介護に関わるすべての人を応援します

ADLとは|2種類のADLの違いや評価方法、低下の原因などを解説

ノウハウ
ADLとは自立生活の指標を意味するもので、身体機能や認知機能、精神面、社会環境などが相互に作用し合っているため、このうちひとつでも機能が低下するとADLも低下してしまいます。 そこで、ADLを保つためには身体機能や精神機能の回復や維持を促すのをはじめとして、生活している地域でもADLを維持する環境を整えることが大切です。ADLの種類、IADLとの違い、評価方法、低下を防ぐ方法等を解説します。
ADL
公開日
更新日

(1)ADLとは

ADLとは「Activity of Daily Living」、すなわち「日常生活における動作」を略したもので、しばしば「ある人がどの程度自立した生活を送ることができるか」、という点からの

つまりADLは、

  • 食事
  • 排泄
  • 入浴
  • 整容
  • 移動

といったような、日常生活を送る中でごく自然に行っている習慣的行動や日常的に発生する動作を指します。このため、高齢者・障害者の身体能力や、日常生活レベルの主要な指標として用いられています。

リハビリテーションの現場では、「ひとつひとつのADL動作がどれくらいできるのか」というのは、介護保険制度においてもどのような介護がどれくらい必要なのかを評価するための指標となるのです。

ADLは様々な要因に影響を受ける

「日常生活を自立して送るための能力」というと、一見「身体機能」が大きく関係しているように思われがちですが、実はADLというのは、何も身体能力の上下のみに影響を受けるわけではありません。

例えば、視力や聴力などの認知機能が低下してしまえば体はしっかり動かすことができても食事や入浴などを行うのは難しいですし、さらには気分の良し悪しなど、精神的な要因からも影響を受けます。

逆に、仮に身体機能や認知機能が低下し、精神的にも芳しくない状態でも、社会的な要因(例えば生活圏にバリアフリー環境が完備されていたり、交通アクセスが充実していたりなど)により日常生活を容易に送ることができるケースもあります。

このように、ADLは

  • 身体機能
  • 認知機能
  • 精神面
  • 社会的要因

などの様々要因と結びついて捉えられるべき概念なのです。

(2)自立生活とは

これまで介護の分野では、本人ができないことを手助けをすることが基本的な考え方でしたが一方で、できる能力があるにもかかわらず、その機会を奪っているといった状況が起こっていることも指摘されていました。

そこで現在の支援は、「人として自尊心を持ちながら、本人が保持している残存機能を維持するためのもの」という考え方が定着しています。

このため、近年では自立生活を送るための自立支援だけでなく、介護を予防するためのリハビリテーションを行う、「介護予防」の考えも浸透してきました。

介護予防とは

介護予防とは、日常生活の活動を高めることにより家庭や社会への参加を促し、生きがいや自己実現のための取組を支援しながら生活の質の向上を目指すものです。要は、要介護状態になるのを防ぐべく、充実した生活を送ることができるようにと行う予防行為のことが、全般的に介護予防と呼ばれるということです。

具体的には、

高齢者が要介護状態にならないよう様々なトレーニング・生活習慣の改善などを行う

「心身機能」・「活動」・「参加」といったそれぞれの要素に対してリハビリテーションを行う

といったことが挙げられます。

中には介護保険がカバーしているサービスもありますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

介護予防について、より詳しい記事はこちら

→『介護予防のすべて│サービスの種類、対象者、費用など丸わかり

(3)ADLの種類

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2100445

ADLには、基本的日常生活動作(basic ADL=BADL)手段的日常生活動作(instrumental ADL=IADL)の2種類があります。

BADLとは

BADLは一般的にそのものADLとも捉えられ、日常生活における基本的な動作である、

  • 起居動作
  • 移乗
  • 移動
  • 食事
  • 更衣
  • 排泄
  • 入浴
  • 整容

などを指します。

IADLとは

一方、IADLは、手段的日常生活動作としてBADLの次の段階を指し、

  • 掃除
  • 料理
  • 洗濯
  • 買い物
  • その他家事全般
  • 交通機関の利用
  • さまざまなコミュニケーション
  • スケジュール調整
  • 服薬管理
  • 金銭管理
  • 趣味

など、BADLよりも複雑な動作を要する日常生活動作が該当します。

IADLについてのより詳しい記事はこちら

『IADLとは|要介護認定とIADLの関係性を徹底解説』

(4)ADLとIADLの違い

ADLの分類を見てもわかるように、ADLが日常生活において必要最低限の能力であるのに対して、IADLは日常的な動作のうちでも、より高度な判断が求められる動作を指します。

IADLのひとつである電話応対を例にとると、その電話が誰にかかってきたのか、その人が不在だった場合にはどう対応したらよいかなど、単純なADLだけではなく、高度な応対や判断が必要です。

このようにIADLはADLと比較するとより高次で複雑な日常生活動作であり、高齢者などの能力の低下は、まず難しいIADLから起こり次第にADLが低下していくことになります。

(5)ADLの評価方法

日本においては、かつて医療機関ごとに独自のADLの評価方法が用いられていることが少なくありませんでした。しかし現在では点数やレベルなどで評価する、以下のような方法が用いられています。

Barthel Index(バーセルインデックス)

食事、移動、整容、トイレ、入浴、歩行、階段、着替え、排便、排尿の10項目で構成され、不能から自立まで2~4段階で評価します。評価が高いほど点数が高くなり、自立していることになります。

Katz Index(カッツインデックス)

入浴、更衣、トイレの使用、移動、排尿・排便、食事の6つの領域でAからGまでの7段階の自立指標と呼ばれるもので総合判定します。

DASC-21(ダスク21)

高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるようにさまざまな支援を行う「地域包括ケアシステム」における認知症の評価方法で、入浴、着替え、トイレ、身だしなみ、食事、移動など、21の質問から構成されていて、「できる」から「全介助」までの4段階で評価します。

Lawton(ロートン)の尺度

電話、買い物食事の準備、家事、洗濯、交通手段、服薬管理、財産管理の8項目で構成されていて、3~5段階で評価し、点数が高いほど自立度が高くなります。

老研式活動能力指標

バスや電車の利用、買い物、食事の用意、請求書の支払い、預金・貯金の出し入れ、書類記入、新聞を読む、本や雑誌を読む、健康についての関心、友人宅への訪問、相談に乗る、お見舞いに行く、若い人に話しかけるという13項目の質問に「はい」・「いいえ」で答え、点数が高いほど自立度が高いと評価されます。

(6)ADLの評価から分かることとは

現状だけでなく、健康状態の今後の変化まで予測することも

上記のような標準化されたADLの評価方法を用いることで、評価の対象となる人の現在の状況だけではなく、継続的な変化を把握したり、予後の予測を客観的かつ明確に把握することも可能となります。

また、評価方法の中には医学的な知識が必要ないものもあり、正しく内容を把握さえしておけば、専門家でなくても採点することができます。

さらに、転院する場合などでも、共通のADL尺度を持つことによって、病院間の申し送りがスムーズになるなどのメリットもあります。

(7)ADLが低下してしまうと

本記事冒頭にても述べた通り、ADLは

  • 身体機能
  • 認知機能
  • 精神面
  • 社会環境

と相互に作用し合っており、このうちひとつでも機能が低下するとADLも低下してしまいます。

たとえば、体力や筋力、筋肉量、骨密度、内臓機能といった身体機能が低下した場合、動作や歩行時にふらついて転倒しやすくなるほか、箸の使用やボタンかけなどが困難になったり食欲低下が起こったりします。

また、認知機能が低下した場合には、人や物の名前が思い出せなかったり、料理の手順を忘れてしまう、服を選べない、買い物先で金額の計算ができない、道に迷うといったことが多くなります。

そして、身体機能や認知機能が衰えると同時に活動性が低下し、精神的にも塞ぎこみがちとなり、コミュニケーションの機会も失われ、脳の機能も低下して、寝たきりにもなりやすくなってしまいます。

(8)ADL低下の原因

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3859

疾患や老化が主な原因として指摘される

ADLの低下は、老化をはじめとして、脳血管障害や糖尿病などの生活習慣病、心臓疾患や血管疾患、パーキンソン病といった神経疾患、関節疾患や認知症、精神疾患などのさまざまな疾患のほか、薬の副作用などによっても起こることがあります。

また、逆に歩行障害やもの忘れといった老化によるADLの低下により、廃用症候群や認知症などの疾患へとつながる可能性もあるため、ADLの低下は早期のうちから対策を講じる必要があります。

(9)ADLを保つためには

ADLを保つためには、身体機能や精神機能の回復や維持を促すのはもちろんのこと、現状の能力を最大限生かすことも大切です。このため、リハビリテーション専門職の支援などによって、能力を活かすことのできる手段の提供や、生活環境の調整が必要になってきます。

また、個人への取り組みだけではなく、生活している地域においても、生きがいや役割を見つけられる居場所や参加のイベント機会をつくるといった、個人をとりまいている環境を整えていくことも大切です。

外へ出て他人とのコミュニケーションの機会を持ったり、社会的な役割を担うことは生活の幅を広げることになり、ADLを保つためには大きな意味を持ちます。

(10)ADLを保つことは生活の質を高める

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/306562

誰しも、日常生活を自分自身で困難なく送ることができるのであれば、人から介護を受けたいとは思っていないものです。このことを考えたとき、ADLを保つことは生活の質を高めるために大きな意味を持っています。

また、生活に満足感を感じることはADLを保つことが大きく影響しています。

例えば、思いどおりに食事ができることは日々の楽しみにもなり、家族や友人と関わりを保つ手段として日常生活を充実させることにもつながります。

このように、ADLを保つ延長線上には、生活の質の維持や向上があるということを視野に入れておくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!