下がり、自然と健やかな眠りにつくことが期待されます。

(4)効果的なアイマスクを選ぶためのポイント

アイマスクの選び方のポイントは大きく分けて以下の4つになります。

①遮光性の高さ

アイマスクとしての効果をより高めるためにも、遮光性はとても大切なポイントになります。明るい環境のなかで、快適な睡眠を獲得するためには、やはり遮光性は必要不可欠です。

しかし、遮光性重視のアイテムのなかでは、そこまで大きな差を感じることはあまりありません。

このような中で選択の際、重要になってくる点はフィット感だといえます。

顔のパーツごとにフィット感がなければ、隙間から光が差し込んできてしまいます。そのため、遮光性の機能がついている上で、フィット感の強い製品を選ぶことをおすすめします。

②眼・鼻周りのフィット感

より遮光性を感じるためには、目元と鼻周りの部分が密着するアイマスクを選ぶことが、選択の際重要なポイントとなります。

しかし眼球、鼻周りを押さえつけるタイプはなるべく選ばないようにしましょう。

睡眠中も眼球運動はしているため、目元が抑えられている状態だと睡眠の妨げになる可能性が高くなります。また、鼻周りを押さえつけるタイプだと鼻孔に負担をかけてしまうため、長時間の使用後に痛みを感じてしまう危険があります。

押さえつけるのではなく、あくまでもフィット感が大切だというコトを忘れないようにしましょう。

③耳かけタイプかバックストラップタイプか

長時間使用する物であるため、つけ心地も大切なポイントの1つになります。

付けていて煩わしく感じる製品は、当たり前ですが睡眠中に使用するアイテムとしては適していません。そのため、睡眠中に使用するのなら、耳かけタイプよりもバックストラップタイプがオススメです。

後ろで自由に長さを調節して使用するため、使用感は常に自分のベストの位置で使用することができます。

④使い捨てか継続して使用するタイプか

アイマスクには使い捨てタイプと、継続して使用するタイプの2つに分かれています。

もちろん、ランニングコストとしては使い捨てタイプのほうが総額としてはかかりますが、すぐにカンタンに使用できるというメリットがあります。

一方で、継続タイプはコスパは継続して使えば使うほど良くなりますが、使い捨てに比べると使用前の手間がかかったり、初期投資が多少かかるというデメリットがあります。

(5)アイマスクの他機能

アイマスクには付加的な機能がついている商品が多くあります。

その機能とは、「保温・保冷」「アロマ」「ヒーリングサウンド」の3つです。

①保温・保冷

アイマスクで目元を温めることで、血流改善や毛様体筋の緩和が促進されて疲れ目が改善します。

しかし、製品によってはただ温める保温効果だけではなく、凍らしたジェルを中に入れるタイプの保冷機能がついた商品もあります。涼みたい時やリラックスしたい時にオススメで、リフレッシュ効果もあります。

お湯で温めることで保温機能としても利用できるため、保温・保冷の両方を楽しみたい方に適した機能だといえます。

②アロマ

アイマスクによっては、良い香りが楽しめるアロマの香り付きの製品があります。

アロマの香りには、目の周りを温めるコトによって起きる、副交感神経を活発化させるのと同様の効果があるため、Wの効果でリラックスすることができます。

③ヒーリングサウンド

ホワイトノイズなど、サウンドが流れる製品もあります。

これは安眠へと誘うヒーリング効果が期待できるとされています。

(6)おすすめアイマスク① めぐりズム蒸気でホットアイマスク

「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」は、手軽に使えるアイマスクを探している方にオススメの商品です。

花王から発売されている使い捨てタイプで、発熱時間は約10分程度。

セットは14枚入りで、合計900円程度と気軽に使用することができます。

袋を開けるだけで自動的にあたたまるため、自宅でも出先でも手間をかけずに使用可能です。

無香料タイプと香料タイプの2種類に分かれていて、香料付きはラベンダー・カモミールジンジャー・ローズ・ゆずの4種類の香りに分かれています。

「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」は、保温効果とアロマ効果の2つの機能が備わっているアイマスクです。

蒸気でホットアイマスクをAmazonで見る

(参照:花王HP

(7)おすすめアイマスク② あずきのチカラ目元用

コストパフォーマンス的に1番オススメなのが「あずきのチカラ目元用」です。

電子レンジで温めることで、250回繰り返し使用することができるため、1年に1度買い換えれば済みます。

本体価格は1つ700円程度と非常に安く、1回あたりのコストは3円以下です。

使い捨ての商品とは比べ物にならないほど、コスパ面で優れているといえます。

あずきの重さがしっかりとしたフィット感を出し、約5分乗せるだけでも十分に眼精疲労の改善効果が期待できます。

また、あずきがほのかな湿気に包まれた、優しい香りが楽しめるのも魅力の1つです。副交換神経に「温める」と「アロマの香り」のW効果でアプローチすることができます。

眼精疲労の改善として、仕事や入浴後に「あずきのチカラ目元用」を使用してみてはいかがでしょうか。

あずきのチカラ目元用をAmazonで見る

(参照:桐灰HP

(8)おすすめアイマスク③ PLEMO立体型アイマスク

軽量かつ肌触りが超ソフトな「PLEMO立体型アイマスク」。

デザイン・通気性に優れているだけでなく、形状記憶フォームで作られているため、あなたの顔にフィットした形で使用することができます。

目の周囲にしっかりフィット、やさしくマッサージするかのように落ち着いた使用感を楽しめます。さらに、目の上は空間となっているため、普段と変わらない眼球運動をすることができます。

1,500円程度で購入できるコスパの良さも魅力の1つです。

PLEMO立体型アイマスクをAmazonで見る

(9)おすすめアイマスク④ Baiyea USBホットアイマスク

商品名のとおりUSBにつないで使用するタイプのアイマスクが「Baiyea USBホットアイマスク」です。

付属の霧吹きで水を吹きかけてから温めることで使い捨てのアイマスク同様に、蒸気によってじんわりとした使用感が楽しめます。

また、温度調節機能ボタンが付いていて、35~50℃の間にカンタンに設定可能です。

半永久的に使用できるUSBタイプで、3,000~4,000円前後で購入できます。

同梱されてくるアイテムとして、「冷感ジェルと耳栓」が入っているのも嬉しいポイントです。

BaiyeaUSBホットアイマスクをAmazonで見る

(10)アイマスクと一緒に使うと効果的なアイテムは

安眠グッズとして併用するオススメのアイテムに「耳栓」があげられます。

就寝時は周囲の音に敏感になっているため、音を遮断することによって深い眠りにスムーズにつくことができます。

新幹線や移動中の時にアイマスクを使用して安眠を図る方にとっては特に、必要不可欠なパートナーとして耳栓も併用するとよいでしょう。

それでも安眠ができない場合、枕などの寝具を変えてみるなどのアプローチをしてみましょう。

(11)耳栓とアイマスクの併用の効果

アイマスクに安眠効果があることは前述しましたが、人によっては耳栓でも安眠効果を実感できます。

集合住宅に住んでいる方で、隣の部屋の生活音が気になったり、一軒家に住んでいる方も近くの道路から車の走行音が聞こえてきて眠れなくなってしまったり、周囲の音によって眠れなくなった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

たとえ防音効果が優れた部屋に住んでいたとしても、冷蔵庫やエアコンの音など、日中は気にならないような音が寝るときになって気になりだすこともあります。

普段入眠まで時間がかかったり、深く眠れないと感じたりすることが多い方は、ぜひ耳栓とアイマスクを併用してみてください。

どちらにも睡眠に適した環境を作り出す効果があり、着用しないときよりも眠りやすくなる可能性があります。どちらも安価に手に入るので、睡眠に悩みを抱えている方は一度試してみてください。

(12)効果的なアイマスクを使って目の疲れを癒そう

社会人に限らず、学生の方も過度な眼精疲労になっている方は少なくありません。

多くの方が悩んでいる目の疲れを改善するために、アイマスクは非常に効果的なアイテムだといえます。

遮光性・付け心地の良さ・眼と鼻周りのフィット感の3つが充実しているアイマスクは、眼精疲労だけではなく安眠へのサポートもしてくれます。

また、耳栓とアイマスクを併用することで安眠効果はより高まるため、自身の使用用途にあった最適な製品を選ぶようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!