介護に関わるすべての人を応援します

障害(障碍)とは | 年金・雇用・総合支援法・差別解消法を徹底解説

病気
障害と一口に言っても、身体障害、知的障害、精神障害と、種類によってそれを取り巻く環境や問題はさまざまです。障害の種類や差別解消への取り組みを知って、助け合いの輪を広げていきましょう。
公開日
更新日

※本記事では、便宜上「しょうがい」という言葉を「障害」と表記しております。本記事における表記と「障碍」などの他の表記を区別しているわけではございませんので、あらかじめご承知おきの上お読みくださいますと幸いです。


(1)障害とは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1504416

皆さんは、「障害」という言葉を聞き、どのようなイメージを持たれるでしょうか。中には、ネガティブなイメージを持たれる方もいるかもしれません。

元々は障害という言葉は仏教の中で使われていた「障礙(しょうげ)」という言葉が語源であり、これは煩悩が心を占有してしまい、仏教でいう「悟り」の状態になることの妨げとなるという意味がありました。

その仏教用語である「障礙(しょうげ)」という言葉が、明治時代ごろに「しょうがい」という読み方が用いられるようになり、意味としても仏教的な言葉の意味ではなく「何かを邪魔するもの」「何かの妨げとなること」などを指して使われるようになりました。

現在では

  • 「身体障害」
  • 「精神障害」
  • 「発達障害」

と言ったように、人が個人的に持つ疾患や疾病のような言葉として受け取られがちなのですが、そのような「病気」的な意味合いは非常に狭義です。

「障害」という言葉をもっと広義的に捉えれば、「そのものが持つ性質により、不利益が生じること」であると言えます。これは我が国が「障害」という言葉に対して示す方針に基づいています。

(2)法で定められている障害(障碍)の種類3つ

次に「障害」の種類について解説していきましょう。

昭和45年5月21日に制定された「障碍者基本法(しょうがいしゃきほんほう)」によると、「障害」は3つの種類に分けることができ、それぞれ「身体障害」「知的障害」「精神障害」と呼ぶことができます。

身体障害とは、先天的な理由、後天的な理由を問わずに、「身体の機能が部分的に障害によって機能していない、もしくは機能しづらくなっている状態」のことを指します。

知的障害とは、個人が日常での生活を送る中で頭を使って行動する場面での行動に支障がある状態のことを指します。ただし法令上で「知的障害」を定義するものは存在せず、学校機関や医療機関などの検査によって心理検査・知能検査を通して、診断がなされるという形になっています。

精神障害とは、脳の中にある一部に機能的障害が起こったり、器質的変化が起こることによって精神に異常が起こる障害のことを指します。この精神障害を患うことで、様々な身体上の症状を患ったり、精神上の症状を患うことがあり、行動の変化が顕著に見られます。

(3)身体障害の例

出典:https://www.photo-ac.com/

身体障害は、身体の一部が機能せず、日常生活に支障をきたしている状態のことを言います。

具体的には、「呼吸器機能障害」「視覚障害」「聴覚障害」「内部障害」など身体のどこかしらが機能していない場合、その身体の部位に障害という言葉をつけて障害名を付けることがほとんどです。

(4)知的障害の例

知的障害は大きく3つの段階に分けられて呼ばれています。

それが「軽度知的障害」「中等度知的障害」「重度知的障害」というものです。

「軽度知的障害」は、若干の精神発育の遅滞が見られますが、日常生活を送る上で自身のことをすることができる程度のものですので、日常生活に支障が出ることはあまりありません。

「中等度知的障害」は、IQ(知能指数)が、だいたい30〜50程度に止まり、精神年齢で言えば10歳未満であることが多いです。また、新しい生活や臨機応変な対応、適応などが難しいので、社会生活を送る上で周囲の援助が必要となります。

「重度知的障害」は、精神年齢でいえば3歳未満程度に止まります。そして知的障害だけではなく、視力・聴力が衰えていたり、運動機能障害などの合併症を患っているケースが多いです。

(5)精神障害の例

精神障害と呼ばれるものの中には、以下のようなものが含まれています。

精神疾患

  • 「気分障害」
  • 「妄想性障害」
  • 「精神病」
  • 「統合失調症」
  • 「神経症」など

脳内で分泌される、精神に影響を与える物質が原因の障害

  • 「依存症」
  • 「精神遅滞」
  • 「人格障害」
  • 「行動障害」
  • 「心理的発達の障害」
  • 「情緒の障害」
  • 「急性中毒」など

の脳内で分泌される精神に影響を与える物質が原因の障害

近年では「統合失調症」などが非常に有名な精神障害の一つであり、一般的には「平均的な精神の状態よりも極端に偏っている病的な精神状態」のことを総称して精神障害と呼びます。

(6)障害者をとりまく状況

出典:https://www.pakutaso.com/20190304070post-19812.html

そんな障がい者をとりまく状況が近年、変化してきています。

昔よりも障がい者に対しての社会的な認識が安定してきているということはありますが、年々、障がい者の数が増えているということはあまり知られていません。

また法制度の中では「障害者雇用率制度」というものが存在し、従業員が一定数いる事業所においては、従業員の数に見合った数の障がい者を雇用することが義務付けられています。

「障害者雇用率制度」で決められている民間企業の雇用率の法定数値は2.2%で、従業員が45名以上いる場合には必ず障がい者を1人雇用するという取り決めがあります。

このような制度や社会的に障がい者が認識されてきているということを背景に、障がい者の雇用率は平成29年度では前年から1.2%上昇するなどという結果が見られます。

(7)障害に関する国のサポート

障害に関して、国のサポートにはどのようなものがあるでしょうか。

具体的には

  • 「障害者年金」
  • 「障害者総合支援法」
  • 「障害者雇用促進法」

の三点が挙げられます。

障害者年金

病気や怪我などが原因で生活・仕事に支障が出ている状態の人に対して、どの年代の人でも年金を受け取ることができるというものです 。

障害者総合支援法

障害を有する人が基本的人権を保障されるといった法制度であり、この制度によって日常生活・社会生活を営むことができるということが保障されています。

障害者総合支援法について、より詳しい記事はこちら

→『障害者総合支援法とは | サービス内容・対象者・利用メリット

障害者雇用促進法

先ほど紹介した「障害者雇用率制度」と同様に、障がい者の雇用を民間企業・公機関問わずに一定数の従業員を持つ事業所に関しては定められた人数の障がい者を雇うことを義務付けた法制度となっています。

障害者雇用促進法について、より詳しい記事はこちら

→『企業の障害者雇用とは|関連する法律や助成金の種類、メリットなど

この3つの法制度が柱となり、障がい者の日常生活・社会生活における個人の人権や権利などを支えられるようになっています。

(8)障がい者のための施設

出典:https://www.photo-ac.com/

障がい者に向けた施設には以下のようなものがあります。

身体障碍者更生施設

まず一つ目は「身体障害者更生施設」です。これは身体障害を持つ方に対して、その障害に応じ、治療をしたりトレーニングをしたり、リハビリテーションを行ったりするなどのサービスを受けることができる施設です。

生活施設

また二つ目は、「生活施設」です。これは障がい者が介護等を受けながら日常生活を送るためのサービスを受けることができる施設になっています。

作業施設

三つ目は「作業施設」です。こちらは就業が難しい障がい者がこの施設で作業やトレーニングを通じながら、職業的技術を身につけ、自立に向けての指導を受けることができる施設になっています。

地域利用施設

四つ目は「地域利用施設」です。これは、障がい者が住みなれた地域で生活を続けられるように、地域密着型で多様な生活上のサービスを受けることができる施設となっています。

身体障害者の支援施設について、より詳しい記事はこちら

→『障害者支援施設の種類

(9)障害者差別解消法とは

平成28年には「障害者差別解消法」と呼ばれる法律が施行されています。

この「障害者差別解消法」とは、法律の有無に関わらず、個性を尊重しあって共生していく社会を作っていくための法律です。正式名称は「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」と言います。

この法律は、「障害者基本法」に則った上で「差別の禁止」に重点を置いて施行されたもので、社会上のあらゆる障がい者に対する差別をなくしていくための法律です。

障害者差別解消法について、より詳しい記事はこちら

→『障害者差別解消法とは|根本にあるモデルや背景、具体的事例を解説

(10)障害に関する理解を深めていこう

障がい者のためのサービスや法律などが徐々に充実してきている近年ですが、最も大切なのは障害の有無に関わらず、互いを尊重していこうという個人の思いです。

誰もが障害に関する理解を深める必要性と責任があることを忘れず、障害に対しての理解を深めていけるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!