介護に関わるすべての人を応援します

ミキサー食の作り方やレシピ | その他の介護食も紹介

テクニック
高齢者は咀嚼や嚥下などの障害により、食が細くなりがちです。ミキサー食はそうした方に食事を楽しんでもらうような介護食の一つです。ミキサー食に適した食材、作る際のポイント、メリット・デメリットなどをご紹介します。また、刻み食やソフト食などの、介護食の他の形態についても併せてご紹介します。
公開日
更新日

(1)介護食の一つであるミキサー食とは

ミキサー食とは通常の食事もしくは柔らかい食事を主食、主菜、副菜ごとにミキサーやフードプロセッサーにかけてなめらかなペースト状にし、だしなどを加えて味を整えたものです。

介護食ではソフト食の次の段階として考えられているもので、加齢などにより噛む力、飲み込む力が低下した方々が食べやすいように調理したものになります。

(2)ミキサー食の作り方

ミキサー食の作り方を主食と主菜・副菜に分けて説明します。

主食

主食のお米は、水分の多いお粥にすれば歯の弱い方や飲み込む力が弱くなった方でも食べやすくなりますが、水を多く入れてゆるくしても食べにくい場合、お米の粒が少なくなるようにミキサーにかけます。

主菜や副菜

介護食ではない普通のおかずはそのままミキサーにかけてもあまり食べやすくならないことが多いため、適宜だし汁や水を足しながらミキサーにかけます。

食材の繊維質や粒ができるかぎりなくなるように様子を見ながらミキサーをかけていきます。

(3)ミキサー食を作る際のポイント

ミキサー食は、使う食材によって水分が多くなってしまう場合があります。水分量が多くなると、誤嚥の可能性にもつながりかねないので注意が必要です。だからといって 片栗粉などでとろみをつけすぎてしまうと、今度は詰まってしまったり喉にはりついてしまう恐れがあります。

ミキサー食で一番重要なのは、食べる人に合わせた粘度のつけ方を知ることです

一般的なミキサー食の目安としては、ポタージュ程度の粘度が良いとされています。

また、脂肪分の少ない料理の場合は生クリームや牛乳を加えて脂肪分をプラスすることでよりなめらかになる上、エネルギー摂取量も高めることが期待できます。

(4)ミキサー食のレシピ

ミキサー食のレシピはさまざまなものがあります。

ミキサーにかけて、粘度を調節すれば、普通のおかずをミキサー食にすることもできます。

ミキサー食のレシピは、クックパッドなどで見られます。参考にしてみてください。

(5)ミキサー食のメリット・デメリット

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/842560

ミキサー食のメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

ミキサー食のメリットとしては、しっかりと噛む必要がないため咀嚼機能や嚥下機能が低下してしまった人でも食事を楽しむことができる点です。

ミキサー食を始めることで、咀嚼や嚥下のストレスを低下させ食べることへの希望をなくしてしまった人にも食べる喜びを思い出してもらうことができます。

しょうゆやコンソメなど使う調味料によって味付けのバリエーションをつけることがミキサー食を飽きずに楽しむポイントです。

デメリット

反対にミキサー食のデメリットとして挙げられるのが、その見た目です。

どんなに彩りのある食事だったとしてもミキサーにかけてペースト状にしてしまうのでドロドロになってしまう上、どんなものでもほぼ同じ食感になってしまいます。

どうしてもミキサー食では見た目の鮮やかさや美しさを感じにくいので、そのままでは食欲が低下してしまう可能性もあります。盛り付けの工夫をしたり、ミキサーにかける前の食材を説明したりミキサーにかける前の状態を見てもらうなどの配慮が必要となってきます。

また、ミキサー食を食べる人に合わせた適切な水分量・粘度を把握していないと誤嚥などのリスクも高まるので注意が必要です。

(6)ミキサー食に適した食材

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/366906

赤ちゃんの離乳食でも使われるような、柔らかいほうれん草などの葉物野菜やじゃがイモなどでんぷん質が多い食材、大根や人参などがミキサー食には向いているとされています。

反対に、繊維質の多いセロリやごぼう、しめじやしいたけなどのきのこ類は、口の中に残ってしまうの場合もあるのでミキサー食には適さないとされています。

また、使う食材によっては水分量が多くなってしまい誤嚥などにつながりかねないので注意が必要です。

(7)その他の介護食の形態① 刻み食

刻み食とは食べ物を細かく刻んで食べやすい状態にしたものです。年齢と共に噛む力が低下してしまった方々に向けた食事法のひとつです。

ミキサー食との違いは、噛む力は低下しているけれど飲み込む力はあるという人に向けている点です。そのため、飲み込む力が弱ってきている人が刻み食を食べると、喉につまってしまう可能性があります。刻み食が適しているかどう食べる人の状況を把握してから決めるようにしましょう。

刻み食については以下の記事でくわしく解説しています。あわせてお読みください。

向いている人にきざみ食を|危険性、調理上の注意、レシピなど

(8)その他の介護食の形態② ソフト食

食材ごとにミキサーなどでペースト状にしたものや、柔らかく煮込んだもの、すりつぶして蒸したものなどをはんぺんやたまごなどのつなぎ、もしくははゲル化剤などを使用して固めて形どり再度元々の食事に近い状態に整え舌でつぶせる程度の硬さにしたものがソフト食です。

ミキサー食との大きな違いは、普通の食事と見た目が近いためどのようなものを食べているかを実感することができ、食べる人がストレスや抵抗なく食事を摂ることができる点です。

ソフト食については以下の記事でくわしく解説しています。あわせてお読みください。

自宅でも簡単に作れる!ソフト食とは│調理レシピやポイントを紹介

(9)その他の介護食の形態③ 嚥下食

嚥下食とは、飲み込む力や咀嚼機能の低下がみられる人の嚥下機能の段階に合わせてつまることなく飲み込めるようにとろみなどをつけた食事を指します。

介護食に必要な「とろみ」に関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

介護食に必要な「とろみ」

日本摂食嚥下リハビリテーション学会が詳しい嚥下食の分類を紹介しているので、チェックしてみてください。

参考:嚥下調整食学会分類2013 ・ https://www.jsdr.or.jp/wp-content/uploads/file/doc/classification2013-manual.pdf

(10)その他の介護食の形態④ 流動食

流動食とはお粥を作った時にできる上澄みの重湯や、牛乳、果汁、卵白、食材の入っていないスープ類など、噛むことなく食べられるものを指します。

介護食以外でも、手術を受けたあとや体調不良などで胃が弱くなっている時の回復食としても利用されています。

(11)食の重要性について

生きていく上で、食との関わりは大変深く切り離すことができません。

食の一番の機能は、生命機能を維持する=生きていくために必要な栄養やエネルギーを補給するというものですが、それ以外にも食事の盛り付けや食材の彩りなどを、目で見て楽しんたり、食事や食材の味を想像してわくわくしたり、香りを嗅いで心が満たされたり、旬の食材で季節を感じたり、食べて満足感を得られるなど、身体だけではなく、心までをも満たしてくれる存在です。

また、食事を作る側にもメリットがあります。新しい献立を考えたり、食材を探したり、食べてくれる人を想像しながら調理することで、イマジネーションが刺激され、考える力を引き出し、脳が若々しくいることに役立ったり、生活が充実したりします。

だからこそ、食というのはは作る側にとっても食べる側にとっても、生きる活力のひとつになり得るのです。

高齢化社会がますます進む日本では、食べられるものに制限がかかる人が今後より増えていくことが予想されます。ミキサー食や、他の形態でも、食を楽しめるように意識しましょう。

(12)ミキサー食で高齢者に多い栄養不足を防止しよう

どんなに健康な人であっても、年齢を重ねれば重ねるほど、若い時に比べて、筋肉量や骨密度が低下してしまうので、高齢者ほど意識的に栄養を補給することが重要となります。

そんな中、咀嚼や嚥下機能が低下してしまうと、噛むことや飲み込むという行為自体が面倒くさくなり、食事への興味がどんどん薄れ、食事量が減り、栄養が不足してしまう傾向にあります。

栄養が不足してしまうと、脳機能や感覚機能、免疫力の低下にもつながってしまい、認知機能の低下や皮膚炎や床づれ、肺炎など複数の疾患を併発してしまう可能性があります。

そのような状況を防ぐために取り入れたいのが、噛んだり、飲み込む機能が低下している人でも無理なく食事を摂取することができるミキサー食です。

また、同じようなきまったメニューばかりを摂っていては摂取できる栄養にも偏りができてしまいますが、ミキサー食の利点として、スープ類はもちろん、おかゆなどの主食からプリンなどのスイーツまで、使う食材や粘度などのポイントさえ踏まえれば、レシピ量が豊富にあることです。

ただし、面倒だからといってすべての食材をまとめてミキサーやフードプロセッサーにかけてしまうと、見た目の色合いも悪くなってしまう上に味も悪くなり、食欲低下につながりかねません。

ミキサー食で賢く栄養を摂取するために、一品ごとにミキサーにかける、盛り付けや飾りづけを華やかにするなど、ちょっとした工夫を取り入れていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!