介護に関わるすべての人を応援します

ケアワーカーとは | 仕事内容/必要資格/介護福祉士との違い

就職・転職
高齢者や障がいのある人の日常生活をサポートするケアワーカーの仕事内容や、おすすめの資格について解説します。高齢化が進む日本において需要の高まっている職業です。
公開日
更新日

(1)ケアワーカーとは


出典:https://www.pakutaso.com/

ケアワーカーは、お年寄りや病人、障がいのある方の日常生活をサポートする職業です。介護が必要な方の話し相手になったり相談に乗ったりといったこともします。

高齢化が進む社会において需要は高まる一方の重要な仕事です。業務内容は多岐にわたり、勤務形態や主な業務内容によってヘルパー、介護職員、介護士、看護助手などと呼ばれることもあります。

(2)ケアワーカーの仕事内容

ケアワーカーの勤務形態には大きく分けて、病院や介護施設などに勤務する形態と、被介護者の自宅を訪問する形態の二つがあります。

どちらも基本的には被介護者の着替え・食事・入浴・排泄などの身辺介護が主な仕事ですが、施設内でのイベントの企画、自宅から外出する際の補助など、勤務形態や場所によって様々な仕事をします。

介護をされる方やその家族によっても希望が様々なので、ひとりひとりに寄り添った対応が必要です。その分、信頼関係を築くことができ、直接お礼を言ってもらえたりするのはやりがいのひとつです。

(3)介護福祉士・ソーシャルワーカー・看護助手との違い


出典:https://www.photo-ac.com/

ケアワーカーと「介護福祉士」、「ソーシャルワーカー」、「看護助手」などの職種とはなにが違うのでしょうか。

介護福祉士

介護福祉士は国家資格です。仕事の内容はケアワーカーと同じですが、その中でも資格を有している人だけが介護福祉士と名乗ることができます。また、プロの介護士としての資格を持っているので、専門知識が多いのも特徴です。

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーは、福祉施設、病院、学校、企業内などで悩みを抱える人の相談に対するアドバイスや心のケアが主な仕事です。

「ソーシャルワーカー」の名前で活動しているケースは多くなく、職場によって「ケースワーカー」や「生活相談員」「児童相談員」などと呼ばれています。

看護助手

看護助手は病院などで看護師の補助的な役割を担う人のことです。看護師と違って資格は関係なく、主に患者の身の回りのお世話などを主な業務としています。

ケアワーカーと業務内容は同じで、病院に勤務している場合に看護助手と呼ばれることがあります。

そのほか、混同されやすい職業名ではヘルパーがありますが、こちらも主に日常生活のサポートを行います。明確な区別があるわけではなく、パート社員がケアワーカーと同じ仕事をしている場合にヘルパーさんと呼ばれることが多いです。

なお、ホールヘルパーという資格もありますが、こちらは認定資格(国家資格ではない)であって対象の講座を受講して研修を受けることで取得することができます。(ホームヘルパー2級・1級資格は、現在では介護職員初任者研修、実務者研修となっています。)

(4)ケアワーカーになるには

ケアワーカーなるために特別な資格は必要ありません。学歴も経験も関係ありませんので、誰でもケアワーカーになるチャンスがあると言っても過言ではありません。高齢化社会が進んでいることに伴い、福祉施設も増えているため、需要は高いです。

その一方、報酬が少なかったり、仕事内容がきつかったりという場合もあるため、そういう部分で自分に有利な仕事につくためには関連する資格を取得しておくことが重要です。

(5)保有していると有利になる資格① ヘルパー2級・1級

ホームヘルパーという名称は介護職としてよく知られていますが、この名称の資格を得るための研修は2013年に廃止されました。

従来のヘルパー2級に相当するものが介護職員初任者研修、ヘルパー1級に相当するものが介護福祉士実務者研修というものです。これからケアワーカーを目指す場合には新制度で資格を取得していくことになります。

これらの制度変更は、複雑化していた介護職の資格制度をよりシンプルに分かりやすくするためのものです。具体的には、国家資格である介護福祉士に至るまでの過程が、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)→実務者研修(旧ヘルパー1級)→介護福祉士とステップアップしていくという流れになりました。

旧制度の資格は廃止されたといっても新しく取得できないということであって資格自体の意味がなくなるわけではありません。

取得した資格は従来と同じ扱いになりますので、介護福祉士の受験資格にも使えます。

(6)保有していると有利になる資格② 介護職員基礎研修


出典:https://www.photo-ac.com/

介護職員基礎研修は介護福祉士に準ずる資格として導入された資格ですが、こちらも2013年の制度変更に伴い廃止され、現在は旧ヘルパー1級とともに実務者研修に置き換えられました。

そのためこれからケアワーカーを目指す場合には新たに取得することはできません。

旧制度における受講資格としては1年以上の実務経験が必要でしたが、受講内容には実習が必須項目ではなく、受講期間も所有資格によっては最短で1か月のケースもあったことから比較的取得しやすい資格として認識されていました。

無資格の場合は500時間の研修が必要ということ専門性から旧ヘルパー1級よりも上位の資格と位置付けられていました。

(7)ケアワーカーにおすすめの資格① 介護職員初任者研修

介護職の中でも取得のハードルが低いのが介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)です。ケアワーカーとして活躍するために最初に考えられる資格です。受講資格はありませんので誰でも受講することができます。

講義40時間+実技90時間の計130時間(最短で3週間程度)を修了することで取得できます。夜間・土日の講座、また通信講座も多くあるので、働きながらでも十分可能です。なお実技に関しては通学が必要となるため、通信講座のみで対応することはできません。

修了試験などはありませんが、最後に1時間程度の評価試験があるため合格基準に満たない場合には補講が必要になります。

しかし通常は不合格になることはないレベルなので、実質的には研修を受ければ必ず取得できる資格と言えます。

(8)ケアワーカーにおすすめの資格② 実務者研修

2013年に廃止されたヘルパー1級および、介護職員基礎研修に相当する資格を取得するための研修です。初任者研修と比べて内容はさらに幅広くかつ専門的になります。

その中には医療的ケアやたん吸引などの実務的なスキルも含まれますので、ケアワーカーとしてのスキル向上に役立ちます。

初任者研修と同様に誰でも受講することができますが、保有する資格によって受講期間が短縮されます。すなわち、通常の受講時間は450時間とされていますが、初任者研修を受講している、または旧ヘルパー2級資格を有していればこのうち130時間は免除されます。

旧ヘルパー1級資格を有している場合には355時間が免除されます。旧制度の介護職員基礎研修を修了している場合には400時間が免除されます。

なお、ケアワーカーとして介護職に従事しながら、国家資格である介護福祉士を受験するためにはこの実務者研修を修了していることがひとつの条件となります。

(9)介護福祉士資格を取るなら

介護職で唯一の国家資格が介護福祉士です。国家資格だけあって取得難易度は他の資格と比べて高く、ケアワーカーのひとつの到達点と言えます。介護福祉士になるためには、実務経験ルート、養成施設ルートの2つがあります。

働きながら取得する場合には実務経験ルートを選択することになります。

一般的には初任者研修→実務者研修→介護福祉士とステップアップしていく流れです。この場合、受験には実務者研修の修了と実務経験3年以上が必要ですが、ケアワーカーとして働いていればどちらの要件も自然と満たすことができるものです。

養成施設ルートは福祉系高校や専門学校などを卒業することで取得できる方法です。卒業までの過程で審査されることから、当該資格試験を受ける必要はありません。

(10)ケアワーカーとして働こう


出典:https://www.photo-ac.com/

ケアワーカーは資格が必須ではなく、常に必要とされて需要が高いため、就職することは比較的容易です。将来においても今後ケアワーカーが不要になることは考えられないため、安定した職業と言えます。

また、被介護者ひとりひとりと向き合える仕事なので大変やりがいのある仕事です。困っている人を直接助ける、誰かを直接笑顔にできる仕事というのは意外と少ないものです。

さらに、仕事を続けながら経験や知識を増やしていくことで資格の取得という目標も立てやすく、スキルアップ・キャリアアップをモチベーションにすることもできます。

このようにケアワーカーには魅力的部分がたくさんあります。少しでも興味があれば、目指してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!