介護に関わるすべての人を応援します

グループホームとは | 費用・生活保護指定・認知症や障がい者向けのサービス内容

施設サービス
グループホームとは、認知症患者の方や障害を持った方がサポートを受けながら共同生活を送り、入居者の自立した生活を促す施設です。この記事ではグループホームについて、サービス内容や人員基準などを説明します。
公開日
更新日

(1)グループホームとは

グループホームとは、病気や障害を抱えた方々が専門のスタッフのサポートを受けながら少人数で共同生活をする地域密着型の施設です。

一般的に、5~9人で共同生活をすることが多く、地域密着型の施設であることから、慣れ親しんだ地域での生活が可能です。

基本的に「グループホーム」というと、認知症を患う高齢者の介護施設を指す場合が多いですが、精神障害を抱える方向けのグループホームもあります。

グループホームの種類については以下でくわしく説明します。

(2)グループホームの費用

(グラフ:平成28年度全国グループホーム実態調査のデータをもとにいろはにかいご編集部で作成)

グループホームの費用は施設によって異なりますが、入居金として0~数百万円、月額費用は10~30万円程度が目安です。

介護サービス費は介護保険対象なので自己負担は1~3割となります。

平成28年度の全国グループホーム実態調査によると、月額自己負担額は4~5万円負担している方が多いようです。

(3)グループホームの種類

グループホームは大きく2つに分類することができます。前述のとおり、認知症を患った高齢者向けの施設と精神障害や知的障害、身体障害を抱える方向けの施設です。

認知症患者向けのグループホーム

認知症対応型共同生活介護ともいいます。

高齢化に伴い、認知症患者の割合は増加傾向にあり、認知症患者を受け入れるグループホームの施設数も年々増加傾向にあります。

認知症患者向けのグループホームでは、認知症の知識を持った専門の介護スタッフが入居者に寄り添いながら、家庭的な雰囲気の中でサービスを提供します。

また、他の入居者との関りや、無理のない範囲で家事を行うことで、認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

障害を持った方向けのグループホーム

障害を持った方向けのグループホームは「共同生活援助」ともいい、障害者総合支援法という法律に基づく障害福祉サービスの一つです。

主に夜間に生活支援員などの専門スタッフからサポートを受けながら、自立した生活を目指します。

利用者は日中は活動や就労を行っていることが多いため、帰宅後の主に夜間に支援を受けます。

障害により日常生活に困難を感じており、1人暮らしに不安を抱える方が入居するケースが多いです。

(4)【認知症の方向け】グループホームのサービス内容


出典:https://www.photo-ac.com/

以下では、主に認知症患者向けのグループホームについて説明します。提供されるサービス内容は、以下のとおりです。

  • 介護サービス
  • 食事サービス
  • 生活支援サービス
  • アクティビティ

介護サービスとしては、食事・入浴・排泄などの介助や通院の付き添い、機能訓練、緊急時対応などが挙げられます。

また、アクティビティとして、定期的にイベントが開催されたり、体操を推進したりと娯楽や健康を促すサービスも提供されます。

基本的に、医療サービスは提供されませんが、近隣の医療機関との提携により、緊急時の対応もあり安心です。

(5)【障がい者向け】グループホームのサービス内容

障がい者グループホームのサービス内容も、認知症の方向けのグループホームのサービス内容とほぼ同じです。

基本的に、入居者一人ひとりの自立した生活を目指しつつ、入居者同士が協力しあいながら暮らします。

そのうえで、できないことについて世話人や生活支援員がサポートしたり、助言したりします。

くわしいサービス内容は、地域のグループホームに直接問い合わせてみてください。

(6)生活保護で入れるグループホームはある?

生活保護を受けている方でも入れるグループホームはあります。

ただし、すべてのグループホームに入れるわけではないので、生活保護法の指定を受けているグループホームを探すようにしましょう。

また、生活保護法の指定を受けているグループホームでも、すべての部屋が生活保護対応とは限りません。見学の際は、生活保護に対応した部屋を見せてもらうようにしましょう。

もし、居住地域の近くに生活保護法の指定を受けているグループホームがない場合、引っ越しをし、住民票を移し、新たな居住地域で再度生活保護申請をしてから、グループホームに入居することになります。

生活保護法の指定を受けているグループホームへの入居のために住民票を移す必要がある場合、各申請に必要な期間をよく確認してから入居を決めるようにしましょう。

(7)グループホームの人員基準

事業者向けにグループホームの人員基準を紹介します。

グループホームの人員基準
常勤管理者 認知症介護の経験3年以上で、厚生労働省指定の研修受講者。計画作成担当者との兼務可。
計画作成担当者 厚生労働省指定の研修受講者。1名以上を介護支援専門員(ケアマネージャー)とする。
代表者 介護業務従事経験者又は介護事業経営経験者で、厚生労働省指定の研修受講者。他職種との兼務可。
介護職員 利用者:介護職員=3:1以上の比率で配置。夜間や深夜は1名以上の配置が必須。

※人員基準は改定される場合があります。必ず最新情報を自治体にお問い合わせください。

(参考:藤澤労務行政事務所

(8)グループホームと老人ホームの違い

認知症を患う高齢者が利用できる民間施設としては、グループホーム以外にも有料老人ホームがあります。

ここではグループホームと有料老人ホームの違いを説明します。

利用対象者の違い

グループホームの利用対象者はある程度自立した認知症患者です。しかし、介護度が上がり、寝たきり状態になったり、看取り介護が必要になったりすると、グループホームでは対応しきれなくなります。

一方、有料老人ホームのうちの、「介護付き有料老人ホーム」では要介護度が高い認知症患者の利用も可能です。

医療・看護サービスの有無

グループホームは自立度の高い方が利用対象者となるため、自立支援のサポートは充実していますが、医療・看護面でのサポートは手厚いとはいえません。

有料老人ホームの場合は、認知症のケア以外の医療・看護体制が整っているため、寝たきりなど重度の介護が必要な方にも安心です。

グループホームと有料老人ホームの違いを理解し、自分に合った施設を利用しましょう。

(9)グループホームでの一日の流れ

グループホームでの1日の流れは大まかに以下のとおりです。

  1. 起床
  2. バイタルチェック
  3. 朝食
  4. 服薬
  5. 口腔ケア
  6. 掃除
  7. 体操
  8. レクリエーション
  9. 昼食
  10. 買い物
  11. 散歩
  12. おやつ
  13. 洗濯物片付け
  14. 夕食
  15. 入浴
  16. 就寝

※施設によって1日の流れは異なります。詳細は直接施設に確認してください。

(10)グループホームの食事

グループホームでは栄養士や調理師が栄養に配慮し、利用者の状況に合わせたバランスの良い食事提供を行っているところや、利用者の自立を促すため、利用者自身が調理するところがあります。

食事提供の方法についても、施設によって異なるので、詳細は施設に直接確認してください。

(11)グループホームに入居する際の注意点

グループホームへの入居を検討している方は、入居に際し、いくつかの注意点をおさえておく必要があります。

ここでは、グループホームに入居する際の注意点をまとめます。

入居条件

グループホームの入居には入居条件を満たす必要があります。入居条件は基本的に以下の4つの項目になります。

  • 65歳以上
  • 要支援2、要介護1以上
  • 認知症を患っている
  • 施設のある地域に住民票がある
  • 自分の身の回りのことが一通りできる

要介護度が上がった場合の対応

グループホームは自立度の高い高齢者を対象にしたサービスを提供しているため、介護度が上がった場合退去しなくてはいけなくなることがあります。

グループホームへの入居を考えている方は、もし、状態が悪化し、要介護度が上がったときにどのような対応をするのかについても考えておく必要があります。

他の介護施設については、老人施設の記事を参考に比較検討してみてください。

(12)グループホームで認知症の進行を遅らせよう

グループホームでは必要な支援を受けながら自立した生活を継続することができます。

また、日常的に職員や他の入居者とのコミュニケーションをとることで、孤立を防ぎ、認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

認知症は現在の医療では治すことはできないとされていますが、症状の進行を遅らせることはできます。

グループホームで自立した生活を送りながら、レクリエーションや体操で心身の健康を保ち、認知症の進行を遅らせましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!